妊活が原因のノイローゼで悩んでいる方へ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最近では、妊活というワードも

頻繁に耳にするようになりました。


日本では、3組に1組が不妊に関する

悩みを抱えていると言われています。


「妊活」とは「忍活」とも言われるほど、

想像以上に大変なのです。


つらい不妊治療や先の見えない妊活で

焦りを感じてしまい、

ノイローゼになってしまう人も多くいます。


最悪の場合、妊活が原因で離婚にまで

発展してしまうこともあるとか。


そうならないためにここでは、

妊活と上手に付き合っていく方法をご紹介していきます。

夫婦で妊活を乗り越えるためにぜひ、参考にしてください。

スポンサーリンク

妊活でノイローゼにならないために見つけておくべきこと

妊活には、ストレスを溜めないことが

大切だとわかっていても

常に赤ちゃんの事を考えてしまいます。

そのような状態だと身体に負担がかかってしまいます


ストレスを溜めないために

ストレスを忘れて没頭できるものを、

趣味を見つけましょう。

ファッションやメイク、読者や映画など

赤ちゃんのことを忘れる時間は必要不可欠です。


また、アロマテラピーやマッサージなど

癒し効果のあるものも効果的です。

自分にあうストレス発散法を見つけてください。


赤ちゃんのことを考えない時間が持てることが、

長い妊活を乗り越え得られる方法の一つと言えるでしょう。

夫婦で妊活と向き合い、同じ気持ちを忘れない

妊活でノイローゼにならないために大切なのは、

夫婦間で同じ気持ちで取り組むことです。

妊活では、どうしても女性の負担が大きくなります。


女性側は、不妊治療や食事、身体に気を遣います。

赤ちゃんを授かるのは、女性なので

取り組む内容が多くなるのは仕方のないこと。


そして、なかなか結果がでないと

「こんなにいろいろ頑張っているのに・・・」

と気分が落ち込み、深刻なノイローゼになってしまいます。


一方、男性側は、そのような女性のイライラを当たられ、

また妊活において取り組めることが少ないことから

肩身の狭い思いをしまいがちです。


そのせいで「頑張っていない」などと

一方的な非難を浴びて

ノイローゼになってしまいます。


サポートする側の男性が

ノイローゼになってしまえば、

妊活はうまくいかないでしょう。


そのような状態でなかなか授かれないことや

年齢などでさらに焦りがでてしまい、

夫婦でノイローゼになってしまうケースも存在します。


そうならないためにも、一緒に頑張っている

パートナーと同じ気持ちで妊活をするからこそ、

助け合え、時には不満を聞きあうことで

ストレスをうまく発散できるようになります。


お互いに認め合い、同じ気持ちで

取り組むことで結果的に、

夫婦間の絆を深めることができるでしょう。

夫婦で同じゴールを決め、取り組む

長い時間の妊活になると金銭面でも負担が出てきます。

人工授精や体外受精などを視野に入れる段階だと費用が増え、

結果がでないストレスに加え、コスト面でも不安が出てきます。


そのようなとき、重要なのが

夫婦で妊活のゴールを決めることです。

妊活といってもどこまで取り組むのか

最初に決めておくことをおすすめします。


ネガティブな内容を考えることは

おすすめはできませんが、

どこまで取り組むかを決めておかないと

長い時間妊活を続けるうえで

夫婦の意見の違いが出てきてしまいます。


子は授かりものである以上、夫婦だけの生活も

視野に入れて取り組むことで執着することなく取り組めます。


どんなことでも行って絶対に赤ちゃんを授かりたいのか、

負担のない程度の妊活をずっと行うのかなど

ゴールを決めることで夫婦間の温度差や

考え方の差をなくすことができます。

自分を認めてほめることを忘れない

どうしても長い期間の妊活だと

自分をマイナス評価してしまいます。

自分に原因があると思い込み、

ふさぎ込んでしまうと身体に良いわけありません。


自分を褒める時間を設け、

「よく頑張っているよ」と自分自身へ

声に出してあげることで気持ちをリセットできます。


朝起きてからや寝る前など

毎日決まった時間に行えば、

ストレスで我を忘れているときでも行えるでしょう。

専門クリニックへ相談する

自分たちでどうにもできない場合には、

夫婦でクリニックにいくことをおすすめします。


夫婦で一緒にいくことで第三者である

医師から妊活の大変さを夫へ伝えてくれます。


また、妊活に対するサポートの仕方を

知ることができます。不妊治療は、

どうしても女性側の負担が大きいものです。


夫にも治療上の役割はもちろんありますが、

実際に薬を飲んだり、注射を打たれたり、

痛い検査を行う女性の大変さや辛さを

知ってもらうことができます。


そうすることで夫のサポートを得られ、

また、女性に対する態度や接し方も変わり、

ノイローゼから解放してくれるでしょう。

まとめ

妊活でノイローゼになると自分自身では、

解消することは難しいです。


そうならないためにも妊活の大変さを知り、

どう対応していくか考えながら取り組むことをおすすめします。


また、夫婦で取り組むことを心掛け、

一緒に乗り越えていきましょう。


→「妊活のタイミングが合わない時のイライラ解消法!妊娠しやすい身体作り」の記事はこちら。いますぐチェック!

タイトルとURLをコピーしました