肌を白くする、美しくする食べ物とメラニン抑制の方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

七難を隠すとまでいわれている白い肌、みんな憧れますよね。


今よりもう少し白くなりたいな、と思っている人。

以前はもっと白かった気がして、美白が気になり出した人。

日焼けしやすく、白い肌なんてキープ

できないと諦めてしまっている人。


様々な美白へのお悩みを、

日常の食べ物でサポートしてみませんか?

美味しく食べて、キレイを作りましょう。


気が付けば、ワントーン明るい

白美肌に1歩近づけるかも知れません!

スポンサーリンク

肌を白く導く最強の味方!ビタミンCは小まめに摂取

若い頃の日焼けなどで積み重ねた、

蓄積メラニンは悩みの王道ですね。


しみやそばかすとなり、

いつまでも痕跡が消えてくれません。


思いっきり日焼けしていなくても、

日常のちょっとした外出で、うっかり浴びて

しまう紫外線!これは日常的に要注意です。


メラニン対策で力を発揮してくれるのは、

やはりビタミンCを多く含む食材で、

果物や野菜から摂取できるお手軽アイテムですね。


でも、どうしてビタミンCがいいのだろう?

何をどのくらい食べれば必要量が摂れるのだろう?


肌を白くするため、美白のためには、

ビタミンCが効果的だと知っていても、

ちょっと突っ込んだ内容となると、

実はよく知らないことがたくさんあります。


そこで、ビタミンCについて詳しい内容が

表示されているサイトを発見したので

ご紹介しておきます。

下記URLから、確認してみてください。


【参考サイト:旬の食材百貨】

ビタミンC(アスコルビン酸)の働きと、野菜、果物に含まれるビタミンCの量<旬の食材百科
野菜や果物に含まれているビタミンC(アスコルビン酸)の働きや含んでいる量を紹介しています。旬の食材は美味しいというだけではなく、栄養価も高くなっている事が多いようです。美味しくそして健康に。


いかがでしょうか。

すごくタメになることが満載ですよね。


よく使う食材が並んでいたので、

ビタミンCは割と摂れている様に思います。


昨今少なくなった喫煙者は、

常時ビタミンCを破壊しているので、基準値プラス

ビタミンCが必要だそうです。


後は食べ方や摂取のタイミングですが、

必要量を一気にまとめて摂るのではなく

1日の中でほどよく分けて摂取するのが良いそうです。


過剰にビタミンCを摂取しても吸収されず、

余分なものとして排出されてしまう

のです。もったいないですよね。


ビタミンC熱に弱い上、水にも溶けやすいので、

出来るだけ生で食べることをおススメします。


せめて茹でずに、レンジでチン!するのが良さそうですね。

肌を白く輝かせるために欠かせない潤い満ちる食べ物

せっせとビタミンCを摂っていても、

なんとなくパサついて艶がない、潤いが足り

ていない、なんて思ったことはありませんか?


