赤城南面千本桜まつり《2020》!見頃、駐車場、混雑状況は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

群馬県前橋市赤城山にて毎年開催される、千本桜まつり。


群馬県No.1の桜の名所であり、

「日本さくら名所百選」にも選ばれたとあって、

毎年多くの観光客で賑わいを見せています。


千本桜とはまさにその名の通り!!

桜並木には実に1400本を超える桜が咲き誇り、圧巻の迫力です!


満開時には全長3.5kmにもなる見事な

桜のトンネルを体感する事ができます。 


実際に遊歩道上で体感できる、市道の両脇に

植えられたソメイヨシノのトンネルは全長1.3kmほど。

歩くだけで自然の迫力に圧倒されます!必見ですよ!


今回は、桜まつりの見どころ、開花時期、

アクセスや駐車場、渋滞状況などを含めて

たっぷりご紹介いたします!

スポンサーリンク

桜の見頃、開花状況は?

敷地内に植えられている桜の品種は、37品種もあるそうです。

桜ってそんなに種類あるんですね。


それぞれの品種で開花する時期が違いますので、

代表的な品種の、例年の開花時期・見頃を見てみましょう!


シダレザクラ  開花:3月下旬 見頃:4月上旬まで

ウスズミザクラ 開花:3月下旬 見頃:4月上旬まで

カンヒザクラ  開花:3月下旬 見頃:4月上旬まで

ソメイヨシノ  開花:4月上旬 見頃:4月中旬まで

八重桜     開花:4月上旬 見頃:4月中旬まで

芝桜      開花:4月上旬 見頃:4月中旬~下旬まで 


中でも見頃を迎えると一層の賑わいを見せる桜が、ソメイヨシノです。


また、広々とした敷地に15万株も

植えられている芝桜も、同時期に見頃を迎えます!


様々な色調のピンク色が織りなす風景は、

見る人を飽きさせませんね。


また、隣接する「みやぎ千本桜の森」菜の花と桜の競演も楽しめます。

視界いっぱいに広がる美しい光景に

目を奪われる事まちがいありません!


しかし、桜の開花時期を参考にしても、近年の異常気象もあり

なかなか満開に巡り会えないのが現状です・・・。


実際に2018年の桜まつりでは、予想外の早咲きで、

しかも春の嵐によりすぐに散ってしまったので

まつり前に満開を迎え、開催期間が短くなってしまうという事態でした・・・。


まつりを待たず、どうしても満開を見逃したくない!

そんな時には、公式サイトでUPされている

開花状況のライブ映像と、公式Twitterがとても便利です! 

ぜひ参考にしてみてくださいね↓↓

赤城千本桜開花状況ライブ映像

赤城南面千本桜まつり【公式】Twitter

さくら祭り開催場所・日程は?

2020年の桜まつり開催時期は

2020年4月4日(土)~4月19日(日)  09:00〜18:00です。

(21:00まで夜間ライトアップもしています)駐車場入庫は21:00までです。

※例年、桜の開花状況によって開催期間が変動する可能性もあります。

※桜まつり期間中は桜のトンネルの中に屋台が立ち並び、

地元のグルメや特産品などのふれあい物産市や、

ステージパフォーマンス、大道芸など様々なイベントが行われます。


1.お天気のいい日にはピクニックも!

芝桜の方には広場があり、

レジャーシートなどを広げてピクニックなど、

家族連れで来てものんびりくつろぐことができる

スペースがあります。


※桜や菜の花を見ながら食事することもできるので人気の場所です。

土日祝日になると混雑します。

屋台や桜の近くは早めの場所取りが必要ですね。

特に10時〜15時は例年混雑しています。


2.夜桜も楽しめちゃうんです!

また、夜間になると桜がライトアップされ、

夜桜見物ができるんですよ!


千本桜まつり開催期間中は、

夕方から夜21時半までライトアップされ、夜桜見物が楽しめます。

出店などの営業は例年18:00までです。

※ライトアップ時間は、桜の咲き具合と天候により前後することがあります


3.桜まつりの期間には行けないけど桜を観に行きたい!

