10万円給付の使い道!どう使う?自分のため?世のため人のため?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

連日コロナウィルスのニュースが絶え間なく流れてきます。


その中でも志村けんさんや岡江久美子さんの

訃報は衝撃を受け、未だ受け入れる事の

出来ない事実でもあります。


東京都内だけでなく大都市から地方まで感染が拡大し、

終息がなかなか見えない時代となってきました。


そして、そんな中で国や自治体からは

個人の外出自粛や飲食店などの

営業自粛要請がありました。


遂には政府からの緊急事態宣言もあり、

世の中は最低限の外出に留まらざるを得なくなりました。


その対策に、資金繰りの苦しい個人経営店や、

日雇いやフリーランスなどのワーカーには

極めて苦しい懐事情となってしまったのです。


この事態を重く受け止めた政府は

「国民一律10万円の給付金」の措置を取りました。


ここに辿り着くまでには相当長かったので

既に疲弊しきっている人には救いの措置だと思います。


しかし、そもそも10万円と言う金額は適切なのか?

また、どう使うべきなのか?

色々なパターンを考えながら当てはめてみましょう。

スポンサーリンク

10万円給付に至るまでの経緯

そもそもコロナウィルスの報道をされ

始めたのは2月に入って間もなくの

「ダイヤモンド・プリンセス号」での感染拡大でしたね。


ここで上手く拡大しない措置を取れていたら

ここまで大騒ぎにならなかったのでしょうけど、後の祭りでした。


それから冒頭の様な流れになってきたので、

政府は「仕方なく」10万円を一律給付すると決めたのです。


10万円給付に至るまでには「和牛券」や「お魚券」、

そして「条件付き一世帯30万円給付」の流れとなっていました。


そしていつの間にか「一住所にマスク2枚」となってしまい

野党と国民が一斉に声を上げて現在に至った訳ですね。


給付決定までになかなか重い腰を

上げられなかったのは些か残念な気持ちですが、

一ヶ月遅れてやっと安心したのではないでしょうか?

結局リターンする可能性の高い給付金

さて、富裕層も貧困層も一律10万円なので

使い方は勿論、千差万別となるでしょう。


ここでモデルケースとして、

電車の通っていない地方の一軒家に住む

4人家族を例に見ていきましょう。


給付金が振り込まれる頃には

一軒家(土地)に掛かる「固定資産税」と

車を所有していると掛かる「重量税」

重くのしかかってきます。


仕事が減り、残業出来なくなった為、

振り込まれる給料はかなり

少なくなった人も多いでしょう。


そんな、日々の生活だけで

趣味や娯楽にお金を掛けられない人は

大きな税金や保険料などの支払いで

終わってしまう場合もあります。


その中で税金に注目すると、税金は

結果的に国に戻っていくお金となります。


従って、この場合だと…。

大人2人、子供2人の世帯で
一戸建て、車2台持ちの場合
一律10万円/人の給付で

一世帯40万円の給付金がもらえます。


しかし、この時期に来る税金として
・固定資産税(8万円)
・重量税(3.5万円×2台)
合計:15万円 が最初に消えてしまいます。


給付金より2つの税金を差し引きます。
・給付金40万円-上記15万円=25万円


そして残り25万円で日々の生活に

必要なものを購入したり保険料を

支払ったりすると全て消費税が

10%掛かるので2.5万円は税金分となります。


残金から更に消費税を引きます。
・15万円+2.5万円=17.5万円


その結果、政府から給付された

43%は税金でまた国に戻る事になってしまいます。


あくまで一例なのですが、

どの道「消費税」だけ考えても

給付金の10%は必ず国へリターン

してしまうので事実上

9万円分の給付となっています。


これだけ見ると、いかに給付金を出すまでに

渋っていた政府の対応が遅かったか分かりますよね。

給付金の活用案を考えてみよう

とにかく、上記の場合でも17万円以上は

一世帯で自由に使える金額なので

有効に使いたいですよね。


勿論、日々の生活費でなくなってしまう事

もあるでしょうし一概に自由に使えるとは言えません。


それでも「有効に」使いたい場合は

以下の様な使い方はいかがでしょうか?


・給食や結婚式場での余剰品を購入する

→これだけではないですけど、

学校関係や冠婚葬祭関係のダメージは深刻です。


これを救うまではいかなくとも、

少しでも出来る事と言えば

廃棄せざるをえなくなった

給食の余りや引き出物などの

余りを買うことだと思います。


廃棄ロスの低減だけでなく、

少しでもその会社の売上になれば

廃業まではいかないと思います。


そして、買う側にも定価(販売価格)の半値近く、

又はそれ以上の値引き率で

美味しい商品が購入出来るのです。


これならばお互いにWin-Winの関係に

なれると思いますので、ネットショッピング等を

色々と見てみてはいかがでしょうか?


あとは、やはり自宅で過ごす事が

大変多いので部屋で快適に過ごす為

の使い方もいいと思います。


1つはデリバリーやテイクアウトでの

食事を楽しむのも有りですよね。


最近ではピザや寿司や牛丼以外でも

様々なお店がテイクアウトやデリバリーをやっております。


なので、ガストなどでテイクアウトをして

お家ファミレスを楽しんでもいいですね。

もちろん、セルフドリンクバーもつけましょう。


もう1つは家の中で過ごす時間が長い

と退屈してしまいますよね。


そんな時はゲームやマンガなどに

没頭するのも有りですよね。


臨時収入だと割りきれば

普段購入(課金)出来ないものにも使えるので、

思いっきり見たいマンガや

やりたかったゲームに費やす事も出来ます。


選択肢は色々とありますけど、

あくまで今回は一回限りの給付金の

可能性が高いので派手に使いすぎない事は

意識した方がいいですね。

給付金についてのまとめ

色々とありましたが、

こんな気分が落ち込んでしまう様な

時期だからこそ様々なチャンスがあると思います。


まずはご自身の家族や財産を守り、

その上で有意義や使い方をすれば

「活きた給付金」として世の中を好循環すると思います。


最終的には必要以上に使わないで貯めておき、

コロナが終息し外出もしやすくなった時に

沢山観光地へ還元してもいいかなと思います。


人間は我慢すればするほど

反動が凄くなると思うので、

いざと言う時に散財し過ぎない様に

気をつけてその日が来るのを待ちましょう。


→「流行するZOOM飲み会の危ない事実とその対策について」の記事はこちら。いますぐチェック!

タイトルとURLをコピーしました