モデルのような小顔を目指すマッサージは、これがおすすめ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

鏡や写真、テレビに映る女優さんや俳優さん、モデルさんを見て

小顔に憧れる女性は多くいます。


自分の顔は洗顔、メイクなどで毎日見たり、人に見られるものです。

勿論、男性も自分の顔の大きさが気になる人はいますよね。


小顔になって毎日を少しでも楽しく過ごせるために、デートで可愛くキレイに、

そして格好良く見せるための対策を紹介していきます。

スポンサーリンク

マッサージを始める前に小顔とはどんなものか知ろう。

小顔と言うと、ショートカットが似合う、マスクをすると余ってしまう。

エラが張っていない、顎のラインがシャープなどの特徴がありますね。


日本人の顔の大きさの平均は、男性は縦が22cm前後の横が16cm前後。

女性は、縦が21.5cm前後の横が15cm前後です。


その中でも小顔と呼ばれるには、男性は縦19cm横13.5cm、

女性は縦18cm横13cm以下とされています。


顔の大きさが同じでも、首の長さや肩幅の違いで

顔が大きく見えてしまうこともあります。


その大きさを簡単に知るには、A5サイズのファイルを顔に重ねてみて、

はみ出るかはみ出ないかを見ると分かりやすいです。


これらの基本を押さえて小顔作りに挑んでいきましょう。

効果的なマッサージで小顔を目指そう!

やっぱり、手っ取り早くお金をかけずに小顔を目指すなら、マッサージが有効です。


私たちの体にはリンパが流れており、そのリンパに老廃物が溜まり

血行の流れが悪くなるとむくんで顔が大きく見えてしまいます。


食事や生活習慣の乱れ、運動不足などによって

リンパの流れが滞ってしまうため、マッサージと合わせて

そこのところも見直していきましょう。


油物やお酒、甘いもの、塩分を少し控えてみたり、

睡眠をしっかりとって日光をしっかり浴びて無理のない運動をしてみてください。


では、肝心のマッサージのやり方について説明していきます。


まずは、より効果を上げるために出来るだけ血行が良くなっている

状態の入浴後に行いましょう。


肌を傷つけないようにクリームやオイルを使うことをおすすめします。


最初にリンパのゴールとなる鎖骨や耳の前、下、こめかみを

重点的に指の腹であまり力を入れすぎないようにさすります。


次に顔回りのマッサージに移ります。

ほうれい線を軽減するために、小鼻の横の頬のお肉を

親指で耳の方をめがけてリフトアップするようにさすります。


10回程繰り返したら、それを流すように顎から耳下、

首から鎖骨、鎖骨から胸へ流すようにとこれも10回程繰り返します。


左右でやりますが、人間は左右非対称なので、

特にむくみが気になる方は無理のかからない程度に回数を増やしてみてください。


このマッサージを継続していくとフェイスラインが引き締まっていきます。


手を、じゃんけんのグーの形にしてマッサージをするのも効果的です。


目元をすっきりさせたい時は、眼球に負担をかけないように、

眉毛をつまんで外側に流してください。


眼球を押したり、すぐに効果が欲しいからと

強くやりすぎないように注意をしましょう。

おすすめのマッサージ器具をピックアップ!

小顔を手に入れるには、自分の手によるマッサージも効果的ですが、

器具を使うとより効果が増します。


まずは、お手軽に手に入る器具からです。


近年、100円均一はどんどん商品のクオリティーが上がり、

品ぞろえも充実してきています。


100円で手に入るなら気軽に始められますし、

学生さんやお給料日前の方でも安心して買えますね。


一番ポピュラーな器具のローラー、種類がたくさんあって迷ってしまいます。

そんな時は、用途に合わせて使いましょう。


輪郭が気になる時は、顔を挟み込んで転がすタイプのY字ローラーを。

ほうれい線など、細かなところに使いたい時は、T字や小さな物を使いましょう。


更に細かく力加減も自由自在に変えられる「かっさプレート」

を使うのも良いですね。


どちらも、無理に力を入れすぎず継続して使っていきましょう。


もっと本気で取り組もうとするならば、奮発してみるのも良いでしょう。


23,800円という本気のローラー、ただのローラーとは違う

エステティシャンの手法を再現し、

しっかりリンパをつまんで流す「リファカラット」


口に咥えて表情菌を鍛えて小顔を目指す

「フェイシャルフィットネス パオ」、12,800円。


リフトアップを目指せるエステサロンとの共同開発によって生まれた

25,500円のマッサージ機「エステアップV」は、

超音波や音感などエステで行うようなお手入れを自宅で出来る優秀な物です。


どれも値は張りますが、しっかり美容について研究された

おすすめの器具たちなので、一歩踏み出したケアにいかがですか?

まとめ

憧れの小顔は、なかなか一朝一夕では手に入りません。


生活習慣の見直しも、マッサージなどのケアも途中で諦めず

自分にあった方法で継続していくことこそが大切です。


頑張ってケアを続けて手に入れた成果はひとしおです。


面倒になってしまうこともあるかもしれませんが、

毎日鏡と向き合って念願の小顔を手に入れましょう。


⇒美肌を目指して毛穴をなくすには?陶器肌の作り方の記事はこちら。いますぐチェック!

タイトルとURLをコピーしました