マカロニグラタンを失敗しないコツ!美味しく作る方法!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マカロニグラタンは作るのが

難しいイメージがありませんか?


カレーやハンバーグに比べてあまり、

作ることが少ないかもしれませんので、

どうしても難しそうなイメージが付いてしまいがちです。


しかし、今回紹介することをおさえれば、

簡単にマカロニグラタンを作れるようになりますよ。

では、早速参りましょう。

スポンサーリンク

マカロニグラタン失敗しない方法 ①ホワイトソースを作る

まずは初期段階のホワイトソースを

作るところから、入っていきましょう。


まず材料は小麦粉、バター、牛乳です。

ホワイトソースを作る際に重要なのが、牛乳の足し方です。


何が言いたいかと言うと、牛乳を全部一気に

入れて混ぜてしまうのはやめましょう。


牛乳は数回(3~5回ほど)にわけて、

少しずつ足していかないとダマになり、

ホワイトソースが台無しになります。


ここのホワイトソースを上手に仕上げないと、

グラタン本体がベチョベチョになったりと、

美味しさが激減してしまいます。

牛乳は少量で足していってとろみが出るよう、

丁寧に念を入れて混ぜてくださいね。

(「美味しくな~れ、美味しくな~~れ」、と口に出すと尚良しです!)


ホワイトソースはグラタンの代名詞であるので、

手を抜いていられないですよね。

マカロニグラタン失敗しない方法 ②マカロニを茹でる

マカロニは柔らかすぎない程度に茹でるのが、

美味しく作るコツになります。


最近は市販でも、多少は茹ですぎたとしても、

しっかりとした食感を残してくれるマカロニが売っています。


そして予め、茹で湯に少量の塩をプラスすれば、

程よい風味のマカロニに仕上がります。


なので、時間をしっかり守れば

ミスをすることがほとんどないので、

ここは焦らずに余裕をもって行きましょう。

マカロニグラタン失敗しない方法 ③具材を炒める

具材は鶏肉、玉ネギが一般的ですよね。

人によっては、ジャガイモ、エビ、ブロッコリー

などもチョイスするかもしれません。


具材を炒める順番ですが、

鶏肉 → 玉ネギ(その他の野菜)がベストらしいです。


炒めている途中で、胡椒や塩、

コンソメ粉末などを足していくと、より美味しく仕上がります。


ある程度玉ネギに焦げ身が付いて来たら、

次のステップへ行きましょう。

マカロニグラタン失敗しない方法 ④ホワイトソースを具材に混ぜていく

ここで、炒め物にホワイトソースを混ぜていきます。


先ほど、ホワイトソースにとろみが出るまで混ぜると言いましたが、

炒め物に混ぜたら、もう一度、

とろみが出るまで混ぜてください。


というのも、野菜には水分が多く含まれているので、

ホワイトソースと混ぜると、水分の比率の問題で、

ベチョベチョになる可能性があるからです。


少々手間がかかるかもしれませんが、

具材にホワイトソースを足す際は、

再度、とろみが出るまで混ぜてくださいね。

(※ここで、とろみを調整する際は、

牛乳を数回に分けて、少量ずつ入れてください。)

マカロニグラタン失敗しない方法 ⑤何か盛り付けを

混ぜ終えたら、最後に盛り付けが必要です。

ここでの最低限必要な盛り付けは、チーズ、パン粉になります。


私のおススメのチーズは、十勝産のとろけるチーズです。

昔からチーズが好きで、よくチーズを食べていましたが、

やはり十勝産のチーズが一番食べやすいですね。


十勝産チーズは、匂いがきつ過ぎず、

かつ程よい味がして、チーズが苦手な方も食べやすいと思います。


もし、チーズ選びに迷ったら、

とりあえず十勝産のチーズを選んでみるのが良いかもしれません。


そしてグラタンと言ったら、

チーズをのせるのが普通だと思いますが、

パン粉を塗すことも大切です。


パン粉を塗すことにより、表面がカリカリに仕上がり、

中身のとろみとマッチするので、おススメです。


パン粉は、どこにでも売っているような市販のパン粉で十分です。

ぜひ忘れずに、パン粉を塗してくださいね。

マカロニグラタン失敗しない方法 ⑥焼く

最後はオーブントースターで、焼いて終了です。


焼く際の注意点ですが、タイマーのメモリの

設定ミスだけは防ぐようにしましょう。


「何、スゴイ当たり前のことを言っているの?」

と思われるかもしれませんが、

グラタンの量、皿の材質、具材などによって、

焼く時間と火力が変わります。


ここは作る前に、予め調べておく必要があるので、

分からない人は焼く前にはしっかりと調べてください。


最近だと、オーブントースターに料理によって、

自動的に焼き具合を調整してくれる商品も増えてきたので、

そちらを購入してみるのも良いでしょう。


ここで、焼き終えたら完成です。

外はカリカリ、中はトロットロに仕上がっていたら大成功です。

マカロニグラタン失敗しない方法 最後に

マカロニグラタンは難しそうで、

慣れればそこまで難しい料理ではありません。


「炒める順番を知ること」、「とろみの調整に慣れること」

については若干難しいかもしれませんが、

コツをつかめば、すぐに上達するはずです。


もし、まだマカロニグラタンを作ったことが無い人は、

ぜひ参考にして作ってみてくださいね!


→「カレー作りを失敗しない方法。おいしいカレーに仕上げる!」の記事はこちら。いますぐチェック!

タイトルとURLをコピーしました