ワイシャツの襟汚れをキレイに落とす方法!悩んでいる方、必見!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

このあいだまで真っ白だったのに、

気づいたときには「黄ばみ」や「黒すみ」が

ついていることも多いワイシャツの襟周り。


毎日の通常の洗濯ではなかなか襟汚れが取れなくて、

困っている方も多いのではないでしょうか?


そんなあなたへ、今回はワイシャツの襟汚れの落としかたをご紹介します。

スポンサーリンク

ワイシャツの襟汚れを落とす方法。汚れの程度別に!

ワイシャツの襟汚れを落とす方法を

汚れのレベル別に見ていきましょう!!


【軽い黄ばみの場合】

襟汚れが軽い黄ばみの場合は、

食器用洗剤で簡単に落とすことが出来ます。


なぜなら、黄ばみの原因は、汗などに交じった皮脂だからです。

皮脂といえば、油ですよね。


そして、食器用洗剤は食器についた油を落とすことに

優れているので、皮脂の汚れを落とすこともできます。


<方法>

  1. 襟周りのぬるま湯に浸す…水よりもぬるま湯のほうが汚れが落ちやすくなります。
  2. 食器用洗剤をつけてやさしくもみ洗いをする…ここでついごしごし洗いたくなりますがぐっと我慢しましょう。ごしごし洗ってしまうと汚れがさらに繊維の奥に入ってしまうので、汚れが取れにくくなります。
  3. 食器用洗剤を流してから、通常通り洗濯機へ入れる


この3つの手順で行えば、軽い黄ばみなら

すぐに簡単に落とすことができます。


【なかなか取れない黄ばみ、黒ずみの場合】

食器用洗剤だけで落ちなかった場合は、

漂白剤をつかってみましょう。

漂白剤には、「塩素系漂白剤」と「酸素系漂白剤」

の2種類があります。


「塩素系漂白剤」のほうが、漂白する力が強く、

頑固な汚れを落とすのに適していますが、

シャツによっては、使用不可となっていたり、

色物や柄物は変色してしまう恐れがあるため、注意が必要です。


「酸素系漂白剤」は前述の塩素系漂白剤よりも、

漂白する力は劣りますが、色物や柄物でも使用できるという利点があります。


どちらの漂白剤を使うかは、洋服のタグについている

洗濯表示を確認して決めましょう。


<方法>

  1. 汚れている部分に直接漂白剤をつけ、20分から30分置いておく。
  2. 通常通り洗濯機へ入れる。


とっても簡単ですよね。漂白剤のにおいが苦手な方も

いらっしゃるかと思うので換気しながら行うことをおすすめします。


【どうしても取れない、頑固な黄ばみ、黒ずみの場合】

食器用洗剤、漂白剤をつかっても落ちない

頑固な汚れの場合には、重曹とクエン酸を使って落としましょう。


重曹はアルカリ性で、クエン酸は酸性のため混ぜると中和します。

そしてこの中和するときに発生する泡が、汚れを落としてくれます。

もちろん人体には無害なのでご安心ください。


<方法>

  1. 重曹を水で薄める(水250ml:重曹小さじ1)。
  2. 薄めた重曹を襟周りの汚れが気になる部分に塗る。
  3. そのうえに薄めたクエン酸をかける(水100ml:クエン酸小さじ1/2)。
  4. 少し置いたら軽くもみ洗いをして、洗濯機に入れる。


最初は少し面倒に感じるかもしれませんが、

慣れてくると簡単です。


また、クリーニング屋さんに持ち込むよりも

費用も抑えられておすすめです。

ワイシャツの襟汚れ、そもそも黄ばみや黒ずみの原因とは?

黄ばみや黒すみの原因は皮脂や汗です。

「夏場に汚れが目立つなあ」と感じることが多いのはこのためです。


けれども、背中やおなかの部分は黄ばみや黒ずみは

気にならないですよね。それは、シャツの襟もとは

他の部分と比べて擦れることが多いため、

汚れが繊維の奥まで入ってしまうからです。

ワイシャツの襟汚れ、黄ばみや黒ずみを防ぐには?

黄ばみや黒ずみを防ぐことが出来たら

日々の洗濯も楽ちんですよね。

実は、そんな方法はあるんです。


・ベビーパウダーを塗る

赤ちゃんのあせも予防に使われることの多い

ベビーパウダーですが、実は襟もとの汚れを

防止することもできます。


なぜなら、ベビーパウダーは汗や皮脂を吸収するからです。

それに、お肌にも優しいというのも嬉しいですね。


・薄めた洗濯のりをスプレーで吹きかける

水500mlに洗濯のり大さじ2を溶かします。

そして、それをスプレー容器に入れて、

脱水後の干した状態のシャツの襟の部分にスプレーします。


こうすることで、次回洗濯をするときには、

洗濯のりと一緒に汚れも落ちてくれます。


・洗濯は脱いだらすぐに行う

皮脂の汚れは時間がたってしまうと

どんどん落ちにくくなります。


そのため、シャツを着用して数日後に洗濯するのではなく、

その日のうちに洗濯するのが理想です。

ワイシャツの襟汚れを落とす方法 まとめ

シャツの襟周りの黄ばみや黒ずみは皮脂や汗が原因。

黄ばみや黒ずみは、軽度なら食器用洗剤や漂白剤で落ちる。

頑固な黄ばみや黒ずみには、重曹とクエン酸を使うとよい。

黄ばみや黒ずみを防ぐには、ベビーパウダーを塗ったり、洗濯のりを使用すること、脱いだらすぐに洗うようにするとよい。


いかがでしたか?

これで気になるシャツの襟もとの

黄ばみや黒ずみも落とすことができて安心です。


ぜひ試してみてくださいね。


⇒食べ物のシミがついても全然大丈夫!簡単にシミ抜きする方法を紹介の記事はこちら。いますぐチェック!

タイトルとURLをコピーしました