「利用率急上昇中の婚活アプリ!気をつけるべきこと【女性編】」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今、婚活産業が潤っています。結婚相談所、

婚活パーティなどがありますが、

中でもマッチングアプリの利用率が急上昇中。


婚活産業全体で、1兆円市場になっているとも言われています。


今までの「結婚できない人が利用するもの」

という考え方から、意識変化が起き、

20代〜30代前半の利用者増、また、

シングルマザーや高齢者まで幅広く利用されています。


マッチングアプリの中には、

アプリから相談所へ乗り換えをする真剣な方もおり、

婚活産業全体が潤っている状況です。


そして、実は私もマッチングアプリを利用し、

そこで出会った方と結婚しました。

また、私の親戚・友人で、アプリを通して結婚した人が4人います


今や、アプリを利用して当たり前、になっていますね。


でも、利用して相手を見つける人と、

なかなか見つけることができない人と、

いますよね。この差は一体何なんでしょうか。


アプリの使用を通して、

私自身が感じた「気をつけるべきこと」を、

女性目線からお話したいと思います。

スポンサーリンク

婚活アプリは「モテた気になる」

マッチングアプリに登録するとすぐに、

とてつもない数の「いいね」やメッセージがきます。


相手の希望年齢を設定していたとしても、

それ以外の年齢の方もきます。


私は、「30歳〜40歳」で希望年齢を設定していましたが、

「私のプロフィール、ちゃんと読んだ?!」

と感じてしまうぐらい、40代後半〜60代の方まで連絡がきます。


ここがちょっと危険なところ。


あまりにも男性からの反応があるので、

「モテた気」になってしまうんです。


「まだまだ、いいねがくるから大丈夫」と思っていると、いつの間にか

時間だけが過ぎていた…なんてことが起こり得ます。


どれだけ男性からのアプローチがあったとしても、

アプローチ数ではなく、

自分の希望に合った人がどれぐらいいるのか、冷静に見ていきましょう。

婚活アプリは「より好みしすぎない」

皆さん、それぞれ相手に求める理想がありますよね。

その理想を追い求めるのも良いですが、

あまり理想にこだわりすぎると、なかなかマッチングしません。


初めは、あくまで画面上でしか相手を判断できません。


なので、少しフィルターを外してみる必要があると思います。

例えば、、、

男性は、女性よりも写真を撮り慣れていない割合が多いです。

ですので、いつもの自然な顔を出せない方がいます。

実際会ってみると、写真と違って良い雰囲気だな、

笑顔が素敵だなと思うこともあります。


「あれが嫌」「これが嫌」と理想と合わない

ところばかりを探すのはやめましょう。

本当にアプローチできる人がいなくなります…。

婚活アプリは「何人もの人と一気に連絡を取らない」

私は器用な方ではなかったので、最高でも2名の方としか

同時に連絡を取り合うことが

できませんでした。


私の友人は、常に7〜8名の男性と、

とても器用に連絡を取り合っていました。


でも、1つ問題があったのは、「○○が趣味って言ってたのは誰だったっけ?」

「〇〇曜日に会う人、どんな人だっだっけ?」と、

情報が混乱して、相手のプロフィールやメールの履歴を

見直す回数が増える、ということでした。


この状況は、少し不誠実に感じますし、相手のことを

じっくり知る機会を自ら減らしてしまっていますね。

早く良い相手を見つけるには、1人1人を

じっくり見ていく方が早道です。

婚活アプリ「まとめ」

いかがでしたでしょうか。


あくまで、私が体験して感じたことなので、

今後の参考として見ていただけたらと思います。


「ネット」という便利なツールで、気軽に出会える時代です。

ただ、便利だからこそ、慎重に使用する必要があります。


私も友人も、アプリで出会った方と結婚して、とても幸せです。

あなたなりに有効にアプリを使用して、

ぜひ素敵な方を見つけてくださいね。


→「離婚準備に損をしない為には?子持ちの方必見!」の記事はこちら。いますぐチェック!

タイトルとURLをコピーしました