これからの夏、気になる紫外線対策!食事で紫外線対策が出来るって知っていましたか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

夏になるととても気になるものが

空から強烈に降り注ぎますよね。


紫外線です。


日焼け止め、日傘、つばの大きい帽子、紫外線カット手袋等々・・・

日焼けをすると赤くなったり、ヒリヒリしたり、乾燥して肌が荒れてしまったり・・・


肌を露出するのに夏は肌を痛める事が沢山ありますね。

紫外線対策は保湿クリームなどたくさんありますが、

毎日の食事で紫外線対策が出来ることを

知っていますか?


今回は食事での紫外線対策をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

紫外線の害

紫外線対策の前に・・・

紫外線の害がどれほどあるものか知っていますか?


長時間紫外線に晒された肌は

表皮と真皮の境目にある乳頭部分の毛細血管

が充血してしまい赤くなります。

これが紅斑と言う状態です。


紅斑になっても赤外線を浴び続けると、

充血した毛細血管が傷ついてしまう血管から血漿(けっしょう)

が漏れることで水疱が出来ることもあります。


それとは別に、紫外線を浴びるとメラノサイト

(色素細胞)でメラニン形成が促進されてしまい皮膚が黒化します。

これがシミです。


紫外線の害はまだまだあります。

紫外線を浴びすぎると、皮膚細胞の遺伝子を破損、メラニンの増産

真皮のコラーゲン繊維を破壊、エラスチン線維の破壊

これらが引き起こすのは深いしわです。


肌は赤くなり、シミが出来てしわは深くなる・・・

女の人には大敵ですね。


しわが深くなるとどうしても

実年齢より老けて見えてしまいますからね。

紫外線の良いところ

先程までは紫外線の悪いところを紹介しましたが、

紫外線を浴びすぎるのはダメですが、

紫外線のすべてが悪いわけではないのです。


次は紫外線の良いところを紹介していきます。


まず殺菌効果があります。

日光消毒と言う言葉があるのは知っていますよね?


布団やガーデニングの土など紫外線に当てて消毒しますよね。


あと骨を作るために必要なビタミンDは太陽の光に当たることで作られます。


骨を作るというとカルシウムのイメージが強い

と思いますがカルシウムだけでは骨は作られません。

ビタミンDはカルシウムの吸収を促してくれるのです。


ビタミンDはそれだけではありません。

日光に当たり作られたビタミンDは肝臓に蓄えられ、

蓄えられたビタミンDは腎臓で活性化され

活性型ビタミンDは・・・

免疫細胞、脳、心臓、皮膚、生殖器、前立腺、乳腺、腸、骨、腎臓などでカルシウムの吸収をうながし、免疫能力の向上、骨密度を維持、筋力を維持などの効果があります。


それではいよいよ、紫外線対策になる食事をご紹介します!!

紫外線対策になる食べ物や食事

紫外線から肌を守るために積極取るべき栄養素は

ビタミン、β-カロチン、アミノ酸、亜鉛です。


ビタミンの中でもビタミンCはメラニン色素の

生成や増加を抑えシミの色素沈着を防ぐ効果があり、

ビタミンCが含まれる野菜はブロッコリー、

カリフラワー、大根の葉、小松菜、赤ピーマン、芽キャベツなど

果物であれば

イチゴ、レモン、グレープフルーツ、ミカン、キウイなどです。


ただ注意が必要なのはビタミンは水で流れ出しやすく、

熱ですぐに壊れてしまいます。


なので生野菜を食べるようにしたり、

加熱をしない果物を中心に食べることをお勧めします。


次に取りたい栄養素はアミノ酸です。

アミノ酸は新陳代謝をあげる働きがあるため

シミやそばかすの予防が期待できるようです。


アミノ酸は主に肉類、魚類、卵、牛乳、豆類、穀物類

と言った主食やメインに使われるものに多く含まれています。


最後に取っておきたい栄養は亜鉛です。


亜鉛は牡蠣や牛肉に多く含まれています。

紫外線に対する皮膚、毛髪の成長に関係しています。


また、この亜鉛ですがトマトやピーマン、

カボチャなどに含まれるビタミンCや

梅干しやお酢に含まれるクエン酸、

肉や魚類に含まれる動物性たんぱく質と

とても相性がいいのです。


なので一緒に取ると亜鉛の吸収率をより高めてくれます。


この夏の紫外線はきちんと食事をとって乗り越えていきましょう!!

まとめ

紫外線対策が毎日の食事で出来ると

いうのはとてもありがたいですよね?


夏になると食欲がなくなったりと

きちんと食事をとることが少なくなると思いますが

暑さを乗り越えるためにも紫外線対策のためにも

きちんと食事をとる大切さがわかると思います。


部屋に閉じこもり日の光が当たらないように

生活をすると骨を作るための

カルシウムを吸収することが出来ませんが・・・


今オゾン層破壊や紫外線が強くなっていると

叫ばれている中であまり日の光を浴びすぎると

逆効果になってしまうので

程々にしたほうがいいかもしれません。


ただ、紫外線を気にし過ぎて食事が偏ることの

無いように気を付けてくださいね。


→「案外忘れがち?手のアンチエイジング!効果の期待できる商品を紹介」の記事はこちら。いますぐチェック!               

タイトルとURLをコピーしました