快眠グッズおすすめ9選 2020年版!版気持ちよくぐっすり寝たいあなたへ!

「睡眠時間は長いのに朝の寝起きが悪い」

「十分寝ているはずなのに、日中眠い」

こんな悩みを抱えている人はいませんか。


寝不足にならないように早く寝ても

浅い眠りのまま朝を迎えてしまうとなっては

早く寝た意味がありませんよね。


快眠で体力を回復させたい人におすすめの方法が

快眠グッズを使うことです。


快眠グッズを使い始めただけで、眠りの質がよくなり、

快眠できるようになったという人も多いです。


そこで、今回はそもそも快眠とはどういう状態なのか、

快眠を妨げる要因、おすすめの快眠グッズについてご紹介していきます。

快眠グッズおすすめ9選

ここでは快眠するのに便利な快眠グッズについてご紹介していきます。

快眠グッズを使用して、毎日快眠ができるように工夫してみましょう。


快眠枕

快眠枕は寝る際に快適な姿勢を保ち、

質の高い眠りができるように工夫されている枕です。


自分に合わない枕を使用していると、首や肩に負担がかかり、

肩こりや頭痛の原因になります。


さらに寝つきが悪くなるため、快眠を妨げます。


自分にあった快眠枕を選ぶ際に気をつけたいポイントとしては、

下記のような点があります。

・枕の高さ

・枕の硬さ

・枕の素材


快眠するためには、できるだけリラックスした

姿勢で寝ることが大切です。


自分に合った快眠枕を選ぶことで、首や肩への負担を少なくし、

快眠できるようにしましょう。


アイマスク

アイマスクをつけることで、光を遮断するため、

外的要因をできるだけ減らすことができます。


最近では目を温めて、目の疲れを癒すものや

スチームで加湿や保湿ができるものまであります。


目の周りのフィット感や遮光力が高いもの、

耳が締め付けられないものなど

様々なタイプのアイマスクが販売されています。


アイマスクは旅先に持ち運び使用するイメージが強いですが、

快眠グッズとしても役立ちます。


目元のフィット感や鼻周りのフィット感など

ストレスなくつけられるものを選びましょう。


湯たんぽ

冬の寒い時期は、ベッドの中まで冷たくなかなか眠れないものです。


就寝前に事前に湯たんぽを入れておくことで、

足元を事前に温めておきましょう。


温めておくことで、すんなりと眠りにつくことができます。


湯たんぽにはポリ素材、金属素材、

ゴム素材、陶器素材などがあります。


湯たんぽにお湯を入れてそままベッドの中に入れると

暑すぎて低温火傷をすることもあるので、

肌触りの良いカバーをつけておくと気持ちよく、

リラックスして眠ることができます。


加湿器

睡眠に最適な湿度は50%前後と言われています。


加湿器をつけることで、肌や喉の乾燥を防ぐだけではありません。


最適な湿度に保つことで、睡眠中の呼吸に負担がかからず、

快眠につながります。


加湿器にはスチーム式や気化式、超音波式などがあるため、

それぞれの特徴を知って使用環境に応じた加湿器を選ぶようにしましょう。


マットレス

マットレスの質が高いと、腰や背中などの

特定の部分に負担がかからず、

寝ているときにストレスがかかりません。


逆に硬いマットレスは腰や背中に体重が集中し、

寝返りがしづらく、負担がかかりやすいため、

深く眠ることができません。


マットレスの質と同時に使いやすさも大切です。

マットレスは自宅でなかなか洗うことができませんが、

簡単に洗濯ができ、年中清潔に使うことができます。


こちらも自分に合った柔らかさや使いやすさの

マットレスを選ぶようにしましょう。


抱き枕

快眠を得るためには、枕だけでなく、抱き枕もおすすめです。


抱き枕は抱き心地が良いだけでなく、

腰痛やいびきの解消にも効果があります。


また、お腹が大きくなってきた、妊婦さんにもおすすめです。


抱き枕は可愛らしい動物のものから、

