3歳の女の子が言うことを聞かない!?ついイライラしているママとパパの対処法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

子供が3歳になると立派に自我が芽生えています。


そうなると片付けをしたくない、ご飯も食べたくない、

お風呂は嫌だ、寝たくない、遊びたいと主張するようになってきます。

機嫌が悪いと1日にフルコースということもありますよね。


実際に私も3歳の女の子を育児中ですが、

もうしっかりとした女性です。


洋服は自分で決めるし、その日履くパンツや靴まで選びます。

少し気に入らないことがあれば拗ねてみせますし、

1日中機嫌が悪いと当たり散らすこともあります。


当然私たち親も人間ですから分かってはいても、

ついついイライラして怒り返してしまうこともしばしばです。


しかし、できれば3歳という性格や人としての

在り方を形成する大事な時期に、

怒る回数は減らしたいものです。


3歳の女の子が言うことを聞かない、

とイライラしているママやパパに

実践してみてほしい対処法をご紹介します。


せっかくの育児、せっかくの可愛い盛りです。

子供も親も笑顔で過ごしましょう。

スポンサーリンク

3歳になれば想いも通じている。女の子こそコミュニケーションをとってみよう

子供はまだ我慢や自制が大人ほどききません。

だから思い通りにいかないとイライラしたり駄々をこねます。


分かってはいると思いますが、

これは仕方のないことであり、

どうしたって避けることができないものです。


まずは3歳の女の子が言うことを聞かないのは当たり前、

わがままするのは当然だと改めてインプットしてください。


そして女の子こそコミュニケーションを

しっかりとってください。

3歳の女の子とはいえ子供も女性の一面をもちます。


女性はお話が大好きです。

それは子供も同じですよね。

うちの娘は3歳になってからさらにお喋りになりました。


適当に相槌をうっていると

「ちょっと!聞いてる?」などと

妻と同じような口調で叱られたりします。

これが何よりの証拠ですね。


子供がわがままを始めたり、

言うことを聞かないなと思ったらコラ!

と叱る前に話し合ってみましょう。


おもちゃを片付けなかったら、

おもちゃを大切にしてほしいから

ちゃんと片付けようと説明してあげてください。


寝るのを嫌がったら、しっかりと寝て

また明日元気に遊びたいから眠ろう、

と促してあげましょう。


できるだけポジティブな言い回しがいいです。

鬼が来るよ、お化けが来るよ、もその場では

効果的かもしれませんがいずれ効果がなくなります。


なぜ片付けをしなきゃいけないか、

寝なきゃいけないのか、

すぐには言うことを聞かないかもしれませんが

ママとパパが根気よく付き合ってあげれば

必ず最後は「うん」と言ってくれます。

3歳児のわがままは成長の証であり育児がうまくいっている証拠でもある

一日中わがままを言われたり、

何を言っても言うことを聞かないと

こっちだって限界がきます。

私も何度娘に怒ったか分かりません。


しかし、3歳の女の子がこうしてわがままを言うのは

それだけ自我が芽生えて心が成長している証拠です。


そして何より、しっかりと親に甘えることが

できているのですからママやパパの育児が

順調であるという証拠でもあります。


言うことを聞かない、

それは一見人としてネガティブに思うかもしれませんが

相手は社会人のような大人ではありません。


だからこそ、わがままは成長の証、

何よりもママとパパの育児が成功している証拠です。


家でわがままを言っている反面、

保育園や幼稚園ではいい子にしていることが多いです。

自慢するわけではありませんが、

うちの娘も保育園では友達に優しく面倒見も良いそうです。


言うことを聞かない、わがままを言うなんて

想像できないと保育士さんに言われるほど。


外でいい子にしているぶん、

ママとパパには甘えたくなります。

今日もいい子で頑張ったんだね、

と甘えさせてあげましょう。


同時に自分たちの育児はうまくいっているんだ、

ちゃんと子供に甘えさせてあげられるくらいに

成功しているんだと思ってください。


これだけでもだいぶイライラはおさまります。

逆に親としての自信につながるので是非実践してみてください。

極限になったら投げ出してもOK!

いろいろ頑張ってみても

育児は365日休みなしですから、

必ずどこかで限界がきます。


3歳のわがままやイヤイヤは相当手強いです。

どんなに気を確かにもとうと

こちらのイライラが抑えられないこともあります。


とはいえ怒鳴ったり、もう知らない!と

背を向けてしまうのは違いますよね。


だからこそ極限になったら投げ出してもOKだと思うんです。

片付けをしてほしいな、寝てほしいなと

何度言ってもダメなら片付けなくていいし寝なくてもいいです。


片付けは翌日の朝にまわすか

仕事から帰ってきたパパにやってもらいましょう。

ご飯を食べなければ子供と一緒にお菓子を食べてください。

寝ないなら映画か本でも読みましょう。

ダメなときはダメです。


こんな日が絶対に何回かあります。

こういったときにでも頑張らなきゃ、

でもやらなきゃ、となってしまう方が逆効果です。


イライラしたまま子供と接したり、

ちょっとのことで怒ったりを繰り返すと、

子供もすぐ怒ったりイライラしやすくなります。


そんなところを子供に見せるくらいなら

いっそのこと全て投げてママらしく、パパらしく

いられる方が子供にとってもいいはずです。


完璧である必要はありません。

忘れがちなこのマインドは是非覚えておいてほしいです。

3歳の女の子のわがままは心の成長の証。その成長に親も向き合って

子供の成長はいろんな形で表れます。


特に3歳のこの時期は目に見える成長が著しいと同時に、

目に見えない精神的な成長も急激です。


あれがしたい、これがしたい、たくさんの主張をしてくれます。

一つ一つに対してできるだけ向き合ってあげることで、

子供がさらに成長してくれます。


同時に親子の信頼関係も築くタイミングです。


ママは私のことを見てくれている、

パパは私のことが大好きなんだな、

と思ってもらえたらこれ以上に嬉しいことはないですよね。


3歳の女の子が言うことを聞かない、

イライラしてしまうこともあると思います。


そんなときはご紹介した対処法を1つずつ実践してみてください。


→「子供がいうことを聞かない!イライラすることに疲れ果ててしまっているあなたへ 」の記事はこちら。いますぐチェック!

タイトルとURLをコピーしました