紫陽花の鉢植えで初夏を彩ろう。植え替え時期は?育て方は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

例年、雨とともに私たちを

さわやかにしてくれる紫陽花。


紫陽花で有名な観光地には

毎年多くの人が訪れます。


でも紫陽花を家で楽しめたら

良いですよね。実は紫陽花は

鉢植えでもOKなんです。


この記事では鉢植えの育て方や、

植え替え時期などを紹介します。

スポンサーリンク

なぜ紫陽花の鉢植えは人気?


最近、紫陽花の鉢植えは見頃になると、

花屋やネットショップでも

たくさん売り出されています。


その背景には、マンション・

アパートで暮らす人が多いことが

挙げられるかもしれません。


また、紫陽花は大きく成長するので、

庭のスペースを考えて鉢植えにする人もいます。

 

他にも、鉢植えがプレゼントとして

便利なので選ぶ人もいます。

紫陽花の見ごろの時期に

かぶる花が少ないということも考えられます。


また、最近はヨーロッパで

品種改良されたカラフルな

紫陽花が多く市場に出ているので、

紫陽花自体の人気も高まっているといえます。

紫陽花ってどんな花?

そもそも紫陽花はどんな花なのでしょうか?

実は、紫陽花は昔から日本にあった花です。

古いところでは、万葉集の

2つの歌の中にも出てきています。


それらの歌は、次々に色が

変わっていく紫陽花の特徴を使って、

一つは「移り気」を、もう一つは「新鮮さ」

を表しているそうです。


現代ではすっかり梅雨の花

として定着した紫陽花ですが、

実は花が咲く時期は5~7月ころと幅が広めです。


花が咲いた後は、11月~3月頃まで

枯れたように見える状態で冬を越します。

次の年になればまた葉が出て花が咲きます。


さきほど色が変わることに触れましたが、

これが紫陽花の面白さでもあり、

特定の色が見たい人にとっては悩みの種でもあります。


これは、花に見える部分

(実際は「(がく)」という花を支えるもの)が、

土が酸性なら青っぽい色になり、

アルカリ性なら赤っぽい色になる

という性質があるからです。


日本では、紫陽花はほとんど

梅雨の時期に咲くので、酸性の雨の影響も

あって色が青っぽくなることがあります。

(品種改良で白い色などの紫陽花もあります)

紫陽花の鉢植え―育て方は?植え替え時期は?何に気をつければよい?

紫陽花の鉢植えは、

それほど難易度の高いものではありません。

以下のポイントを押さえれば

普通の人でもきれいに咲かせることができます。


・苗を鉢に植え替える

紫陽花の苗を買ったら、

苗のポットよりも一回り

大きめの鉢に移し替えます。


鉢に半分ほど土を入れておいて、

そこに苗の土をほぐして置きます。


残りの土を入れて

苗が固定されるように

しっかり押さえます。


たっぷり水を入れたら

移し替えは完了です。


紫陽花の色を赤系か青系にしたい場合、

それぞれの色にするために酸性・

アルカリ性を調整した土が

ネットでも売られているので、

それを使うとよいかもしれません。


・肥料

紫陽花は肥料を与えると

きれいに育ちやすくなります。

雨の影響で紫陽花の色が

変わるのを防ぐためには、

後から青は酸性、

赤はアルカリ性の

肥料を足すとよいそうです。

 

花が枯れた後冬の間にも

肥料を与えると、次の年に

きれいな花を咲かせる

栄養を貯めておくことができます。


・置く場所

紫陽花は少し日光が当たる程度

の湿った場所で育てるのが

適していますが、日のよく

当たる場所でも咲くことができます。


・水やり

紫陽花は乾燥するのを嫌うので、

こまめにたっぷり水をやりましょう。

土が乾燥していたら水が足りていない

サインなので気をつけてくださいね。


特に日の当たる場所で育てていると

すぐに水が必要になります。日差しが

強い日は少し陰に置いておくとよいかもしれません。


・手入れ、剪定

紫陽花の花は枯れた後も、

しばらく枝に残っています。

他の部分に栄養がいくように、

花は枯れたら切り取るのがベストです。


また、紫陽花の枝は広がりやすいので、

スペースに限りがある場合は

いくらか枝を剪定して枝全体に

日光が当たるようにします。


・植え替え

紫陽花の根は成長が早く、

同じ鉢でずっと育てていると根詰まり

(根が鉢の中でぎゅうぎゅう詰め

になり水や空気を取り入れづらくなること)

が起きます。


土や、鉢の底から根が出始めたら、

すでに根詰まりの状態になって

いるかもしれません。紫陽花の場合、

1~2年に1回のペースでの植え替えが

必要だと言われています。


植え替えるときは、今の鉢より

一回り大きいものを用意します。

でも最初から大きな鉢を使えば

植え替えの手間が省けるのではないでしょうか?


実は、大きすぎる鉢は

植物の成長に良くないんです。

土が多いと栄養が分散してしまいますし、

水をたっぷり溜め込むのでジメジメ

しすぎて根っこが腐ってしまうこともあります。


一回り大きいサイズの鉢を用意したら、

最初の植え替えと同じ手順で植え替えます。

枯れている根や腐っている根が

あったら取り除いてあげましょう。


植え替え時期は春頃の花が

咲く前がベストです。

葉が出始める時期は、

植え替えのダメージに

負けない成長力があるからです。

鉢植えにオススメの紫陽花

鉢植えの紫陽花は剪定すること

によって小さく保つことができますが、

最初から成長スピードが遅く、

小型の種類を選ぶのも一つの手です。


そのような紫陽花の一つは、

ヤマアジサイです。


名前の通り山で自然に咲いている

ところを見ることができます。

真ん中に花が集まり、

周りを萼が囲むという特徴があります。


少し変わった見た目ですが、

人気がある品種です。

品種改良して様々な色や形のものがあります。

ネットでは楽天などでも

ヤマアジサイを買うことができます。

まとめ

紫陽花は雨でも晴れていても

私たちを楽しませてくれるので、

ぜひ鉢植えに挑戦してみてください!


→「キレイなアジサイが鉢植えでしおれる原因は何?詳しくご説明します!」の記事はこちら。いますぐチェックしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました