妊活のタイミングが合わない時のイライラ解消法!妊娠しやすい身体作り

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ストレスが「妊活」に大敵ということは理解していても、

仕事や気持ちの問題でなかなかタイミングを合わせられず

イライラしてしまうこともありますよね。


周りの妊娠報告を喜べず、

自分はどうして妊娠できないのだろうと、

落ち込むこともあります。


妊活は確実な方法はなく、

難しい問題ではありますが、

タイミングばかりに気をとられ

常にイライラしてしまうことは

夫婦にとっても良くありません。


上手に妊活と付き合うコツを知って、

ストレスフリーに取り組めるようにしましょう。

スポンサーリンク

妊活の正しいタイミングを知ろう!まずは夫婦で理解して協力し合う準備を!

妊活を始める人のほとんどが

「タイミング法」からスタートします。


タイミング法を始めるには、

まず自分の排卵日を知る必要があります。


排卵日の調べ方は、排卵テスターを使ったり、

生理周期や基礎体温を記録する方法など

たくさん種類があるので、自分にあったものを選びましょう。


自分の排卵日が分かったら、

排卵日の前2日〜排卵日当日が

一番妊娠しやすいタイミングと言われています。


一番妊娠しやすいタイミングと言っても、

確率的には20%前後くらいになるので、

なかなか授からなくても焦る必要はありませんよ。

妊活を始める前にしっかり話し合うべきことは?

妊活始める前に、しっかり夫婦で子供を迎える

心の準備は出来ていますか?


妊娠する為には何に気を使えばよいのか、

どういう仕組で妊娠するのか、

排卵日や生理周期などについても

女性にとっては当たり前ですが、男性は意外と知らないものです。


そういった当たり前のところから、

子供を授かった後の仕事はどうするのかや、

産前産後の生活、またなかなか授からなかった場合の

病院へ受診するタイミングなども

一度話し合っておくのがオススメです。


夫婦がしっかりと妊活について知って、

お互いに協力し合う準備を整えておきましょう。

気持ちの温度差がイライラの原因?夫婦で話し合い気持ちを共有する事が大切

妊活を続けていく中で、どうしても仕事や体力面で

タイミングを合わせることが出来なかったり、

排卵日前後にしか行為がなくなり義務化してしまう事で、

気持ちの面でも思い通りにいかずイライラしてしまう事があります。


そんなイライラを解決する方法は、

  • 普段からスキンシップをとり、愛情を確認し合う
  • お互いの妊活への思いのズレを話し合いで調整する
  • 行為の際は義務でするのではなく雰囲気作りも大切に

などが有効です。


子供を授かることが目的ではありますが、

まずはお互いの愛情を置き去りにしないようにすることが大切です。


日常的にハグやキスなどのスキンシップをとることは、

お互いにリラックスして触れ合うきっかけとなります。


また、排卵日以外の行為も妊活をするうえで

良い効果をもたらすことが分かっています。


排卵日を意識しすぎて、緊張感を感じながらだと、

気持ちの面でも乗り気になれないので、

愛情があるからこそ妊活に取り組んでいることを

忘れないようにすると良いですね。


また、夫婦の間に妊活へ対する気持ちの温度差が出来てしまうと、

これもイライラの原因となります。


始めた当初はお互いに「子供が欲しい」という

気持ちが一致していても、続けるうちに

どちらかが置き去りになってしまうのです。


早く授かりたい!という気持ちはもちろん分かりますが、

上手く行かなくてもそれは誰かのせいではありません。


妊娠検査薬の結果で自分を責めたり、

タイミングを上手く合わせられない時に

パートナーを責めたりしてはいけません。


イライラやストレスから開放される工夫をすることも

妊活の一部だと思い、心にゆとりを持って取り組みましょう。


どうしても早く授かりたい場合は、

夫婦で話し合い納得したうえで、

早めの受診を検討するのをオススメします。

妊活に向けて食事にも一工夫を!オススメの食べ物や取るべき栄養素は?

妊娠するためには第一に、土台となる身体の状態が大きく影響します。

タイミングももちろん大切ですが、

日々の生活習慣の改善や、

栄養管理でより妊活の効果を高めましょう!

妊活中に積極的に取りたい栄養素

妊活〜産後にかけて積極的に摂取すべき

栄養素の代表格が「葉酸」になります。


葉酸はほうれん草や鳥レバー、アスパラガスなどに

多く含まれますが、食事から必要量を摂取するのは大変なので、

サプリを使うのがオススメです。


葉酸をたっぷり摂取することで、

子供の発達異常を引き起こすリスクを

下げることが出来ます。


その他にも「鉄分」や「カルシウム」も

子供をお腹で育てるうえで欠かせない栄養素なので

積極的に摂取しておくと良いです。


魚に含まれるDHAも子供の脳の発達に

大きな影響を与えることが分かっていますよ。

妊活中は極力身体を冷やさない!

身体を冷やすと卵子や卵巣などの活動にも悪影響が起こります。


妊活中は身体を冷やさないように、スープがオススメです。

味のバリエーションも多く、たくさんの食材を入れることで

バランス良く栄養を摂取することが出来ます。


また生姜などの身体を温める作用のある食材も活用していきましょう。

まとめ

妊活のイライラは夫婦で足並みを揃えることで

かなり改善することが出来ます。


お互いに愛情があるからこそ、

妊活に取り組むことは当たり前ですが忘れがちなので、

毎日の生活の中でお互いに愛情を示すことを忘れないようにしましょう。


妊娠しやすい環境や身体を作り、

焦らず夫婦のペースで妊活に取り組めるように

工夫してみて下さいね。


→「妊婦の夫が絶対に注意したいことの全て!妊娠中でも夫婦円満のコツはこれだ! 」の記事はこちら。いますぐチェック!

タイトルとURLをコピーしました