桜まつり開催期間以外にも、

イベントはありませんが桜を観に来る事は可能です。


桜の開花は予測しにくく、桜がきれいに咲いているのは一瞬です。

そのため、桜が開花しているのに、まつりは来週からとか・・・

逆に桜がまだ開花しているのにまつりの時期が

終わってしまう、という事もあります。


まつり前に満開を迎えてしまった年には、

まつりをしていないのに大渋滞していたそうです。


まつり期間は仮設トイレの利用はできませんが、

桜はやっぱり満開の時に見たいですよね。

車でのアクセスは?渋滞は大丈夫?

群馬県では車での移動が主流なので、公共交通機関を使うよりも

車があれば車の方がおすすめです!


◆千本桜住所:前橋市苗々島町2511-2

北関東自動車道にて伊勢崎ICで降り、約30分です。
または、関越自動車道にて赤城ICから約40分の距離にあります。


ただ、満開シーズンには国道353号線が大渋滞します・・・。

1〜2時間かかってもおかしくありません。


カーナビなどでは国道353号線を案内される事が多いようですが、

それよりも県道102号経由で南側の道から行った方が

スムーズに駐車場まで行くことができます。


また、10時以降は大変混雑しますので、

できれば9時頃までに駐車できるといいと思います。


どちらにしても、桜の開花というのは予測しにくいもので、

咲いている期間の週末の渋滞は避けられません。

時間には余裕を持ってお出かけする事をおすすめします。


前橋まるごとガイド公式サイトに詳しいアクセス方法が

載っていますので参考にしてください。

気になる駐車場は?

◆総駐車可能台数:990台(バスは第四駐車場:20台)

 入庫可能時刻08:00〜21:30 閉鎖22:00


さすが自動車大国グンマーですね。

駐車スペースは十分に確保されています。

が・・・それでも満開シーズンには

空き待ちが発生するほどの賑わいなんです。


◆駐車料金:普通車(三輪を含む):500円

      バイク:200円


渋滞を抜けてやっと駐車場・・・。

おまつり期間には誘導員がいますので、

止める場所に迷う事はないです。


渋滞途中の道沿いにも幾つか

小さな駐車場があるのですが、結構埋まっています。


そして遠いです。歩いてもいいよという人は、

空いていればラッキーですね。


にしても混みます。車からも道路沿いの桜が見えますが、

車内での時間はやっぱり短くしたいところ・・・。


駐車場は8時から開いていますので、早めに来るといいですよ。

車以外のアクセス方法は?

公共交通機関を利用して来場する事も可能です。

①上越・北陸新幹線→高崎駅乗換→両毛線→前橋駅下車
②上毛電鉄中央前橋駅まで徒歩15分


③上毛電鉄中央前橋駅→大胡駅下車、大胡駅前からふるさとバスで約20分

           電力中央研究所前下車、徒歩5分


千本桜まつり期間中は、下記駅より

【周遊バス 赤城南麓 花めぐり号】が運行しています。

◆JR前橋駅(毎日運行)  ◆東武鉄道赤城駅(土日のみ運行)


 運賃(一日乗降フリー乗車券、当日のみ有効) 大人1500円 小人750円

周遊バスの時刻表は、前橋まるごとガイド公式サイトでご確認くださいね。


そして、花めぐり号を利用すると特典があります!

乗車券を提示すると、「カネコ種苗ぐんまフラワーパーク」

の入園料(720円)が無料になるんです!

赤城南面千本桜と合わせて、お楽しみいただけると思います!

カネコ種苗ぐんまフラワーパーク公式

まとめ

ここまで赤城南面千本桜まつりについてご紹介いたしました!

いかがでしたか?


咲いては散ってしまう桜だからこそ、

せっかくならば視界いっぱいの桜を観たいですよね!


そろそろ桜がきれいかな?と思ったら、

赤城南面千本桜をぜひ思い出してみてくださいね。


一度は観るべき絶景ですよ!

タイトルとURLをコピーしました