二重あごをなくす方法、短期間で解消できる!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

二重あごを解消するには、脂肪をおとす

他にたるみやむくみを解消する必要があります。


私は全体的なダイエットに成功しても、

顔まわり特にあご下の丸みが消えにくいことが悩みでした。

同じ経験をしている方がたくさんいるのではないでしょうか。


二重あごの原因は、脂肪だけでなく

凝り固まった筋肉がたるんでいたり、

むくみが原因となる場合もあります。


「太っていないのになんで…」と

悩んでいる方はこれがポイントなのかもしれません。


今回は多くの人がシャープなあごを

手に入れるための方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

短期間で二重あごをとる方法 ①食事の仕方を意識する

咀嚼回数を増やすことがとても効果的でおすすめです。

昔と比べて現代は、柔らかいものを

食べることが増えると言われています。


こうしたことから顔が小さい人が

増えているとされていますが、

咀嚼回数が減ることで顎の筋肉が衰えやすく、

たるみにつながりやすく二重あごにつながってしまいます。


二重あごに改善のほかにも良く噛んで食べることは、

唾液分泌を施すなど体にとって良いことも

たくさんあるので意識していきましょう。

短期間で二重あごをとる方法 ②姿勢を正す

姿勢を正すこともとても大切です。

デスクワークで長時間座っている方は

とくに多いのではないでしょうか。


「猫背」。肩よりも顎が出ている姿勢は、

たるみの原因になりますよ!


胸を張り姿勢を正すことで首が長くみえ、

あごの肉を落とすほかに首を長く見せることもできます。


また、スマートフォンを頻繁に触る人は

自然と顎が下に下がりることで、

あご周りの筋肉が垂れ下がってしまいます。


なるべく顔を上げてスマートフォンを

触るようにすることをおすすめします。


現代ならではの習慣ですが、スマートフォンに

囚われすぎずまっすぐ前を見て歩くことも美の秘訣ですね。


どうしても、仕事でデスクから離れられない方や

スマートフォンを手放せない方は、

小休憩がてら首を回したり肩を動かしたり、

伸びをしたりとストレッチを挟み、

あごや首まわりのリンパの流れを良くしておきましょう。

短期間で二重あごをとる方法 ③呼吸法

口呼吸をしてしまう方いませんか?


私も慢性的に鼻が詰まっていてその一人なのですが、

この呼吸法も二重顎の原因です。

自然と空いてしまう人は気づいた時に

意識的に閉じてみましょう。


口が空いている状態は顔の筋肉をほとんど使わず、

たるみに直結します。また、項目2でも述べたように、

口呼吸は猫背にもつながってしまうようです。。


口呼吸は口の中が乾き、雑菌が増え、

口臭や虫歯にもつながってしまうので、

一刻も速く口呼吸が癖になっている方は、

直していきたいですね。

短期間で二重あごをとる方法 ④効果的なマッサージ

続いて「脱二重あご」のためのマッサージをご紹介します。


簡単にできるものなので、テレビをみながら、

お風呂に浸かりながら、スマートフォンをいじりながら、

お悩みの方はぜひ気楽に実践してみてください。


4−1 首のリンパをながす

あご下から耳の下まで、人差し指、中指、

薬指で優しくフェイスラインを引き上げます。

そのまま首の側面を通して鎖骨まで流します。


力を入れぎず、クリームを使いながら

優しくマッサージするだけで、

首のシワ改善にも効果的です。

これをやると肩こりも軽くなる気がしてます。


4−2 フェイスラインマッサージ

人差し指と中指を折り曲げ、両あごを挟みます。

フェイスローラーのようにフェイスラインに沿って引き上げ、

耳を人差し指と中指で挟み、ぐるぐると回します。


家ではわたしはフェイスローラーを

使って行っていますが、会社や電車など人前だけど

むくみを解消したいときはやはり手でやることが多いです。


4−3 舌をつかったマッサージ①

顔を思いっきり上に上げ首を伸ばした状態で、

舌を上に突き出しキープします。

これを繰り返すことで、顎下や首の筋肉が鍛えられます。


4−4 舌をつかったマッサージ②

上の歯と下の歯に沿うように舌を回し続けます。

それを逆方向にも回し続けると、口周りの筋肉が鍛えられます。


4−5 表情筋を使うエクササイズ

思いっきり「あ」「い」「う」「え」「お」を

発音する時ように口を動かします。

こうすることで表情筋が鍛えられ小顔に近づきますよ。


私はこれのエクササイズをすると

口周りの筋肉にいい負荷がかかり、

リフトアップをすることができました。


マッサージの中でも特に簡単にできるものを

ご紹介しました。お風呂に浸かりながらできますので、

やってみてください。

まとめ

意外にも二重あごの原因は、

皮下脂肪だけではありません。

顔まわりの筋肉を鍛え、

たるみやむくみ対策をしてきましょう。


もちろん皮下脂肪でお悩みの方は

運動や食事改善も必要ですが、

もし体重は落ちたのに顔周りだけ丸いのが気になる方は、

筋トレをしてみてもいいと思います。


またマッサージをする際、

力強くやりすぎると肌の天敵である

摩擦を与えてしまい、肌トラブルの原因に

つながってしまいますので、

優しくやりすぎには注意し行っていきましょう。


意外と私生活を見直すだけで

改善が期待できるものが多いので、

今すぐやってみましょうね。


→「アラフォー過ぎて、食べすぎてないのにどんどん太る!原因と痩せる方法!」の記事はこちら。いますぐチェック!

タイトルとURLをコピーしました