お菓子作りの失敗をなくそう!失敗例とその対策について

スポンサーリンク
スポンサーリンク

皆さんは、お菓子作りをしたことがありますか?

私は、毎週のようにお菓子を作って

家族や友達と美味しく食べています。


しかし、お菓子作りは失敗がつきものです

パンケーキが焦げたりチョコレートが固すぎたり

生地がうまく泡立たなかったり…。


なかなか思ったように完成しないことも多いです。

そこで今回は、お菓子作りの失敗例とその対策

について紹介していきます。

スポンサーリンク

お菓子作りの失敗をなくそう!―失敗をなくす基本

まず最初に紹介するのは、お菓子作りの基本についてです。


お菓子作りの基礎を守ることで、

失敗を格段に減らすことができます。


◎計量をきっちりとする

お菓子作りの基本は計量です。

砂糖や小麦粉の量を目分量で計ると、

全然違った味になったり生地がまとまらなかったりします。


そのため、1g単位できっちりと計ることが必要です。


デジタル計で細かい単位までしっかりと計量するようにしましょう。


また、ほかの器に砂糖や生地を移すときは、

へらやスプーンを使って底から根こそぎとるようにしましょう。


レシピの中にはccや個数で

記載されているものもありますが、

それをすべてg単位に変えて計算することで

よりきちんと計量することができます。


卵にはサイズがあるため、レシピに記載されている通り

のものを購入するようにしましょう。


◎温度に気を付ける

お菓子作りでは温度を間違えると

大きな失敗をしてしまうことも多いです。

焦げや生焼けの原因になります。


特に間違えやすいのはバターの温度です。


室温に戻すと書かれているときは

1時間程度常温で保管します。


溶かしバターと書かれているときは

電子レンジや湯せんで溶かし、約40度になるように調節します。


卵とバターを混ぜる際には、

二つの間に温度差があると混ざりにくいです。

両方とも同じくらいの温度になるようにしましょう。


また、オーブンでお菓子を焼くときも温度が大切です。

余熱からきちんと温度に気を配るようにしましょう。


オーブンで加熱している間、ほかのことをして

お菓子から目を離している人も多いと思いますが、

それも失敗の原因です。


オーブンに入れた後も焼き目や様子を観察し、

天板の向きを変えたり温度を調節して焼きむらがないようにしましょう。

お菓子作りの失敗をなくそう!―工程でのコツ

お菓子作りには、工程ごとに気を付けるポイントがいくつかあります。

ここでは、工程別のコツを紹介していきます。


◎溶かすとき

チョコレートやバターを溶かすときには、

湯せんを使ってゆっくり溶かすようにしましょう。


直火で溶かすと、分離してしまったり

うまく溶けなかったりして美味しいお菓子を作ることができません。


◎泡立てるとき

生クリームを泡立てるときは、

ハンドミキサーを使うとスムーズに進みます。


生クリームは、長時間おいていると分離したり固まったりします。


そのため、ハンドミキサーを使って素早く、

無理なく泡立てるようにしましょう。


また、少ない量を泡立てるときは泡立て器でも問題はありません。


◎混ぜるとき

様々な材料を混ぜ合わせるときは、

何回かに分けるときれいに混ざります。


一回で混ざると、だまになったり固まってしまったりします。


数回に分けることで、だまができにくくなり

滑らかな生地に仕上げることができます。


砂糖は吸水性があるので、卵や生クリームと

混ぜるときは特に注意しましょう。


◎焼くとき

十分に余熱をしてから焼くようにしましょう。


余熱を怠ると、生焼けになったり焼きむらができたりします。


また、焼いている途中もきちんと焼き加減をチェックし、

天板の位置を変えたり温度を調節したりして

きれいに仕上げられるようにしましょう。

お菓子作りの失敗をなくそう!―様々な失敗例

ここでは、具体的な失敗例とどうしたら解決できるか

について紹介していきたいと思います。


◎ババロア

なめらかでプルプルの口当たりが特徴のババロアは、

だまができたり固まらなかったりします。


解決方法:卵の過熱をしすぎない、工程の途中で生地を冷やしすぎない、生地をきちんとこす、ゼラチンの量を調節する


◎マフィン

お菓子作りの定番であるマフィンは、

ふくらみが悪く生地が焼き途中に流出することが多いです。


解決方法:ベーキングパウダーの量を調節する、生地をきちんと混ぜる、オーブンの温度を低くする、生地の量を調節する


◎シフォンケーキ

ふわふわの食感がたまらないシフォンケーキは、

底上げや焼き縮みという失敗が多いです。


解決方法:メレンゲをきちんと泡立てる、生地を低いところから流しいれる、完全に冷めてから型をはずす


◎シュー生地

ふかふかで軽い食感のシュー生地は、

中が焼けていなかったり膨らまなかったりする失敗が多いです。


解決方法:暖かい生地を絞る、小麦粉と水をしっかりと練る、オーブンの温度を高くする、焼き時間を調節する

お菓子作りの失敗をなくそう!―まとめ

今回は、お菓子作りの失敗と

その解決方法や注意点について紹介しました。


私も失敗することが多いので、

この記事を振り返って気を付けたいと思います。


また、皆さんの中でお菓子作り中に失敗して困っている人がいれば、

この記事を参考にして解決方法を見つけてみてください。


→「これが冷凍のお弁当!? 驚きの冷凍食品、おすすめ9選! 」の記事はこちら。いますぐチェック!

タイトルとURLをコピーしました