2歳の子供がご飯を食べない…ついイライラ。何かいい方法はない?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

幼い子供って、いろいろな理由で

わがままを言ったり泣いたりして

自分の気持ちを伝えようとしますよね。


特に2歳くらいの子供は、

イヤイヤ期に突入して

ご飯を食べてくれなかったり

寝てくれなかったり

することが多いと思います。


もちろん、成長するうえで

とても大切な時期です。しかし、

親と立場からしたらとても悩むし

イライラする時期でもあると思います。


せっかく作ったごはんを

食べてくれなかったり、

暴れられたりすると

たとえ親でも怒りたくなりますよね。


そこで今回は、2歳児が

ご飯を食べてくれない理由と

子育て中のイライラの解消方法に

ついてお話ししようと思います。

スポンサーリンク

子供がご飯を食べてくれない理由は?

では、なぜ子供はご飯を

食べてくれないのでしょうか。


どんなに小さな子供でも、

何か理由があって食べてくれないはずです。


ここでは、2歳前後の子供が

ご飯を食べてくれない理由について

5つ紹介していこうと思います。


・食べ物の味や食感が気に入らない

味が薄すぎるもの、濃すぎるもの、

苦いもの、固いものは

幼い子供にとってとても

苦手な食べ物になります。


まだ咀嚼機能が完全ではないので、

固いものを与えると

嫌悪感を表して泣くことも多いです。


できるだけ細かく切って食べさせたり、

小麦粉や片栗粉を使って柔らかく

したりしてから与えると

おとなしく食べてくれるでしょう


また、離乳食のような薄味だと

2歳児には物足りないかもしれません。

徐々に大人と同じ味付けに

寄せていくようにしましょう。


・親と一緒に食事をしていない

子供はどんな時でもパパとママに

注目してほしいものです。

たとえごはん中でも、二人の視線の先に

自分がいないと気がすみません。


夫婦の会話は子供が寝た後にして、

食事中は子供に話しかけたり

笑顔で見守ってあげることがいいでしょう。


そうすれば、両親の注目を

浴びるためにご飯を食べない

という行動は少なくなると思います。


・テレビがついている

食事中にテレビがついていると、

多くの子供は気になって食事に集中できません。


手が止まってしまったり、

かむ回数が少なくなったりします。


食事中は家族との

コミュニケーションを優先し、

テレビは消して食事に

集中できるようにしましょう。


・食事の量が多すぎる

大人と比べて子供の食事量を

決めていませんか?

2歳くらいの子供は、

食事量にも個人差が大きく出ます。


残す回数が多いなら、

それはご飯の量が適切で

ないことが多いです。


早めに気づいてあげて、

調節するようにしましょう。


また、きちんと完食したら

ほめてあげるようにしましょう。

おかわりをするか聞くことで、

食事量を増やすこともできますね。


・おやつのあげすぎ

おやつの量が多すぎたり

食べる時間がご飯と近かったりすると、

おなかがすいていないので

ご飯を食べてくれないことが多くなります。


19時前後に夜ご飯を食べるなら、

子供のおやつは3時前後にあげるようにしましょう。


飲み物も、おやつの時間以外は

お茶にしてジュースは避けるようにしましょう。


大好きな甘いおやつを

もっと食べたいからと

かわいくおねだりしてくる

子供もいるかもしれませんが、

心を鬼にして我慢させるようにしましょう。


夜ご飯の時間に合わせて

おやつの時間や量を調節することで、

子供がぐずることなく

夜ご飯を食べてくれるようになります。

子育てのイライラを解消する方法

ごはんを食べてくれない、

わがままを言うなど子育て中に

イライラすることはたくさんありますね。


爆発する前にそのイライラは解消する必要があります。

ここでは、子育て中のイライラの

解消方法について3つ紹介します。


・友人と話す

ママ友同士で子育ての悩みについて

相談する場を設けると、共感を得られたり

解決策を教えてもらえたりします。


一人で抱え込むと苦しいですが、

同じ悩みを持つママ友がいると

思うだけで気持ちが楽になりますね。


また、児童館や相談教室、

インターネットなどで、

いろいろな人とつながって

アドバイスをもらうのもいいかもしれません。


多くの人とかかわって

イライラを一人で抱え込まないことが

爆発させない解決策だといえるでしょう。


・一人の時間を作る

子育てをしていると、

自分のために時間を

使うことがなくなってしまいますね。


たまには、両親や知り合いに

子供を預けて自分の時間を

満喫することをお勧めします。


映画を見たり、買い物に行ったり、

のんびりぼーっとして過ごしたり。

その人の一番楽な過ごし方をするといいでしょう。


親という立場を忘れて

自分の時間を楽しむことで、

意外とすっきりして

また子供に向き合うことができます。


・完璧を求めない

子育てで、すべてが思い通りに

いくことはまずありません。

むしろ、うまくいかないことのほうが当然です。


子供に対して完璧を求めることはせず、

できなくて当然と思うことで

少しは気持ちが楽になると思います。


また、自分に対してもそうです。

完璧に家事をすることを求めず、

週に1回はお惣菜を使ったり

掃除は3日に1回にしたりと

適度に手を抜くようにしましょう。


頑張りすぎないようにすることで、

気持ちに余裕が生まれて

イライラしたり怒ったりすることが減ると思います。

まとめ

今回は、2歳の子供がご飯を食べない理由

と子育て中のイライラの解消方法

について紹介しました。


子育てはとても大変ですし、

思い通りにいかず悩むことも

多いと思います。


そんな時でも気持ちに

余裕を持ちつつ、

頑張りすぎないようにしましょう。


→「密室育児に陥る前に!しんどい毎日から抜け出す対策を!」の記事はこちら。いますぐチェックしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました