大道芸の祭典 野毛大道芸2020に今年は行こう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回ご紹介するのは、2020年9月19日~9月20日

まで開催される野毛大道芸です。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のために、

開催日程を延期して、上記の日程に決定しました。


今年で第45回ですから、

横浜市に住んでいる方にとっては

すっかりおなじみになっているのではないでしょうか。


この野毛大道芸ですが、路上でするパフォーマンスが

主体のイベントですので、横浜市の野毛地区の一部の

道路を歩行者天国にして行われます。


野毛大道芸に行かれる方のために、

見どころやちょっとしたお役立ち情報などを

ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

<野毛大道芸の見どころなど>

野毛大道芸は、横浜市中区の野毛地区で

開催される大道芸のイベント&お祭りです。


日本の三大大道芸の一つに数えられ

歩行者天国にした路上でパフォーマンスが

行われますので近い距離で見ることができます。


近い距離でみることができますので、

一緒になってパフォーマンスをしているような

感じとなり楽しめます。


定番のジャグリングや火吹きでも

近くでみると圧倒されること間違いなしです。


意外といっては失礼ですが、

パントマイムは近くでみるとかなり驚かされます。

近年では銅像芸と呼ばれるパフォーマーが多く出演されています。

あまり混んでいませんので握手とか

記念撮影とかに気軽に応じてくれます。


人によっては、かぶっているのを

かぶらせてくれるパフォーマーの方もいます。


今年は33組ものパフォーマーが出演されますが、

その中でも特におススメなのが中国雑技芸術団です。


日頃は、中国雑技はステージで行っているのを

見ることしかできないのではないでしょうか。


野毛大道芸では本当に近くで見れますので、

その迫力たるやスゴイものがあります。


この中国雑技芸術団の出し物で人が

椅子に乗りながら積み上げていくだしものがあります。


近くでみているとドンドン積み上がっていって、

ハラハラドキドキしながら見ることができます。


その他にもスゴイ芸を披露してくれる

パフォーマーの方が多数でますので、

どの人を見ようかとか迷うと思います。


33組ものパフォーマーがでますので、

しっかりとタイムスケジュールが組まれています。

このタイムスケジュールを参考にして回って見ることもできます。


また、このタイムスケジュールとは

別にゲリラ的にやっているパフォーマーの方もおり

そちらを主体にして見て回るのも面白いかもしれません。


こういっては失礼かもしれませんが、

混んでいないパフォーマーの方は気さくに

記念撮影とか握手に応じてくれますのでほのぼのします。


会場となっている歩行者天国には

机や椅子なども用意されますので、

近くの飲食店から買ってきた食べ物を

食べながら大道芸をみることもできます。


多数の模擬店も出店されます。

お祭りの屋台で売っているようなものもありますので、

お子さんを連れていっても十分に楽しめると思います。


また、会場となっている場所の近くには

JRAの場外馬券売り場がありますので、

競馬が好きな方は馬券を買ったついでに

覗いてみるというのも悪くはないのではないでしょうか。


来場者数については公式には発表されてはいなのですが、

かなり混雑はします。ですが、会場内で身動きが

取れなくなるほどでもなく、ご家族連れで行っても安心できると思います。

<野毛大道芸へのアクセス>

JR桜木町駅から会場までは

徒歩5分ほどで行くことができます。


もしくは、京浜急行線日ノ出町駅からも

徒歩5分ほどで行くことができます。


また、お車で行かれる方につきましては、

会場から徒歩2~3分圏内に駐車場が3か所あります。

そのいずれの駐車場も中規模程度の大きさがありますので、

駐車場難民になることはないと思います。


駐車料金は大体、一時間あたり

400円~500円程度と考えてよいかと思います。


ただ、くれぐれもお車で来場される方は

お酒を飲まないようにしてくださいね。

<周辺の飲食店事情>

会場付近には多数の飲食店が密集しているところですので、

会場の模擬店で気に入った食べ物がない場合でも困ることはありません。


また、近くにJRAの場外馬券売り場があることから、

土・日曜日はお昼から営業している居酒屋さんが多いです。


最近は、特にホルモン焼き屋さんが多く開店しましたので、

大道芸を見終わった後に焼肉を食べながら

お酒を飲むというコースなんかはいかがでしょうか。


また、これらの飲食店の中には野毛大道芸の日だけの

特別メニューを用意してくれる飲食店もあります。

そして特別セットとして割安に食べれたりします。


私は毎年行っていますが、特に印象に残っているものとして

ワニの手の唐揚げがありました。

買おうかなと並んでいたのですが、

私の前で売り切れてしまいました。

食べてみたかったですね。


今年はどんな料理がでるのか楽しみですね。

<まとめ>

とここまでお話してきましたが、

野毛大道芸は様々な角度からたのしめます。


パフォーマンスを見るも良し、

食べ歩きをするも良し、パフォーマーの方と触れ合うのも良し、

家族連れの方が行っても楽しめると思います。


野毛大道芸はおススメできるイベントです。

注意:野毛大道芸に行かれる際には野毛大道芸公式サイト

をチェックしてから行くのをおススメします。

<野毛大道芸公式サイトhttp://nogedaidogei.com/


タイトルとURLをコピーしました