子供がいうことを聞かない!イライラすることに疲れ果ててしまっているあなたへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

子供が言うことを聞かない、ご飯を食べない、

夜なかなか寝付いてくれない・・・育児中のママさんパパさんに

悩みがなくなることはありません。


そういったなかで疲労も限界になり、

ついつい子供にイライラすることもあると思います。


後になってなんであんなことでイライラしてしまったのだろうと後悔する・・・

その繰り返しに疲れ果てていませんか?


親も人間ですからイライラすることは仕方ありません。

でもできるだけイライラして子供に悲しい想いはさせたくないですよね。


私もわがまま全盛期の3歳児を育児中ですが、

毎日子供と戦争です。そんな私ができるだけイライラしないように、

そしてイライラしてしまったときに工夫したことを紹介します。

スポンサーリンク

子供が言うことを聞かないのは当たり前、と思えば少しはイライラすることが減る

まずはこれです。相手は小さな子供ですから

聞き分け良くいつでもお利口さんというわけにはいきません。


分かってはいても頼むよ・・・という場面はもちろんありますが、

そういうときこそ言うことを聞かないのは当たり前だ、

という前提をもっておくとイライラが減ります。


変な言い方ですが期待をしないのが一番です。


保育園に送らなきゃいけないけど、着替えは嫌がるだろうな、

直前になってぐずるだろうな、などあなたにとって

悪い想定をして心の準備をしておくことです。


いざそうなったときに「ほらきた」「やっぱりね」となれば、

イライラも少しはやりすごすことができます。


私の場合は「あたり―!」や「そう来たか!」と

心の中で楽しむようにしています。


いざいうことを聞かないとなったときに

笑顔で対応できますし、子供も機嫌を損なわずに済みます。


子供はまだこの地球に産まれてたった数日、数年です。

何の人生経験もありませんから我慢や自分の気持ちに

折り合いをつけることを知りません。


日々大変な育児のなかで私たち親は

意外とそういったことを忘れがちです。


言うことを聞かなくて当たり前、うまくいかなくて当たり前、

子供もあなたも何も悪くありません。

とても自然なことですし成長のための通過点です。


まずはこのマインドがあなたのことも子供のことも笑顔にさせてくれます。

子供ではなくまずは自分自身に余裕をもつ

とはいえ、私もつい子供にイライラしてしまっています。


自分がイライラするときは振り返ってみると

眠かったり仕事で疲れていたり、時間に追われていたりなど

自分自身に余裕がないときです。


寝不足ならパートナーに子供を預けて

30分だけでもいいから仮眠をとりましょう。

仕事に疲れているのなら同僚や上司に相談してみましょう。


時間に追われているのなら時間に余裕をもつために

どうすればいいか対策をとりましょう。


夫婦以外の力が必要ならしっかり助けを求めてください。

確かに子供は夫婦二人の間に生まれた子供です。

だからといって全責任を夫婦二人で背負う必要はありません。


両家のご実家や近所の方、職場の方々などに協力を仰ぎながら

あなた自身があなたらしくいられるよう余裕をもってください。


ママやパパに余裕がなかったり切羽詰まっていると

子供もそれを感じ取ります。不安に思ったり怖いなと感じて反発します。


親の感情は子供に伝染すると言いますがこれは本当です。


つい子供にイライラしてしまうことを

思い切って夫婦間で話し合ってもいいでしょう。

どちらかに余裕がなければどちらかが受け止め役をする。


そういった夫婦の連携をとることで、

イライラして疲れ果てたあなたの気持ちを癒すことができるはずです。

子供にイライラすることより、その後のフォローを考える

いくら対策を考えたってイライラしてしまうときは絶対にあります。


ママやパパなら1度は大きな声で怒鳴ってしまったり

きつく当たってしまうこともあるでしょう。

私も何回かそれで子供を泣かせてしまったことがあります。


そんなときは「ごめんね」としっかり謝りましょう。


3歳くらいになればママとパパの喜怒哀楽や

言葉をちゃんと理解しています。


なぜあなたが怒ってしまったのか、何が悪かったのかを

できるだけ簡単な言葉で簡潔に話してあげましょう。


「だからごめんね。これからは頑張るね。」

と言って仲直りをしてください。


もう知らない、と放っておいてしまうと

子供はあなたを気を引こうとして余計にわがままをします。

最悪の場合モノを投げて危険な目にあうことも考えられます。


子供はどんなに怒られて怒鳴られてもママとパパのことが大好きです。


イライラして子供を放っておいたり、

自己嫌悪に陥っているよりも、

一番やらなければいけないことをしてあげてください。


ごめんね、と言って抱きしめてあげれば

子供もちゃんとあなたのことを分かってくれます。

ママはもう怒ってないな、パパは分かってくれたんだな、

と安心してくれるはずです。

子供と一緒にあなたも成長する

うちの子供は3歳ですが、自分自身もパパとして3歳ですし、

妻はママとして3歳です。


子供もあなたも初めての経験ですから

うまくいかないことがあるのは当たり前。

大切なのはうまくいかなかったときに、どうするかが重要なこと。


今、子供についイライラして自己嫌悪に陥っているのなら大丈夫です。


それはうまくいっていないことに気付けている証拠ですから、

きっとそこから解決方法や工夫すべきことが見えてくるはず。


子供がいうことを聞かないと

イライラすることに疲れ果ててしまっているあなたに、

少しでも参考になっていればと思います。


⇒共働き夫婦必見!子育てに、仕事に追われる夫婦が、いまを乗り越えるためにの記事はこちら!いますぐチェック!

タイトルとURLをコピーしました