新型コロナ、デマ情報拡散で街中が混乱! 情報に踊らされないために必要なことは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中国・武漢が発信地となって、

今や世界中を大混乱の渦に巻き込んでいる“新型コロナウィルス”。


世界中で重症患者・死者が出ていて、

日本でも、全国の公立学校が臨時休校になるなど、異例の事態です。


その影響から、ウィルスの予防に役立つとして、

マスクが売れに売れ、異常なまでの価格高騰が起こり、

マスク不足が叫ばれています。


そんな中、さらに街中を混乱させる出来事が起こりました。


「マスク不足により紙の価格が高騰する」という情報が、

SNSなどで急激に拡散されたのです。

これは、まったくの嘘。デマ情報でした。


しかし、それを信じた多くの人が、

スーパーなどに押し寄せたのです。


ティッシュ・トイレットペーパーなどの紙製品は、

販売店から消えてしまいました。


商品を奪い合い、争い合い、

まるで運動会のようになっている販売店は、

昭和のオイルショックの時のようですね。


なぜこのようなことが、

現代の日本で起こってしまったのでしょうか?

スポンサーリンク

デマに騙されてしまう人たち…その影響とは?

デマ情報に踊らされてしまった人々のおかげで、

現在、一部の販売店では、

紙の製品が入荷できない状況になるなどし、

店頭から姿を消してしまいました。


これから花粉の辛い季節がやってきますが、

ティッシュが無くては困る人が大勢いるでしょう。

生活の必需品・トイレットペーパーも、

買えなくなってしまいます。


ネットでは、フリマアプリなどではもうすでに、

買い占めた紙製品を高額で売り出す人もいるようです。

どうして騙される人がいるの?これからの社会で必要な能力

近年の“ネットやスマホの普及”によって、

社会にはありとあらゆる情報が、

日々行き交うようになりました。


SNSの発達がそれを後押しして、

ひとつの情報が息を飲む間に、

世界中に広まってしまうまでに社会は急成長したのです。


しかし、この情報社会があまりに急激に発達したために、

人々にはまだ「正しい情報だけを見極める能力」

が備わっていないようです。


ネットで得た情報全てを簡単に信じ込んでしまう人々。

情報拡散の輪が大きくなることで、正誤に関わらず、

さらに多くの人の目に触れます。


SNSなど、閲覧人数や“いいね”の数が見えるものだと、

その「人数の多さ=情報の正確さ」と捉えてしまう人が

日本人に多くいるのは、日本の「右へ習え」の習性ゆえなのでしょう。

まとめ

ネットやSNSで広まった、「紙製品高騰」の噂はデマです。


トイレットペーパーやティッシュを買い占められると、

本当に必要としている人には、製品が行き届かなかくなってしまいます。


あらゆる情報が行き交うこれからの時代では、

このようなデマ情報を見抜き、

事実だけを見極めることができる能力が、

きっと必要になってくるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました