カレー作りを失敗しない方法。おいしいカレーに仕上げる!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カレーって美味しくて、作るのも簡単ですよね。


しかし簡単と言っても、

カレーを完成させるまで何工程もあるうえ、

その工程ごとに美味しいカレーを作る

秘訣が存在しています。


では、少しでも美味しいカレーを

作るにはどうすればいいか、


今回は「カレー作りを失敗しない方法」について、

ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

カレー作りを失敗しない方法 ①下準備はしっかりと

まず下準備で全てが決まることを知っておいてください。


下準備を怠る、つまり美味しいカレーを

作れないということになります。


カレーの具材は何を入れるか、

味付けや隠し味はどうするか、

水の目分量はどれくらいか、何人分作るか、

などを踏まえたうえで、予め準備しておきましょう。


まずは、野菜(ジャガイモ、人参、玉ねぎなど)の

皮を剥いてしまいましょう。


あまり力を入れると、皮だけでなく

身本体までも削ぎ落とすことになります。


野菜を傷つけると、うま味が逃げていくように、

深く削ぎ落とすこともうま味が逃げる原因になります。


皮を剥いたら、次に肉を叩きましょう。

野菜を傷つけるなと言っておきながら、

肉は叩いていいのかと思う方もいるかもしれませんが、違います。


肉は叩くことにより、柔らかくなり、

食べ心地の良い食感になるのです。


あまりにも強くたたきすぎると逆効果なので、

適度な強さで叩いてください。

では、ここで下準備が終了です。

カレー作りを失敗しない方法 ②具材のカット方法

次は具材のカット方法についてです。


ただ具材を鍋にぶち込めばいいわけではありません。

もちろん食べやすいように、

一口サイズでカットする必要があります。


そして、一口サイズでカットする前に

気を付けてほしいことがあります。

それは、具材を繊維に沿ってカットすることです。

繊維に沿ってカットすることで、

型崩れを防ぐことが出来ます。


これは特に野菜に言えることですよね。

型崩れしてしまっては、食べにくいうえに、

見栄えも悪くなりますよね。


お腹に入るなら気にしないと言う方でなければ、

是非、気を付けてほしいと思います。


ちなみにお肉は炒めると縮んでしまうので、

一口サイズよりちょっと大きめで

カットしても良いかもしれません。


ここは男性、女性とで一口の大きさが分かれるので、

食べる方に合った大きさでカットすれば、なお良しですね。

カレー作りを失敗しない方法 ③炒める重要さ

次に炒める重要さについてです。


まさか具材をカットしたらそのまま鍋に入れて、

ルーと一緒に煮込んだりしませんよね?


これは絶対にしてはいけません。

なぜなら炒めることによって、

野菜の味がより深くなり、美味しくなります。


そして、野菜が若干茶色になってきたら、次にお肉を入れましょう。

野菜 → お肉の順番で炒めるのが一般的です。


お肉には、何も味付けは必要ありませんが、

もっと凝ったカレーを作りたいのであれば、

胡椒や塩、香辛料などでまぶしてやると、

さらに美味しくなりますよ。


これは人それぞれなので、

気になる方は一度やってみてください。

カレー作りを失敗しない方法 ④上手に煮込むには?

具材を炒めたら、最終工程の煮込み作業に入ります。


ここは焦らず慎重に!


まず絶対に守ってほしいのが、

水の目分量をしっかりと測ることです。


水の目分量が多すぎると、

びちゃびちゃした味の薄いカレーになってしまいます。

逆に少なすぎると、ドライカレーみたいになってしまいます。


予め目分量を把握しておけば、

焦らず間違えることはなくなります。


次にカレーのルーを入れて煮込むのですが、

ここで一旦火を止めてしまいましょう。


なぜなら、火を止めた状態でカレーのルーを溶かした方が、

ダマになりにくく、いい感じに仕上がるからです。


そして、ルーが溶けたら弱火で10~15分ほど煮込みましょう。

この際に、カレーをしっかりとかき混ぜながら、

煮込むのが大切です。


かき混ぜずに煮込み続けたら、

カレーの底が焦げてしまって、

せっかくのカレーが台無しになってしまいます。


私自身がこの経験を何度もしているので断言しますが、

焦げたカレーは本当においしくありません。


しかも、焦げカスがカレーの上に

ポツンと浮いているのを見ると、

食欲が減退します!


さらに、鍋底に焦げカスがくっついてしまって、

取れなくなるなんてこともあります。

そうなると最悪、買い替える必要も出てきます。


なので、最後の力を振り絞る感じで、

煮込む際はしっかりとかき混ぜることを

心に留めておいてくださいね!

カレー作りを失敗しない方法 まとめ

今回は「カレーを失敗しない方法」として、

初心者の方向けに紹介しましたが、

初心者ではない方も気を付けてほしいです。


今回書いた中で、経験者であっても、

知らないことがあったはずです。


もしあったのであれば、

次回カレーを作る時はその内容を試して、

美味しいカレーを作っていただけたらと思います。


→「卵焼きを失敗しても慌てずに!おいしくリメイクする方法」の記事はこちら。いますぐチェック!

タイトルとURLをコピーしました