「仕事ができない、つらい」と思ったらやるべきこと3つ!会社を辞めるのはまだ早い!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「仕事ができない、つらい」と

思うことは誰にも一度はあります。


失敗して落ち込んでいるときに、

モチベーションを上げるのは

簡単ではないですよね。


「自分は仕事ができない」と

思い始めると、すべてのことに

マイナス思考になってしまい、

やる気を失ってしまいます。


思いつめて会社を辞めてしまう前に、

今の自分を見つめ返してみませんか?


自己分析することで、自分らしい

働き方が見つかるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

自分を見つめ返そう!仕事ができない人の特徴とは?

仕事ができない人には、

「覚えが悪い・失敗を引き摺る・

周りを見れていない」などの特徴があります。


自己分析するにはまず、

自分の欠点を見つめ返しましょう。


覚えが悪い

人は興味のあることはすぐに覚えますが、

退屈と感じるようなことは

なかなか頭に入らないものですよね。


しかし、仕事に関することは、

しっかり覚えなければいけません。


記憶力のいい・悪いは人それぞれなので

改善するのは難しいですが、

自分は物覚えが悪いと自覚できている分、

一歩前進できていると考えましょう。


物覚えの悪さをカバーするためには、

メモを取ることが一番の解決方法です。


メモを取ることで相手を待たせるシーンもありますが、

何度も同じことを聞き返す時間と手間を

考えれば時間は無駄になりませんよね。


失敗を引き摺る

失敗をいつまでも引き摺るタイプの人は、

自分で自分を余計に落ち込ませてしまいます。


そのため、モチベーションが上がらず、

仕事をするのがつらい状況から抜け出せません。


失敗を恐れるあまりミスを

報告しないのもこのタイプで、

後から発覚して大変な事態になる

ケースも考えられます。


失敗を恐れ過ぎないで、早めに

報告・連絡・相談すれば防げるミスもあるでしょう。


周りを見れていない

「自分は仕事ができない」と自覚できて

いないケースも多くあります。


頑張っているのになかなか評価されないと

感じている人は、このタイプに当てはまるかもしれません。


周りから評価されている人に対して、

自分の方ができているのに…と思わずに、

自分には何が足りないのかを

冷静に分析する必要があるでしょう。


また、周りからの評価を得るためには、

周りへの気配りも必要です。


感謝の言葉を口にするようにし、

陰口を言わないなど私生活にも気をつけましょう。

仕事がつらいと思ったら…会社を辞める前にやるべきこととは?

一生懸命に自分を変える努力をしても、

「仕事がつらい、辞めたい」と

思うことはありますよね。


一時の感情で突発的に会社を辞めて

しまっては、絶対に後悔してしまうでしょう。


会社を辞めたいと思ったとき、

本当にそれが正しい判断なのか

冷静に考えてみてください。


ミスする理由・怒られる理由はなんだったのか

自分がミスをする理由や怒られる

理由はなんだったのか、もう一度考え直してみましょう。

わからない場合は、周りの人に相談して見るのもいいですね。

まだ改善の余地があるかもしれませんし、

意外にあっさりと解決することかもしれません。


気分転換の機会を設けることは可能か

あなたが仕事をつらいと思うのは、

他に気分転換の場がなかっただけという可能性も。


職場内での小さな楽しみを見つける、

週末に自分へご褒美をあげるなど、

仕事以外の時間を充実させましょう。


仕事への頑張りをいちばん

認めてあげられるのは自分自身です。


私生活が充実すれば、

仕事へのモチベーションも上がるでしょう。


自分に合った仕事かどうか

あらゆることを考えて、

最終的に「この仕事は自分に向かない!」

と判断したならば、思い切って辞めてしまうのも手です。


合わない職場でいつまでも燻っているより、

思い切って新しい職場へと移ってみたほうが、

仕事へのモチベーションも

大きく変わることもあるでしょう。


全く違うことを始めてみたら、

自分にピッタリ合う仕事に

出会うチャンスにもなります。

物覚えのよさ・器量のよさは人それぞれ…周りと比べて落ち込まないで!

十人十色と言うように、物覚えのよさや

器量のよさは人それぞれ大きく違います。


たまたま周りにいる人が能力の高い

人間だったからと言って自分と比較していては、

ただ落ち込むばかりでつらいです。


いつまでも同じところに

留まり続ける人はそういません。


自分では前に進んでいない気がしていても、

同じことを長く続けていれば

少しずつでも前に進んでいるはずです。


落ち込みそうになったら、

「あの人と自分は違う」と自分に言い聞かせて、

マイペースに頑張っていきましょう。

まとめ

完璧な人間はこの世にはいませんから、

失敗して落ち込むことは誰にでもあります。


「仕事ができない、つらい」と落ち込んで

しまったときには、解決策がないかをまず考えてみましょう。


考えてもわからないときには、

誰かに相談してみるなど自分以外の

視点を取り入れるのも効果的。


そしてなにより、頑張っている自分を

自分自身がしっかり認めてあげることが重要です。


会社を辞めてしまう前に、考え方の改善をしていきましょう。


→「家でできるバイトがしたい、シール貼りってどうなの?」の記事はこちら。いますぐチェックしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました