チャイルドシートのおすすめは【西松屋】にあり!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

これからパパ・ママになる皆さん!

チャイルドシートの正しい選び方・買い方をご存じでしょうか?


赤ちゃんが苦しそう、窮屈そうだし…

無理につけるのはかわいそう…なんて

思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?


いいえ、決してそんなことはありませんよ!

6歳未満の乳幼児を車に乗せる場合は

チャイルドシートを使用することが法律で定められています。

スポンサーリンク

チャイルドシートのおすすめは西松屋。そもそもチャイルドシートってどうして必要?

赤ちゃんや幼いお子様は、

シートベルトの装着が不可能で

我々大人のように自分の身を自分自身で守る

ということは非常に困難です。


万が一事故が起きてしまった場合、

お子様の安全を確保するために必要なのです。


法律によってチャイルドシートの着用が義務付けられています。


ただ、法律で定められているのは6歳未満の

お子様に向けたものですので

6歳以上の着用に関しては、任意の着用となります。

チャイルドシートのおすすめは西松屋 選び方とは?

西松屋では、新生児から11歳頃まで幅広く使用できる

チャイルドシートのラインナップが豊富です。


また、新生児を乗せるチャイルドシートに関しては

車の進行方向に対して

後ろ向きに設置するタイプが主流となっています。


お子様の成長・体格に応じて適切な

チャイルドシートを選ぶこと、

また、将来の家族構成や車の買い替えなど、

これからのライフプランを考慮していくこと。


そういったライフスタイルを視野に入れながら

今回は西松屋が販売している、

6つのチャイルドシートに関してご紹介します。


◎新生児~1歳頃(9kg)まで<乳児専用タイプ>

寝かせられる、深いリクライニングができるものが人気です。

こちらは「マムズ キャリーブライトⅡ」という商品。

本体の重量がわずか2.7kgと、とても軽量な設計になっています。


持ち運びや、ベビーキャリーとしても使用が可能ということで

日々重い荷物に悪戦苦闘しているママには嬉しい設計ですよね!


◎新生児~4歳頃(18kg)まで<乳・幼児兼用タイプ>

赤ちゃんの乗り降りをスムーズに行える回転式が流行

になってきています。


え、これ…チャイルドシート??と

思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私も一目見たときはチャイルドシートとは分からなかったものです…。


こちらは「ターンレジェFIX」という商品。

台座をシートに固定したまま360°回転!

今までになかった画期的な商品となっています。


強い日差しを遮るサンシェードも、もちろん付いています!

ドライブ中の赤ちゃんのストレス軽減において必要なものですよね。


◎新生児~7歳頃(25kg)まで<乳・幼・学童兼用タイプ>

ロングユースなので買い替える必要がありません。

お財布に優しく、1台で解決できます!

こちらは「リーマンカイナレッド」という商品。


見た目に反して、幅約34cmなのでとってもコンパクト!

軽自動車にもおすすめです。


◎1歳頃(9kg)~4歳頃(18kg)まで<幼児用タイプ>

こちらは「日本育児 トラベルベスト EC+ブラウン」になります。

コンパクトに折り畳みできる設計になっており、

軽自動車でも使用可能です。


ヘッドレストの高さも自由に調節でき、

お子様の成長に合わせて使用できます。


◎1歳(9kg)~11歳頃(36kg)まで<幼児・学童兼用タイプ>

ディズニー好きにはたまらない(?)

キュートなチャイルドシートです。

こちらは「HG チャイルドシート ミニーマウス」


西松屋限定のモデルになっています。

ピンク色とドット柄がとっても可愛いですよね!


◎3歳頃(15kg)~11歳頃(36kg)まで<幼児・学童兼用タイプ>

こちらは「ジュニアマキシカラーズ ピンク」

このチャイルドシートは、3歳頃から使用できる

ジュニアシートになっています。


兼用タイプになっているので、

成長に応じて買い替えることも少ないですよね。


ヘッドレストとアームレストが調節可能になっているので

11歳頃まで安全・快適なドライブを

お子様と楽しむことができます。

チャイルドシート おすすめ西松屋 まとめ

さて、ここまで全6種類のチャイルドシート

をご紹介してきましたが

いかがでしたでしょうか。


私の感想としては、昔とは違い、

やはり軽量化が進んでいるなという印象を受けました。


持ち運びしやすいチャイルドシートが

増えてきているのが、女性には嬉しいものですよね。


また、軽自動車でも設置しやすい種類も増えてきています。


自分の車にはどのチャイルドシートが必要なのか、

購入前に必ずサイズなど測りましょう。


買い方の中で一番主流なパターンは、

新生児~4歳ぐらいまで使用できるものから

4歳以降は、ジュニアシートに買い替えるパターンだそうです。


ですが、将来の家族構成によっても、

購入するチャイルドシートが変わってきますよね。

2人目が生まれたら買い替えるのか、今のものを使い続けるのか…。


難しいところですが、お子様に合った、

そしてパパ・ママが使いやすいものであるか、

というのが大事な購入理由になると思います。


ご家庭によってさまざまなライフスタイルを考慮しながら

ぜひ、西松屋でチャイルドシートを検討してみてくださいね!


→「どこを見る?チャイルドシートの選び方!その評価を徹底比較します! 」の記事はこちら。いますぐチェック!

タイトルとURLをコピーしました