バナナの形をしたものなど様々な形があり、

中身も素材によって抱き心地が違います。


耳栓

就寝の際に、住宅周辺の騒音が気になったり、

少しの物音で目を覚ましてしまう人には耳栓がおすすめです。


耳栓をつけ始めた際は、着用感があり気になってしまうかもしれませんが、

周囲の音が聞こえなくなるので、静かな状態で眠りにつくことができます。


さらに、カフェや移動中などで静かに読書をしたいときなどでも

耳栓は使い勝手が良いのでおすすめです。


あまり遮音性が高い耳栓を使用すると、

朝の目覚ましのアラームが聞こえないこともあるので注意が必要です。


アロマ

アロマはストレスの軽減やリラックス効果が期待できます。


ストレスを抱えたままベッドで横になっても

なかなか寝付けないことがあります。


アロマを使用することで、睡眠を快適にすることが可能です。


アロマは体の健康やリラクゼーション、

ストレス解消など様々な効果が期待できます。


自分がリラックスできる香りで満たし、快適な睡眠環境にしましょう。


間接照明

快眠には部屋の照明が関係していると言われています。


スマホやパソコンを就寝前に見ると、

眠りの質が悪くなるのは光が睡眠に関係しているためです。


そのため、寝室の照明にも気をつける必要があります。

真っ白な照明だと明るすぎて寝つきが悪くなることもあります。


寝室におすすめの照明は暖色系の照明です。


さらに、直接照明が当たらないように間接照明にすることで、

リラックスした環境になり、気持ちよく寝付けることができます。

快眠グッズおすすめ―快眠とは?

快眠や安眠と言われていますが、そもそもどういう意味があるのでしょうか。


快眠や安眠には様々な意味があるようですが、

ざっくり言うと「気持ちよく眠ることができ、疲れが取れる睡眠」

のことを指しています。


快眠や安眠ができれば、次の日の朝には

気持ちよく目覚めることができ、疲労も回復することができます。


そうすることで、毎日決まった時間に寝て、起きる習慣ができ、

肉体的にも精神的にもリフレッシュでき、健康的な生活をすることができます。

快眠グッズおすすめ―快眠を妨げる要因は?

眠りを妨げる要因は外的要因と内的要因に分けることができます。


眠りを妨げる外的要因とは、寝ようとする際に

眠りを妨げる騒音や光など自分以外の場所から

刺激を加えられることです。


外的要因には騒音や光だけでなく、暑苦しいや寝苦しい

といった温度や湿度も関係しています。


快眠をするためには、眠りを妨げる外的要因を

できるだけ排除することがポイントです。


もう一つの眠りを妨げる要因は、内的要因です。


内的要因とは、自分自身から起こる原因で、

ストレスや悩みなどの精神的負担のことです。


また不規則な生活をしていると自律神経が乱れ、

快眠しずらい状態になることも内的要因の一つです。

快眠グッズおすすめ―快眠する方法

快眠をするためには、先ほどご紹介した

快眠を妨げる外的要因と内的要因を

できるだけ排除する必要があります。


具体的な方法としては、下記のような方法が挙げられます。

・睡眠前に湯船につかり体を温める

・ストレッチをして血行をよくする

・快眠グッズを使用する


また、睡眠前にスマホをいじっていると

交感神経の働きが強まり、寝つきが悪くなります。

睡眠前はできるだけ、スマホの画面は見ないようにしましょう。

快眠グッズおすすめ まとめ

今回は快眠グッズについてご紹介しました。

睡眠の質は、次の仕事のパフォーマンスや健康状態に影響します。


十分な睡眠時間を確保することは大事ですが、

それと同時に睡眠の質も高めることが大切です。


睡眠グッズを使い上手に睡眠の質を高め、

快眠できる環境を整えていきましょう。


→おしゃれに自信がない40代男性におすすめなファッションブランド一覧の記事はこちら。いますぐチェック!

タイトルとURLをコピーしました