これって、うつ病かな?症状はどんなもの?まずはセルフチェックからしてみよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分はうつ病かな?と少しでも思い立った方は、

そのまま症状を放置しないでください。


もしうつ病でないと後にわかれば、

それはそれでいいと思いますし、

何より最悪の場合は命にもかかわる問題となるからです。


うつ病はあえて言えば、ガンと同種のようなものだと思います。

対処は早い初期段階であればあるほどいいのです!


逆にいえば、そのまま放置して日々過ごせば大変なことになりかねません。

うつ病のまま我慢してもいいことはまるでありません。

さて、どういった症状がうつ病の症状なのか簡単なセルフチェックを紹介します。

スポンサーリンク

要注意!うつ病の症状とは?!(診断基準1)

まずは症状の判断基準1です。

・憂うつ、気分の落ち込みがある

・興味や喜びが喪失しがちである


このどちらか1つが当てはまるのなら、あなたはうつ病の疑いがあります。


なんだか以前と自分の状態がちがう…

と思うのなら当てはまっているものとして判断してください。


曖昧な症状ですし、もし当てはまるとしても確信がないかもしれません。

ただ、「あてはまらない!」と明確に思うようでなければ、要注意です。

要注意!うつ病の症状とは?!(診断基準2)

次に診断基準2です。

・食欲が異常

・睡眠が異常

・そわそわする、または体が重い

・疲れやすい

・自分を責める

・思考力、集中力の低下

・死にたいと思う

こういった症状のうち5つ以上が当てはまるのなら、

セルフチェック段階ではうつ病と判断してください。


食欲は不自然に多くなることも、

少なくなることも異常な症状であるといえます。


睡眠は寝つきが悪い、途中で目が覚めてしまうといった症状があれば、

きわめて要注意です。仮にうつ病でないとしてもいい傾向ではないため

放置はしないでください。


また、5つ以上あてはまらなかったとしても、

強くどれかがあてはまるのなら専門医との相談をおすすめします。


職場環境や家庭環境で何か心当たりがあるのなら、

なおさら正確な診断が大切になってきます。


以上がセルフチェックの1つの診断方法です。

うつ病の診断については、検索をすれば複数のサイトで紹介されています。


専門のクリニックによるセルフチェックもありますし、

気軽にできるので必要があれば、

他のサイトでのチェックも是非してみてください。


どのサイトでも内容は大きく変わらないので、

1つの診断で十分と考えても大丈夫です。

セルフチェックで うつ病と診断されたら、専門機関へ

そして、セルフチェックではうつ病と思われるのなら、

是非お近くの専門の医療機関へ足を運んでみてください。


近くの総合病院や専門のクリニックに行くといいです。

行ったことがない医療機関ということもあっても、

行きにくいと思う必要は一切ありません。


耳に異常を感じて耳鼻科、歯が痛いと思って歯医者に行くのと全然変わらないのです。

うつ病は1つの病気です。お仕事をするためにも

まずは治療をしてください

うつ病のような気が少しでもしたら、そのまま放置することは厳禁です。

セルフチェックは無料で簡単なものなのでまずはおこなってください。


セルフチェックをして、自分はうつ病かな?という疑いが強くなったのであれば、

専門機関へ足を運んで正しい診断結果をもらってください。


休日に診断してもらえる機関もありますが、うつ病らしき症状があるのなら、

お仕事は有給を取って医療機関に行ってみてください。


実は私も、仕事でうつ病になった経験があります。

これは個人的な意見ですが、もし有給が簡単に使えないのなら

なおさら考える必要があると思います。


・有給を申請すると、上司や同僚から理由を聞かれる

・身内の不幸や相当な理由がなければ有休を使いたくない、あるいは使えない


もしこういった事項に当てはまるのなら、

あなたはブラック企業に身を置いているかもしれません。


仕事が原因で元気がなくなっているのなら、あなたは悪くありません。


過剰な残業や、劣悪な人間関係により、ミスが多くなることや、

できるものまで難しくなることはよくあります。


そこで、「自分はダメなのかな?」と思うのではなく、

「自分はもしかしたらうつ病かな?」と考えるべきなのです。


例えていうならくしゃみや咳をして「自分はうるさい人間かな?」と思うのと

同じようなものです。「自分は風邪かな?」と思うのが自然ですし、

正しい対処をするのがいいのです。


また、とりあえず気分をリフレッシュすることも大事です。

趣味や温泉等のレジャーに時間を使うのもいいと思います。


これもまた私の経験談ですが、休日出勤が多いうえに、

私になんらかの用事があると知ると、

あえてその日に出勤させようとする最低な上司が以前の職場でいました。


転職して今振り返ると、とても劣悪で腐った職場環境だったと思います。


あなたが勤務している職場がもし、ブラック企業かもしれないと思うようであれば、

うつ病になりやすい環境だということです。

まとめ

今回紹介した症状に当てはまるかどうかを考えてみてください。

そして、うつ病の症状に該当する気がするのなら、

専門の医師や医療機関に気軽な気持ちで足を運んでみてください。


もしうつ病でなかったとしたら、それはそれで問題ありません。


強調して言いたいことはあくまでも、

放置だけはしないでください!ということです。


⇒時々、頭痛でこめかみが痛くなる人必見!原因は何?の記事はこちら!いますぐチェック!

タイトルとURLをコピーしました