パスタ作り、もう失敗したくない…美味しく茹でる方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ミートソースやジェノベーゼ、

カルボナーラやイカスミから和風などなど…

一口でパスタと言ってもたくさんの

バリエーションがあって、どれも美味しいですよね。


お店で食べるパスタはもちろん美味しいですが、

家庭でも手軽に作れるのが良いところです。


ですが、いくら茹でるだけとは言っても

茹で時間はちゃんと守ったのに芯が残ってしまっていたり、

逆に柔らか過ぎてしまったり麺と麺がくっついてしまったり…

何でだろうと頭を抱えてしまうこともあります。


もう、そんな美味しくないパスタを食べるなんて経験は御免ですよね。

そうならないためにも、

今日から簡単に出来るパスタの茹で方を伝授します。

スポンサーリンク

失敗知らずの美味しいパスタの茹で方

美味しいパスタを食べるには、

ただ闇雲に茹でただけではいけません。


鍋にお水を入れて温めてパスタを入れて塩を振る…

これだけの工程だけでも舐めてかかっては

美味しいパスタを作ることはできないのです。


まずは、パスタを入れる前のお湯に注目してみましょう。


鍋に入っているお湯は少なくありませんか?

沸く前にパスタを入れてしまっていませんか?


お水が多く入っていると鍋が重くて持つのが大変ですが、

たっぷり鍋にお水を入れましょう。


そして、沸騰するまで待つのはじれったいですが、

ちゃんと気泡が立つまで沸騰させてからパスタを投入しましょう。


ここまでで安心するのは、まだ早いです。


商品によって茹で時間が違ってきますから、

それをしっかり確認して茹で時間を守るようにしましょう。


茹で始めてからも気を抜いてはいけません。


ただ茹で上がるのを待つだけではなく、

麺同士がくっつかないように時々菜箸で混ぜてあげましょう。


最後に、茹で上がったらそのまま時間を置いたりせずに、

すぐにお湯から引き上げて湯切りをするようにしましょう。


ソースと和える時に、茹で汁を少し加えると風味も増して、

くっつきにくくなります。


この方法で、もう美味しくないパスタからはおさらば出来ますね。

そもそも、どうして茹でるのを失敗してしまうのか?

パスタを茹でるコツと共に、

その失敗の原因も併せて覚えておきましょう。


コツを裏返せば、その原因も自ずと見えてきます。


まずは、水の量です。


沸かす水の量が少ないと、

茹で時間を守っても均等に茹でられず、

芯が残ったりしてしまいます。


次に、沸騰についてです。


ちゃんとしっかり沸いてからパスタを入れないと、

なかなか茹で上がらない上に、無駄にパスタが水分を

取り込んでしまって触感や味が落ちてしまいます。


茹でてる間に沸くだろう、では駄目なのです。


そして、茹でた後に「あ!ソース作るの忘れてた!」

なんてありませんか?


茹でた後の放置は不味くなる一方です。

ソースはあらかじめ作っておいて、

茹でたらすぐにお湯から上げられるようにしましょう。


失敗の原因を覚えておくのも、コツの一つになります。

鍋以外でもパスタを作ることが出来る

パスタは食べたいけれど、鍋に大量に水を張るのも、

それを持ち上げるのも片付けるのも面倒だし、そんな元気がない。


そういう時ありますよね。


むしろ、忙しく疲れの溜まる毎日ではそういう時ばかりだと思います。

そんな時に、鍋で苦労してパスタを茹でずに済む方法があります。


四角い耐熱容器を用意した、容器の大きさに折った

パスタに水を500㏄と塩一つまみを入れます。


そして袋に書いてある茹で時間にプラス4分程長く

電子レンジでチンをするだけです。


電子レンジから出したらパスタの様子を見て、

まだ固いようなら少し水を足して1分追加して温め直してください。


こんな簡単にパスタが出来てしまうなんて夢のようですよね。


他にも、ダイソーに簡単にパスタを作れる容器が売っているので、

それを使ってみるのも手です。

パスタは一種類だけじゃない!種類別の茹で方

パスタと言っても、お馴染みの長い

いわゆるロングパスタだけではありません。


他にもロングパスタがあり、

太い平麺のパッパルデッレや、

緑や赤に彩られた可愛らしいタリアテッレ。


パッパルデッレよりも細めの平麺のフィットチーネや、

もちもち触感のリングイネは結構メジャーですよね。


ラザニアや、ショートパスタと呼ばれる

マカロニやペンネなどもパスタの仲間です。


ロングパスタは上で紹介した通りに茹でられます。


ショートパスタも大きな違いはありませんが、

ロングパスタよりもくっつきやすいため、

壊れない程度にロングパスタよりもしっかりかき混ぜてください。


茹で上がったあとも、しっかり水切りをして

すぐにソースと絡めるようにしましょう。

まとめ

普段、なんとなく食べているパスタも、

こうして見てみると案外奥が深いですよね。


茹で方をちゃんとマスターすれば

ストレスなく美味しく食べられますし、

パスタはソースや具材など

色々なアレンジがきくので、飽きずに食べられます。


一人でも大切な人達とでも、

お家でのんびり美味しいパスタを食べて

楽しい食事の時間にしましょう。


→「もうコロッケを作るのに失敗したくない!上手く作る方法大公開 」の記事はこちら。いますぐチェック!

タイトルとURLをコピーしました