離婚準備に損をしない為には?子持ちの方必見!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「離婚をする」と決まった時、何をすればよいか、

準備すれば良いか分かりませんよね。


単純に離婚届にサインをする場合の離婚のほかに

各種の手続きが必要だったり子供の親権や

離婚原因によっては調停など様々な準備が必要です。


財産分与や慰謝料の請求も考えられますので

話し合いをしておいた方がスムーズに話が進むでしょう。


今回は離婚準備の際、損をしないために

準備しておく事や親権の事についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

離婚準備とは

正式に離婚をする前に夫婦それぞれ親権や

養育費の話し合い、調停、弁護士の用意など

必要なことをあらかじめ決めておくことです。


子供や財産のことなど話合っておくと

正式に離婚する際にスムーズに話や手続きが進みます。


離婚の原因や状況によっても準備するものや

話し合う内容などが変わってきますので確認が必要です。


DVなどが原因で離婚する場合、慰謝料を請求する際には

実際にDV等を受けた証拠が必要になります。


その証拠を弁護士や調停へ提出し

慰謝料や今後の動きが決まります。


まずは何が原因で離婚をするのか考え、

既に離婚を考えている方は必要なものを

準備してから本格的に行動した方がよさそうです。

離婚準備に必要なこと

離婚、別居にかかる費用を準備しておく

離婚の原因がDVや不倫、子供の親権問題などで

離婚調停になる可能性があります。


実際に離婚調停が行われる場合は

離婚調停の費用や弁護士を依頼した際は弁護士費用が掛かります。

また別居する際は賃貸費用や引っ越し費用が掛かってきます。


慰謝料請求の準備

離婚の原因がDVや不倫など精神的な苦痛を受けた場合は

慰謝料を請求することが出来ます。


慰謝料を請求する場合は

精神的な苦痛を受けたという証明が必要です。


辛いとは思いますが離婚をする前に

しっかり証拠を押さえないと

後々慰謝料請求の際に請求が出来なくなってしまう

可能性があるのでしっかり証拠は残しておきましょう。


自分ではなかなか証拠を押さえるのが難しかったり

不安な場合は探偵を利用するのも一つの手です。


いきなり依頼ではなく無料の探偵相談がありますので

悩まれている方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

無料の探偵相談相談さぽーと 探偵無料相談全国の探偵事務所、興信所から無料でご案内年間10万件の案内実績あり24時間365日電話対応受付中TEL:050-5578-9621 RCL探偵事務所無料相談あり無料プランあり完全成功報酬型24時間365日電話受付対応中TEL:0120-060-783


自立の準備

離婚後に生活できるよう専業主婦(主夫)だった人は

働いて生活する資金を集めなくてはいけません。


貯金があってもいずれはなくなってしまいますので

なるべく早めに働くことが必要です。


節約して離婚する前に資金を貯めておき、

働く先のめぼしをつけておくと

離婚後につらい思いをせずに生活出来るでしょう。


当面生活するには100~200万円必要だと言われています。


子供の親権を獲得するための準備

夫婦に子供がいる場合、どちらかが親権を

とらないと離婚する事は出来ません。

親権の判断は以下の通りです。


①子どもの監督状況

②親権者の経済力

③代わりに面倒を見てくれる人の有無

④親権者の年齢や健康状態

⑤住宅事情や学校関係などの生活環境

⑥子どもの人数、それぞれの年齢や性別、発育状況

⑦環境の変化による子どもへの影響度合い(見込み)

⑧子ども本人の意思(10歳頃以上の場合)

                             引用:離婚弁護士ナビ


上記が主な親権の条件になりますので確認しておき、

証拠が必要な場合は証拠を残しておきましょう。


仕事
離婚後は一人のため生活するには仕事をしなくてはいけません。

子供がいる場合はなおさらです


既に仕事をしている方であれば問題ないですが

今後は子供を預ける保育園や保育園が見つからない場合は

面倒を見ていてくれる人を探しておかなければなりません。


また子供の問題だけではなく、別居して会社が遠くなったり

離婚後の生活を考えると転職等を考える必要がある場合があります。


実家が遠方でなければ実家に子供預けて

仕事に行くことは出来ますが実家が遠い場合は

保育園や一次保育などを考えた方が良いでしょう。


お住いの地区に相談することが可能です。


財産分与

夫婦で貯めた財産は財産分与と言って

基本的に半分ずつ分けると決まりがあります。


離婚時にしっかり半分で分けれるよう

貯金額は把握しておいた方がよさそうです。


把握しておかないと金額をごまかされたり

お金以外の財産を隠し持っている可能性があります。


離婚前にしっかり夫婦で話し合い、

貯金額や財産の種類などを把握し、

話し合いをしておきましょう。

親権を獲得するには

親権を獲得するには父母どちらに親権があれば

「幸せになれるか」が一番重要視されるほか、

条件や判断材料があります。


経済的に安定し心身共に健康である

子供が大きくなるにつれ学費などかかる

お金が増えていく中、

親権者は経済的に養えるかが判断されます。


また精神的に不安定な場合や重症な病気を

抱えているなど心身共に健康でないと

親権を獲得できない場合があります。


子供の意思、子育ての時間

年齢的に子供が意思判断をできる場合は

子供の意思によって親権者が決まることがあります。


また、子供と過ごす時間が長ければ長いほど

親権を獲得できるケースが多いようです。


子育てに費やす時間が多い方が

子供も安心して暮らせるでしょう。


親権を獲得したい場合は子供とどれくらいの時間を過ごしたか、

子供のためなら時間を作れるということを主張した方が

親権を獲得できる可能性は上がります。

離婚準備は早めに!

離婚準備は早めに準備しておきましょう。


なにが必要か、親権獲得にはなにを証明すればよいのかを

調べ、離婚をする際にスムーズに事が運びます。


離婚の原因によっては調停や裁判、慰謝料請求などが

絡んできますのでただ離婚届にサインをして離婚ではなく、

よく確認して離婚を考えましょう。


本当に協議離婚で良いのか、DVや不倫など

不貞があったのに脅されたりして泣き寝入りに

なっていないかをしっかり確認しましょう。


つらいとは思いますが離婚準備の期間は

ぐっとこらえて無料の探偵や相談窓口を利用して

相談したり周りの方に相談して損のない離婚にしましょう。


全て綺麗さっぱりにすることは今後豊かに暮らせるための一歩です。


→「離婚準備でするべきことは?共働き・子なしの場合に必要なこと」の記事はこちら。いますぐチェック!

タイトルとURLをコピーしました