新型コロナの影響でローソンがおにぎりを“無償配布”!? 期間限定の嬉しい企画も!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型コロナウィルスの影響により、

先日急に決定した“全国公立学校の臨時休校”。


両親共働きの家庭が増えている昨今、

突如決行された“学校のお休み”に、

困ってしまった親御さんも多いです。


学童保育は運営されるようで、

預ける予定の家庭も多いのではないでしょうか?


しかし、学童保育施設では現在、

学校給食はストップされるため、

「学童に来た子供たちに昼食の用意ができない」

という問題が発生しています。


そこで立ち上がったのが、

言わずと知れたコンビニの大手・ローソン。


子供たちの昼食を支援するため、おにぎり3万個を

無料で配布することを発表したのです。

スポンサーリンク

おにぎり無料配布の詳細は?支援の申し込みは公式ウェブサイトから!

ローソンの支援を受けたい場合は、

公式ウェブサイトから申し込みが必要で、先着順になるようです。


一部の地域では行われないようなので、

ご希望の場合は、住んでいる地域で支援が

行われるのか確認してみてくださいね。


おにぎりが届けられるのは、毎日では無く、

3月の10・17・24日の3回。


子供1名につき2個までで、1施設に200個までだそうですが、

1日に1万個、3回の配布で合計3万個ものおにぎりを無償で

届けてくれるなんて、本当にありがたいですね。

配布されるおにぎりの種類は全部で4種!牛乳の代わりの“ホットミルク”も半額で販売スタート!

配布されるおにぎりは、種類が4つあるようです。


「鮭・昆布・シーチキンマヨ・おかか」の4種類は、

子供にも人気の具ですよね。


さらに、ローソンでは、給食がなくなることで

子供たちが牛乳を飲む機会が減ってしまうことを懸念して、

ホットミルクを半額で提供することを発表しています。


MACHI  caféで販売されているホットミルクは、

通常の130円(税込)から65円(税込)となります。

カフェラテも通常価格より20円ほど安くなるようです。


子供のいる家庭では、嬉しいサービス。

ぜひ、利用してみてはいかがでしょうか?


実地の期間は、3月9日〜3月20日までです。

まとめ

突然の“休校宣言”に、十分な用意ができなかった家庭も多い中、

ローソンの太っ腹な支援は本当に助かりますよね。


政府が全国休校の指示を出すのに時間がかかった一方で、

一企業のローソンのフットワークの軽さにも驚かされます。


もはや“災害”とも言えるレベルの新型コロナウィルスの影響。


地震などの自然災害を多く経験してきた日本だからこそ、

こういった支援がすぐに行われるのは、

この国の素晴らしいところですね。

タイトルとURLをコピーしました