ビタミンC配合の化粧品などは、

乾燥を招くとも聞いたことがあります。


身体の中から潤いを満たし、

白くなっていく肌に艶を持たせてあげましょう。


さて、そのための食べ物ですが、

成分で言えばヒアルロン酸コラーゲンセラミド

そしてもうひとつ、ビタミンAが必要なのです。


これらの成分が多く含まれ、

効率的に摂取できる食べ物を調べていくと、おでん、

または魚介鍋か鳥鍋がいいのでは?と思い当たりました。


コラーゲンヒアルロン酸

鳥の手羽先や手羽元、特に皮の部分や軟骨部分に多く

含まれているようです。


セラミドはこんにゃくや若芽。

食べる人は少ないかも知れませんが、お魚の目など

もおススメです。


ビタミンAは卵やかぼちゃ、チーズや

ヨーグルトなど、一部を挙げても手軽に摂れ

る食材ばかりですね。


ビタミンCでメラニンを抑制し、

そこへ潤いを導き保水力と弾力を高めていけば、

プルプル明るい美白肌にグンと近づくハズです。

肌を白くするためには外敵からの防御も大切

肌を白くするために、ビタミンCを

はじめ様々な食べ物を摂っていても、紫外線

という外敵から身を守らなければ、元も子もありません。


食べ物でお肌そのものを強く美しく保ちながら、

UVカットやホワイトニングケアを

併せて施し、メラニン色素を増やさないよう心掛けます。


そしてもうひとつ、忘れてはならない瞳の防御です。


眩しい!明る過ぎる!暑そうな景色!など、

目からの情報が肌を黒くするのです。


まさか!と思うかも知れませんが、

これは本当のお話で、強い光に晒されたという

情報が瞳から脳内に伝達されると、

肌を守ろうとしてメラニンを作り出すそうです。


脳内が自動的に行う、お肌のための

防御措置を止めることはできませんよね。


日陰や車の中で日差しを浴びていなくても、

眩しい景色を見ることは要注意です。

脳が判断するのは視野からの紫外線情報なのです。


UVカットのサングラスが

必須アイテムであることが分かりますね。


身体の内側と外側のケア、

そして目を守るケアまで、白美肌を作るための大切な

3ステップをベースにしていきましょう。

肌を白く美しく育てるための美味しいメニュー

ということで、最初に戻って、

ここが一番知りたいところですよね。


素材や成分だけ言われても、

実際何を食べればいいのかピンとこないものです。


何を作ろう?この素材をどう使おう?と迷った時に、

私はクックパッドをよく利用しています。


そのクックパッドの中から、

これいいね!と思った美味しく楽しむ美白メニュー

いくつかご紹介するので、参考にしてみて下さい。

【参考:クックパッドサイト】


★紫キャベツの美白サラダ

紫キャベツの美肌美白サラダ☆紫外線対策◎ by ☆ののママレシピ
紫キャベツはアントシアニン、カロテン、ビタミンCが豊富で美肌や美白にとても効果的♡紫外線対策バッチリの美肌サラダです☆

こちらは紫キャベツをメインに、レーズンや大豆を合わせたサラダです。

組み合わせるお野菜は、お好みでアレンジしても良いですね。

小さく切ったチーズを乗せてみたり、ヨーグルトを使ったドレッシングを

手作りしてみたり、美白力アップも目指せそうな簡単メニューです。


★白ごまとサケのおにぎり

簡単♪夏は美肌と美白を目指すおにぎり♪ by ごま姉弟の母
鮭フレークはアスタキサンチンが豊富に含まれて美肌、美白効果抜群♪白ごまはメラニン抑制効果が高く栄養素もいっぱいですよ〜♪

とても簡単!サケフレークを使ったおにぎりです。白ごまにメラニン抑制

効果があるんですね!

中の具材ををサバ缶や焼鳥缶にしても美容効果が高まりそうです♪

白いご飯を雑穀米やもち麦をたっぷりブレンドすれば、効果大かも!


★キュウイスムージー

美肌&美白✩キウイスムージー。:°ஐ♡ by ゆりらび姫。:°ஐ♡
美容ジュース♡ ビタミンCたぁ~ぷり生ジュース 美味しいので是非ぃ♡ 妊婦さんは、是非飲んで欲しい♡

ビタミンCの宝庫ドリンクです。みずみずしい白い肌が生まれそうですね。

私はバナナや豆乳を使って、コクのあるスムージーにアレンジしています。

朝、食事がなかなか喉を通らない人には、こんなドリンクがおススメです。

糖質とカロリーが抑えられた甘味料を使うと、スリムアップにも?


★最強美容美白スープ

美白&美肌&美腸のよくばりスープ by ふなここ
1人でたくさん飲みたくなる、食べるスープです♪

さつま芋や大豆、パプリカなどの美白アイテム満載のスープです。

作り方も簡単なので、今夜のメニューに加えてみては?

さつま芋の代わりに、カボチャを利用しても美白効果は高めです。

鳥の手羽を一緒に煮込んで、ぷるぷるゴージャスをその手にしませんか?


以上、4品を選んでみましたが、いかがでしょうか。

ここから自己流に、色々な形に変化できそうなお料理ばかりですよね。

お肌を白く導く、美味しい食べ物はまだまだあると思います。

バランスよく摂取して、キレイな白い肌を手に入れましょう。


→「20代向けファンデーション 自分に合ったものを使って化粧を!!」の記事はこちら。いますぐチェックしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました