カビキラーで隅々まで浴槽掃除! 使い方でキレイ度がワンランク・アップ!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「カビキラー」は、その名の通り、

カビによる汚れを落とすことに特化した洗剤です。


主な成分は、“次亜塩素酸ナトリウム”という、

強いアルカリ性の塩素系漂白剤。


これは、強い殺菌力と共に、漂白力を兼ね備えています。


また、カビキラーは“スプレータイプの泡洗剤”のため、

ブラシなどを使っても届かない浴室の隅々まで入り込んで、

汚れを落とすことが可能です。


浴室の主な汚れは、カビやヌメリ、垢などの油分。


カビキラーを使えば、しつこいカビ汚れを落とし、

浴室内を白くピカピカにしてくれるので、

まさにお風呂掃除にぴったりです!


カビキラーの強力な洗浄力があれば、

もうブラシで擦ったり布巾で磨いたり…と

頑張らなくても、お風呂のキレイ度がワンランクアップしますよ。


しかし、カビキラーはその強力な洗浄力から、

“使用してはいけない箇所”があるなど、

その扱いに注意が必要です。


それでは、カビキラーの浴槽掃除での使い方と、

その注意点について解説していきましょう。

スポンサーリンク

浴槽内はカビキラーが使えない?カビキラーでの掃除が効果的な場所

意外に思うかもしれませんが、実はカビキラーは、

浴槽(バスタブ)の中の掃除には適していません。


その理由は、カビキラーの強力な漂白成分が、

浴槽の色を変色させてしまうからです。


一度変色してしまった浴槽はなかなか

元には戻せませんので、注意してくださいね。


また、浴槽の中の主な汚れは“垢”などの油分で、

カビキラーの得意とする汚れではなく、

最大の効果を発揮できないことも、その要因です。


垢などの汚れを落としたい場合には、

油分汚れに強い“中性洗剤”がおすすめです。


お湯を使って温めながら流せば、

さらに簡単に汚れが落ちますよ。


また、カビキラーは金属とも相性が悪く、

蛇口など、金属が使われている部分に使用すると、

変色してしまう可能性があり、注意が必要です。


カビキラーが、効果を最大に発揮できるのはカビ汚れですから、

床・排水溝・天井・壁など、カビが付きやすく、

金属などが使われていない部分の掃除に向いています。

実は危険?カビキラーの使用で必ず注意すること

カビキラーは強力な洗剤なので、その分扱いには注意が必要です。

使用時は、その注意点をしっかり念頭に置いて使用してください。

カビキラーの注意点

  • 金属など、使用すると変色する素材がある。
  • 酸性洗剤と混ぜない。
  • 換気しながら使用する。
  • ゴム手袋などを使用し、直接手で触れない。


カビキラーは強いアルカリ性の洗剤なので、

酸性のものと混ぜると、化学反応を起こして

有毒ガスを発生させます。


これを吸い込んでしまうと大変危険なので、

絶対に混ぜないようにしましょう。


酸性の主な洗剤としては、

クエン酸などがあげられます。


クエン酸は水垢を落とす時などによく利用され、

お風呂掃除でよく使われる洗剤ですよね。


カビキラーを浴槽に散布して時間をおいていたら、

うっかり忘れてしまい、クエン酸をその上からかけてしまった…

なんて間違いもあるので気を付けましょう。


カビキラーはそれでなくても、

換気せずに作業を行うと危険な洗剤なので、

窓を大きく開けて換気しながら作業しましょう。


また、強いアルカリ性で肌が荒れることもあるので、

手袋を必ず着用し、

直接手で触れないようにする配慮も必要になります。

カビキラーを使った掃除の仕方!

カビキラーは、注意点をしっかり押さえておけば、

大変に便利な掃除グッズで、

浴槽掃除をとても楽なものにしてくれます。


カビキラーの使い方を、掃除箇所ごとに解説しましょう。


排水溝

排水溝は、浴槽内でも一番汚れが多く、

ゴム手袋をしていても触るのがためらわれる

“難所”ではないでしょうか?


そんな排水溝部分の掃除は、

蓋などを分解してビニール袋に入れ、

その中で洗ってしまう方法がおすすめです。

  • 排水溝を分解して、ひとつずつ袋に入れる。
  • カビキラーを袋の中に吹き付け、なるべく空気を抜いて、袋の口を閉じる。
  • 袋の外側から揉んで、カビキラーをなじませる。
  • 5分置いた後、袋から取り出し、水洗いする。


この方法は、カビキラーを汚れに密着させる

“ラップを使った方法”の応用です。


袋の空気を抜くことで、袋がラップの役割をして、

カビキラーを汚れに密着させてくれます。


カビキラーから発生するガスを吸い込む

危険性も下がり、一石二鳥ですね。


床・天井・壁

広い範囲の掃除の場合は、

カビキラーを直接吹きかけるよりも、

スポンジなどに吹きかけてから擦る方が楽に掃除できます。


洗剤が、目や口に入ってしまうのも防げるので、

より安全な方法とも言えるでしょう。

  • スポンジにカビキラーを吹きかける。
  • 満遍なく塗っていく。
  • 30分ほど置く。
  • 念入りに水拭きをしてから、乾拭きをする。


床が、タイル素材などで細かい溝がある場合は、

カビキラーを直接吹きかける方が有効です。


床は、シャワーを使って洗い流していいのですが、

天井や壁は、上から洗剤が落ちてくる場合があるので、

雑巾などで慎重に水拭きをし、

最後に乾拭きすることをおすすめします。

カビキラーの使い方 まとめ

カビキラーは、強力な洗浄力と漂白力で、

時間をかけずに浴槽内をピカピカにして、

さらに殺菌までしてくれます。


殺菌効果で汚れもつきにくくなり、

ピカピカの状態を保ちやすくもなるでしょう。


ちょっと危険な面も紹介しましたが、

これらは使用上の注意を守れば、何の問題もありませんし、

大変便利なお掃除グッズなので、ぜひ利用してみてくださいね。


→「キッチンハイターで出来る! 洗濯槽の掃除のやり方 」の記事はこちら。いますぐチェック!

タイトルとURLをコピーしました