自宅でできる肩幅を狭くするトレーニング!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「女性らしさ」とは良く言いますが、色々とありますよね。


小顔や綺麗な髪の毛、セクシーな身体つきや大きな目、

痩せた肩など、個人の好き好きもありますが

一般的にらしさはこんな感じかなと思います。


でも、分かっていてもこれらを達成する為には、

どこから?そしてどうやって?

それをすればいいのか分かりませんよね。


なのでちょっとした事で変化を体感出来る

トレーニングをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

肩幅を狭くするにはジムに行く?いいえ、自宅で出来ますよ!

今回、女性の悩みの中で「肩幅が広い」と言う悩みがあります。


確かに肩幅が広いと、体型がガッシリ見えてしまい

男性的な見られ方をされてしまう可能性もありますよね。


そして肩幅が広いとノースリーブが着れなかったり

服に対しての障害となっている事が分かりますね。


しかし、肩幅を何とかするなんて

整体やジムに行かないと無理だよね?とお思いでしょう。


ところが何と!自宅でのトレーニングで解消する事が出来ます。


次項にて、その肩幅が広く見えてしまう

原因と対応策について触れていきたいと思います。

今日からできる肩幅を狭くするトレーニングをご紹介!

まず、なぜ肩幅が広く見えてしまうのか?

その原因をご説明させて頂きます。


1つは「二の腕の太さ」にあります。

二の腕は肩周辺にあり、脂肪がついたりむくむ事もあります。


これにより、腕を下ろした状態で鏡を見ると

肩幅が広く見えてしまうのです。


もう1つは「肩甲骨」が大きく関係してきています。

基本的に上半身の骨格は肋骨とつながる事で安定性を保ちます。


しかし、肩甲骨はほぼ独立しているので

筋肉などで安定をさせなければなりません。


その為、肩甲骨の筋肉が衰えてしまうと

骨格の位置がずれてしまい結果的に

様々な弊害が起きてしまうのです。


主に肩甲骨が開いた状態が続くと肩幅が広く見える要因

にもなりますので、それが分かれば

しっかりとした対策も可能なのです。

肩幅を狭くするトレーニング方法!

さて、それでは実際にどんなトレーニング

をするのかを見ていきましょう。


二の腕を鍛えるには上腕三頭筋や

上腕二頭筋を刺激する必要があります。


それは逆腕立て伏せとも呼ばれる方法で

椅子などに両手を置き上半身を上げたり下ろしたりします。

これを「リバースプッシュアップ」と言います。


両手は身体を支える様にしっかりと持って

10回をワンセットにて2~3セットを行って下さい。


肩幅を狭くする事でもう1つ重要なのは

肩甲骨周辺の筋肉に刺激を与える事です。


これはストレッチをするのが最も有効と考えられています。

ストレッチは筋肉に柔軟性を与えて

骨格の可動域を広げていくのです。


結果的に肩甲骨が元に戻りやすくなるので

肩幅が狭くなると言う考え方なのです。


肩甲骨のストレッチでは肩を回す動作がとても有効な手段です。

その方法はとてもシンプルで簡単です。


両手をそれぞれの肩に軽く乗せて

ぐるぐると回すだけでオッケーです。

そしてポイントは肩ではなく、肩甲骨に意識を集中する事です。


最初は前回し10回、後ろ回し10回を行いましょう。


これらを実施するには身体が温まって

ほぐれているタイミングがベストなので、

お風呂上がりがとても良いと思います。


そして、肩甲骨の回りの筋肉をほぐす動作は

その他にヨガのポーズなどもあるので

色々と試してみてはいかがでしょうか。


そして、肩周りの脂肪を取る為の

トレーニングではこちらもオススメです。


肩痩せトレーニングは単純に、

肩周りの脂肪を取り、肩幅を狭くするので

こちらも直接的に影響があるので是非とも試してみて下さい。


まず、上半身を反らすエクササイズですが、

うつ伏せに寝て両腕を前にまっすぐ伸ばして下さい。

足は肩幅程度に開いて、胸を反らしましょう。


そして2つ目は、腕を後ろで上に上げるエクササイズです。

方法は両手を後ろに回して組み、

背中を反らさないよう注意しながら腕を上げて下さい。


最後に3つ目は肩を上げ下げするエクササイズです。

胸を張った状態のまま頭を動かさない様にして肩を上に上げ、

その後脱力して肩を下げます。


肩を上げ下げするエクササイズは座りながらでも出来るので、

デスクワークの合間にでも出来ますので、

日常的に意識してやってみて下さい。


いまなら自宅でエクササイズができる、フィットネスサービスが

無料で受けられます。以下をぜひチェックしてみてください!

        ↓


そして、ある意味究極の肩幅を狭く見せる

対策についてですがズバリ

「思い切って肩を出すファッションで工夫する」事です。


女性は特に、コンプレックスの部分を

隠そうとする意識が働いてしまいますが、

かえって隠してしまうとその部分が目立ってしまいます。


なので思い切って肩を出すファッションに

チャレンジするのも大切な事です。


その中でオススメなのがVネックです。


肩を大胆に出すオフショルダーも人気があるので

発想の逆転でお洒落を楽しんではいかがでしょうか。

肩幅を狭くするトレーニングによる副効果!

そして、このトレーニングには肩幅に

対するメリットの他に身体に良い副効果もあります。


まず1つは、肩甲骨が安定するので姿勢が良くなります。


姿勢が良くなると言う事は、

胸がグッと前に出るような形になりますね。


女性としては胸の位置が上がるので

バストアップ効果にも繋がります。


そして、ウエストもキュッと絞れて来るので

女性らしい体型になる可能性があるので、

嬉しい副効果が沢山期待出来ますね。


さぁ、これまでご説明したトレーニングは

そこまで難しい内容ではないと思います。


そんな一石三鳥!?なトレーニングが

ジムに行かず実施出来るとなれば

もう即実践するしかないですよね!?


もちろん、自身の健康の為に、

毎日少しずつが大切になりますので、

その心掛けを忘れずに実践をお願いします!


自宅でできるフィットネスサービスがいまなら無料!

お家で本格的なエクササイズするために、ぜひチェックしてみてください!

        ↓


→いま話題の「リーンボディ」の体験記事はこちらです。今なら2週間無料で350種類以上のエクササイズが受けられるし、万が一、合わなかったら2週間以内に退会すれば、一銭もかかりません!ぜひ、無料体験をお試しください!

→「家で出来る筋力トレーニング!特に女性は、いま必見!!」の記事はこちら。いますぐチェック!

タイトルとURLをコピーしました