本当はものすごく怖い歯周病。しっかりと予防するために自分でできること。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

テレビCMなどでも聞く歯周病。


よく聞くけれど具体的に

どういう病気なのか分からない、

虫歯と一緒だから大丈夫、とあまく見ていませんか?


歯周病は放っておくと

歯が全て抜け落ちてしまうくらい怖い病気です。


しかし、歯周病は日常のケアで自分で予防することができます。

普段の歯磨きや口腔ケア用品など、

市販のものでも十分に予防が可能ですから、

早いうちに予防することが何よりも大切です。


ここまで読んで早速歯周病が心配になったあなた、

歯周病の原因や症状を説明しながら、

今日から自分でできる予防法をご紹介します。


高齢になっても食事を楽しむために、

今のうちから歯周病ケアをしていきましょう。

スポンサーリンク

歯周病予防の基本!自分で毎日の歯磨きを見直してみよう

まずは何よりも歯磨きです。


歯周病でなくても毎日磨くとは思いますが、

あなたの今の歯磨きは正しい歯磨きでしょうか?

人によっては間違った歯磨きをしているかもしれません。


正しい歯磨きをご紹介するので、

今日から自分の歯磨きを見直してみましょう。


◎歯と歯茎の間を磨く

歯周病の原因はプラークと呼ばれる

歯垢が歯と歯茎の間(歯周ポケット)に入り、

プラークが排出する毒素が歯肉に炎症を

起こすことで歯周病になります。


ということは、このプラークをしっかりと

毎日の歯磨きで除去する必要がありますね。


プラークは歯や歯茎に付着し、

歯周ポケットで有害な菌を繁殖させます。


ですから、歯だけ、もしくは歯茎だけを

磨いているだけでは不十分です。


歯ブラシを歯と歯茎の境目にあてて

力を入れすぎずにじっくりと磨いてください。


◎ブラッシングは小刻みに

歯を磨くとき、ゴシゴシと大振りで磨いていませんか?

ゴシゴシと音がすると磨いている感じがして

多くの人がやりがちです。


しかし、プラークから出る毒素は粘着性が高く、

全体を覆うように磨いただけでは取り除くことができません。


歯と歯の間や、歯と歯茎の間にブラシが

「入ったまま」になるよう

小刻みにブラッシングするのがベストです。


◎歯ブラシは普通かやわらかめを

ブラシ部分がかたい歯ブラシを使用していませんか?

かたいブラシは歯茎を痛め余計な出血の原因になります。

普通かやわらかめタイプのものが良いでしょう。


歯周病予防には丁寧な歯磨きが必須なので、

それなりの時間をかけて歯磨きをすることになります。

かたいブラシでは少々不向きです。


特に、歯茎に炎症が見られる方は

やわらかめがおすすめです。


ちなみに歯ブラシは1ヶ月を目安に交換しましょう。

毛先が傷んだり広がった歯ブラシでは

汚れを落とすことができません。

デンタルフロスは歯周病予防の必須アイテム

歯周病予防の基本である歯磨きですが、

実は普通の歯磨きだけでは

全ての汚れを落とすことができません。

ここは意外な落とし穴です。


歯ブラシでは届かない歯と歯の間や歯と歯茎の間などには、

食べ物のカスや匂いの原因菌が詰まりやすいため、

ここから菌が繁殖して歯周病を引き起こします。


その磨き残しを解決してくれるのがデンタルフロスです。


知っているけど使ったことがない、

種類が多くてどれを選べばいいかわからない

といった方がほとんどだと思います。


ここではおすすめのデンタルフロスをご紹介します。


■クリニカアドバンテージデンタルフロスY字タイプ

なんと言ってもY字タイプで持ちやすいので、

奥歯と奥歯の間も楽に磨くことができます。

持ち手は独自ハンドルで握りやすく、

口の中でも動かしやすい作りになっています。


フロス部分は洗って繰り返し使えるので

経済的にも優しいですね。


フロス部分が糸のつくりになっていると、

磨いている最中に切れてしまうことがありますが、

こちらは切れずにしっかりと歯間を洗うことができると高評価です。


フロスを使うのが初めてという方には

おすすめのデンタルフロス。


■REACH デンタルフロスワックス

こちらは糸を指に巻き付けて磨くタイプです。

持ち手などがついていないため、

パッケージ自体もコンパクトで

旅行や出張などのときも持って行きやすいですね。


糸がワックス加工されているので歯間に入りやすく、

抜くときも引っかかりにくいです。


抜くときに治療中の部分に引っかかって

糸が切れてしまうというトラブルが起こりがちですが、

その心配も少なくなります。


糸は50mの長さなので大容量が嬉しいポイント。

ワックスタイプの他にはノーワックスタイプや

ペパーミントタイプなどラインナップも豊富です。


■クリニカアドバンテージスポンジフロス

こちらはスポンジタイプのデンタルフロスです。


表面ワックス加工の糸を歯間に入れると

唾液によって3〜4倍の太さに膨らみます。

スポンジのように膨らむことで歯間にピタっと密着し、

汚れを除去してくれます。


スポンジ状のフロスなのでやわらかく、

歯茎にも優しいのが嬉しいポイントです。


キシリトール配合でミントのフレーバーが

爽やかな使用感を与えてくれます。

通常の歯磨きのあとに仕上げのフロスとしておすすめです。

歯周病の兆候が見られたら予防を始めよう!すぐに自分で予防できます。

寝起きの口の中に不快感がある、口臭が気になる、

歯肉にかゆみや痛みがある、赤く腫れている、

歯と歯の間に隙間がでてきたなど、

これらの症状があれば歯周病のサインです。


歯周病は歯の病気だけでなく、

心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病などにも

深い関わりがあるとされています。


全身に悪影響を及ぼす歯周病は実はとても怖い病気です。


歯が抜け落ちるだけでなく、

日常の健康さえも脅かすことになりかねない病気なので、

早めに予防を始めましょう。


そして歯周病にかかってしまったら

すぐに歯医者さんに相談して早期治療が必須です。


→「市販のホワイトニングで効果があるのは?歯のホワイトニングをしたいっ!と思う方必見!! 」の記事はこちら。いますぐチェック!

タイトルとURLをコピーしました