新コロナウイルス対策で学校や園を休ませるのは“過保護”? 子供をウイルスから守りたい親との温度差

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今や世界的な大流行の「新コロナウイルス」。

学校関係者からの感染者も出て、

子供を学校や園に通わせる親としては、

気が気ではない状況ですが、

いまだ学校や園を休校にする学校は少ないです。


学校で対策をしないなら、

自分たちで子供を守る他ありません。


ウイルス対策で、自主的に学校や園を

休ませる親たちも増えているようです。


しかし、学校や園に休む旨を伝えると、

「大袈裟」「過保護」「他の子供はみんな来ている」

などと言われて、笑われてしまったという声もあります。


これには、学校と家庭との、“ウイルス対策”に対する

温度差を感じずにはいられません。

スポンサーリンク

子供も学校を休みたがらない!

また、親が休ませたくても、

子供が休みたがらないということもあります。


学校で、「ウイルス対策で休むなんて大袈裟」

などと言われてしまうためです。


学校での子供同士のやり取りを、

家庭で待つ親が把握することは不可能です。


学校から「ウイルス蔓延を防ぐために学校を休校します」

と宣言してくれればいいのに。


感染者が出てしまった地域、

まだ感染者を出していない地域でも、

ことが起こる前に、

対処する必要があるのではないでしょうか?

学校や園は、そもそもウイルスが広まりやすい環境

学校というのはそもそも、限られた空間に、

さまざまな家庭から子供が集まる場所。


ウイルスが広まりやすく、さらに、子供が各家庭に

ウイルスを持ち帰ることで、他の家族にも感染し、

さまざまな場所へと広まります。


子供が保育園や幼稚園に入った途端に、

家族がさまざまな病気にかかるというのは、

経験したことがある方も多いのではないでしょうか。


感染力の高い新コロナウイルスが、

学校や園に少しでも入ったら、

きっとすぐに広まってしまうでしょう。


「新コロナウイルスで子供が重症化した」

という報告はまだないようですが、

これだけ感染力があり、死者も出ているので、

やはり怖いですよね。

親が学校に自主的に休校してほしい本当の理由

親が、学校を休校して欲しい理由は、

「休みたがらない子供を休ませたい」

ということもあります。


しかし、もうひとつの理由として

「自分の子供だけを休ませると、学校の授業が遅れてしまう」

ということがあるのではないでしょうか。


休んでいる間も、他の生徒は授業を受けているので、

自分の子供だけが大幅に遅れてしまうでしょうし、

少数派の生徒に埋め合わせの

補習をしてくれることもないでしょう。


そのようなリスクがある上で、

いつ終息するかも分からない状況の中、

自主的に自分の子供だけを休ませるのは

なかなか難しいものです。


そういったことも含めて、親は、

学校の自主休校を望んでいるのでしょう。

まとめ

まだまだ、終息の目処が立たない新コロナウイルス問題。


それどころか、毎日のように被害の拡大が報道されていて、

「明日は我が身」と怯える毎日です。


しかし、被害を食い止めて子供を守りたい親心とは裏腹に、

学校を休ませたくても休めない理由もあるのです。


どうか、これ以上被害が広まる前に、

「大袈裟」などと笑わないで、

各学校や園には対策をして欲しいものです。

タイトルとURLをコピーしました