面倒な衣替えをしない収納方法!らくらくミニマム編

スポンサーリンク
スポンサーリンク

手間がかかって面倒な衣替えは、

出来る事ならスルーしたい!


それならば、季節で衣類を

入れ替えない収納方法が一番です。


片付け不得意ランキング上位に、

服の収納がよく上がっています。


増えて収集がつかず、形や素材に

よって扱いにくい事も原因ですね。


苦手なことはもうしない!

季節の変化も余裕でクリア!


これからは衣替えしない

ラクラク収納方法を実践してみましょう。

スポンサーリンク

収納スペースを決め衣類を減らす方法

まず、服の収納に便利な場所と

スペースを限定します。


いつも着替えをする場所と

リンクする位置の収納がいいですね。


着替える場所と収納の距離が

遠いほど片付かなくなるので、極力一か所で

完結できるスペースを確保しましょう。


場所を決めたら、

収納スペースと収納アイテムも限定します。


このクローゼットと

整理ダンスとBOXだけにする、という感じです。


使い勝手が悪いものや、

出し入れしにくい場所はなるべく避けて、快適に

動作できるようにイメージしておいて下さい。


着替えと収納の場所、スペースを決めたら、

一度中身を全部出して空っぽ

にしてしまいます。

出した衣類は一か所にまとめて置きます。


別の場所にしまい込んでいる服や、

アチコチに引っ掛けてある衣類も全て

回収して同じ場所に積み上げておいて下さいね。


さて、空っぽにした収納スペースと

服の山を見比べてみましょう。


比率が合わないことに気付いたら、

4の山に仕分ける選別開始です。


①毎日頻繁に着用するアイテムの山

②出番が多く便利なアイテムの山

③冠婚葬祭とっておきの一張羅の山

④着るか着ないか不明の山。


④以外の3つの山は確保した

収納スペースに収まる量でしょうか?


入り切らない場合は③も外してみて下さい。

①②は収まりますか?


次に、①と②の中から重複する衣類の数をグッと減らします。

白シャツ10枚あるのを5枚にする、

タイツ20本を5本に絞る感じです。


選ばれなかった衣類は④の山に

取りあえず置いておきましょう。


晴れて収納される衣類たちが選ばれました!

厳選できましたでしょうか。

季節分けをやめてアイテム分け収納にする方法

家族や衣類が多い家ではどうしても、

シーズンオフは奥へ、オンシーズンを引っ張り出す、

という衣替え作業が必要でした。


普段使いの整理ダンスや洋服掛けは

オンシーズン物で満杯で、オフの衣類

が入る隙間すらない状態ですよね。


では上記のように、思い切って

衣類の所持数をグンと減らす事ができたら

どうでしょう、収納に余裕が生まれると思いませんか?


アイテムごとに整理してまとめ、

オールシーズンの衣類を入る分だけ所持

するように気を付けて、無闇に増やさないよう意識します。


シャツの収納には、夏物から冬物まで

全てのシャツが収まっているという

収納ができたら、もう衣替えをする必要がなくなります。


整理整頓がしやすくなって、

片付け上手になります。


本当に使うものだけを所持して、

大切に扱う丁寧な暮らしにもなります。


季節の衣類箱にはせず、年間を通して

使える衣装ケースに改良して、もう衣替えをする

必要がないスッキリ収納にチャレンジしてみて下さいね。

基本ドレスコードを限定して衣替えナシの収納を目指す

季節の衣替えをしなければならないのは、

衣類の持ち過ぎがネックである

ことが分かってきました。


衣替えをしない収納のためには、

実用的で必要なものだけ持てばいい、

という事も分かりました。


でも、処分に踏み切るのは

なかなかの勇気がいります。


あまり着ていない新品同様の服や、

懐かしいお気に入りは特に悩みます。

そんな時は、面倒でも一旦

着てみるのがおススメです。


何故あまり着ないのか、何故ずっと

しまわれたままなのかが分かります。


なんか似合わなくなってる、

微妙に着心地が悪い、着る機会がない。

そんな服たちが場所を取り、眠り続けていたんですね。


着回しが良く、自分にピッタリの

気持ちの良い服だけをピックアップして

みて下さい。それが自分の基本ドレスコードとなります。


2~3年袖を通していない服は、

ここで思い切ってしまいましょう。

この1年で活躍してきた服だけを収納してみましょう。


これで、衣替えしない収納が出来上がります。

スッキリした新鮮な気分になれると思います。

衣替えしないためのインナー調節もひとつの方法

衣替えをしないですむ収納方法から、

余分な衣類を処分するお話しに熱が

入りましたが、ひとつ思い出した

ことがあるので記しておきます。


捨てるか否かで迷ったものの中に

〈ちょっとした上着〉というアイテムが

けっこうな数ありました。


レーシーなカーディガン、こ洒落たボレロ、

UVカットパーカーなどです。


全く着ることのないまま、

もしもの場合に備えて何着も持っていたのです。


普段自分が着まわしている服に、

何の役にも立たないまま保管してきたと

いうことは、これからもきっと出番は回ってこないはずなのです。


不安定な寒暖の差には、インナーで

調節すれば対応できます。


機能的なインナーがあれば、

いつも通りの服装で迷うこともありません。


衣替えをしない収納方法を目指して

工夫を重ねた結果、服の管理が楽になり

年間通して服装に迷うことがなくなり、

余計なお買い物をしなくなりました。


ひとつ買ったら、1~2減らす。

ひとつダメになったら1着買い足す。

こんなサイクルで、衣替えする必要

のない収納をキープしてみて下さいね。

衣替えしない収納方法 まとめ

今回は衣替えをしなくて済むように、

ミニマリスト的な収納方法を

ご紹介しました。


どうしても衣類を減らすことが

出来ない場合は、クルッと回転して

衣替え完了の両面チェストなど、

簡単アイテムが便利です。


出したり入れたり大掛かりな

手間をかけずに、季節のお洒落を満喫

して下さいね。


→「傘のいや~な匂いは、重曹を使えばスッキリ取れる!」の記事はこちら。いますぐチェック!

タイトルとURLをコピーしました