浜松の隠れ家的スポットの梅を見に行こう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

浜松にはもう行き飽きた!という人に朗報です。

一足早く春の訪れを感じられる

昇竜しだれ梅園の「梅」を見に行ってみませんか?


昇竜しだれ梅園のホームページはこちら!

しだれ梅
浜松市の昇竜しだれ梅園の情報をしょうかい...


知る人ぞ知る名所で

バイク乗りに御用達のオレンジロードを

抜けた先に梅園はあります。


昇竜しだれ梅園名物しだれ梅の満開日

や開園日時のチェックはもちろん、

金額や、駐車場、混雑状況、

周辺の施設もチェックしておき余すことなく、

浜松かよーとは言わず、

さらなる魅力を準備万全で楽しみましょう!


スポンサーリンク

しだれ梅は園主の愛がこもっている!

しだれ梅は、支柱なしでは

垂れ下がってしまうため、支えが必要です。


支柱を立てて、愛情を注ぐことで

梅が期待を超える美しさで梅は応えてくれます。


そんなしだれ梅と出会い虜になったことで

園主は梅の栽培を始めたとのこと。


10年以上試行錯誤し、

園主の望むしだれ梅を育て上げました。


園を開園してから20年以上経ちますが、

圧巻のしだれ梅からは園主の梅愛が溢れ出ています。


園内で仕立てられている梅の木々は、

すべてしだれ梅のようです。


全部で10種類以上の梅、

約350本が仕立てられています。


中には樹齢50年以上のものや、

樹高が5m以上になるものもあります。


昇竜しだれ梅園名物の梅のトンネルは

竜の体内をイメージされ、

満開の梅の中を通り抜けることが出来ます。


何度通っても飽きません。

上を見上げれば綺麗な梅ですが

下を見下げると可愛いクリスマスローズも植えてあります。


上から下まで、春の訪れを感じることができ、

楽しめるようになっています。


スマホで写真を撮られている方や、

立派な一眼レフでも梅の写真を撮っている人も

たくさんいらっしゃいました。


このことからも、昇竜しだれ梅園の魅力がわかります。

期間をチェック!

2月から3月上旬

9時から17時まで開園しています。


名物しだれ梅のトンネルは例年2月末から満開になりますが

今年は暖冬の影響を受けたことで、

早くなっている可能性があります。


リアルタイムで梅の開花情報がホームページが

更新されているため、確認することをおすすめします。

しだれ梅
浜松市の昇竜しだれ梅園の情報をしょうかい...


散り始めでも十分堪能でき、

お客さんも比較的少なく、

写真撮影に人影が写ることなく楽しめます。

場所の確認!

■車でのアクセス

東名舘山寺スマートICより約5分

東名高速道路 浜松西ICより約15分


■公共交通機関でのアクセス

JR浜松駅北口 バスターミナル

遠鉄バス1番乗り場 舘山寺温泉行き に乗車

動物園 にて下車 →徒歩約25分


■入園コストはかかる?

満開時期は1人700円ですが、

花の咲き始め、散り始めは500円になります。

駐車場は園の隣に無料で駐車することができます。


車は全部で20台ほど停めることができますが、

梅の満開時期には満車になることがあります。


近くに有料駐車場はないため、満車時は係の人の指示に従い

ルールを守って利用しましょう。

子連れに最適!

園内は、ガタガタしており、

狭い箇所があったりするためベビーカーは適していません。


ですが、低い位置にもお花が咲いていることから、

目線の低いお子様も大人とは違った視点で楽しむことができます。


また満開の時期よりも散り始めの方が、

気候が良くなるため小さなお子様連れでも

来やすいのではないのでしょうか。


周辺にはお子様連れでも、もってこいの施設が多くあります。

浜松オルゴールミュージアム(園から車で約5分/https://www.hamanako-orgel.jp/)や

浜松フラワーパーク(園から車で約10分/https://e-flowerpark.com)、

浜松市動物園(園から車で約8分/https://www.hamazoo.net

があります。


また浜名湖遊覧船(https://www.hamanako-yuransen.com)に乗って、

湖から見える浜松の街並みをゆっくり鑑賞するのもおすすめです。

おすすめランチ情報


健菜美食ビュッフェ るぴなすhttps://wellseason.jp/restaurant/

浜松オルゴールミュージアムにあるロープウェイへ乗り、

下車した先にホテルウェルネスシーズン浜名湖があります。


そのホテル内にある「健菜美食ビュッフェ るぴなす」

がランチにおすすめです。


うなぎだけではなく、地元の農家さんから仕入れている野菜等、

浜松・浜名湖地域で採れた食材をふんだんに

使った料理をメインに食事を楽しむことができます。


最近プチリニューアルをされ、スイーツコーナーには

自慢のパティシエが登場したり

バイキングコーナーが増設されたりしました。


お子様向けメニューはもちろんキッズチェアやクーハン、

お子様向けの食器、また食事に飽きてしまった子の為に

絵本も準備されています。


そしてホテル内には天然温泉があり日帰り温泉も楽しめます。

温泉にもお子様連れでも楽しめるような設備が整っているため、

お子様も一緒に、日頃の疲れを癒していくことができます。


◎うなぎ専門の店 志ぶきhttps://shibuki.jp/smartphone/

浜名湖かんざんじ温泉街にあるうなぎ専門店の一つです。

こちらは浜松名産のうなぎを食べておきたいという人におすすめ。


お店のメニューの中で大人気の「二色小丼」は

蒲焼と白焼の2種類が楽しむことができます。


味はもちろん、香りもぜひ楽しんでいって欲しいです。


混雑時には並ばなくても携帯やスマートフォンにて

席の順番待ちができるのもこのお店ならではです。


特に土日祝は混雑しているため、

興味がある方は活用してみてもいいかもしれません。

最後に

梅園内にはベンチが所々にあり、

ゆっくり鑑賞することも出来ます。


また、犬を連れて来園される方も多く、

散歩をしながら春の訪れを感じています。

出入り口に小さな売店があります。


浜松はさつまいもも盛んに栽培されており、

名産「うなぎいも」を使った干し芋も絶品です!

合わせて堪能してきてください。


→「秩父・山田の春祭り【2020】駐車場はある?混雑状況は?どれだけ盛り上がる? 」の記事はこちら。いますぐチェック!

タイトルとURLをコピーしました