お風呂掃除の悩みの種!頑固なカビを落とす方法とは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

皆さんは、家のお風呂を綺麗に保てていますか?

お風呂は毎日使う場所なので、気をつけていてもすぐに汚れてしまいますよね。


きちんと掃除をしているつもりだったのにカビが生えてしまった…

なんて悩みを持っている方もいるかもしれません。


この記事では、お風呂に生えてしまったカビの原因と、

その撃退方法をお伝えします。

スポンサーリンク

お風呂の中でカビが生えやすい場所は?

お風呂は毎日水を使う場所ということもあり、

どうしてもすぐに汚れてしまいがちです。


そんなお風呂の中でも特に汚れがつきやすく、

カビが生えやすくなっている場所があります。


お風呂全体をしっかり掃除するのが理想ですが、

時間がなくて難しい時などは、気付いた時に汚れやすい場所だけでも

掃除しておきましょう。


・浴槽

冬は特に、浴槽にお湯を張ることが多い季節。


水垢だけでなく、入浴した人の垢や皮脂の汚れが残ってしまう場所なので、

汚れが溜まりがちです。


浴槽を使用する頻度が増える時期は

掃除の頻度を増やすというような対策が必要です。


・洗い場の壁と床

洗い場はお風呂の中でも最もよく利用する場所なので、

掃除したと思っても気付くとすぐに汚れてしまっている…

なんてことも多々あります。


汚れに気付いたら放置せず、小まめに掃除をするのがベストです。


・ドアや窓の継ぎ目

継ぎ目に使用されているゴムの部分は、特にカビが生えやすい場所です。

黒カビが繁殖してしまってから綺麗にするのはなかなか大変なので、

日頃からできるだけ清潔に保てるよう、心がけましょう。

お風呂に発生するカビの種類

お風呂でよく発生するカビは主に2種類。


皆さんもピンク色の汚れと黒い汚れを

お風呂でよく見かけることがあると思います。


一般的にピンク色の汚れは赤カビ、黒い汚れは黒カビと呼ばれています。


・赤カビ

よくお風呂についているピンク色の汚れが赤カビです。

触るとぬるっとしているのが特徴。


増殖スピードが速く、お風呂掃除を少しサボっただけですぐに現れます。


赤カビを放置していると、黒カビが発生する原因にもなるので、早めの対処を。


・黒カビ

お風呂でよく見かける黒い汚れは、ほとんどの場合黒カビです。


赤カビと比べると落としにくく、掃除するのが大変です。


喘息やアレルギーの原因にもなるので、見つけたら早めに掃除しましょう。

赤カビの落とし方

赤カビを落としたい時におすすめなのが、重曹です。


落としたい赤カビの部分を濡らし、

そこを覆うように重曹を振りかけてください。


そのままお風呂掃除用のブラシで擦れば、

簡単に赤カビのピンク汚れを落とすことができます。


また、重曹はアルカリ性なので、殺菌作用もあると言われています。

黒カビの落とし方

黒カビの掃除には、スプレータイプの塩素系漂白剤を

使用するのがおすすめ。


黒カビが生えているところに漂白剤をスプレーして、

数分置いてから水でよく洗い流します。


汚れが頑固な場合は数十分置いたり、スプレーした上から

ラップやキッチンペーパーをかけたりすると効果的です。

お風呂のカビの原因って何だろう?

お風呂に現れるカビの原因は、大きく分けて3つです。


・湿度

湿度が70%以上ある場所は、カビが繁殖しやすいと言われています。

お風呂は狭い空間でお湯を大量に使用する場所なので、

どうしても湿度が高くなります。


・温度

温度が20〜30℃の場所は、カビが繁殖しやすくなります。

使用した後のお風呂は、それくらいの温度になりがちです。


・汚れ

カビは、人の垢やほこりなどの汚れを栄養にして繁殖します。

お風呂は皮脂などの汚れがどうしても付着しやすい場所です。

簡単にできる!カビの予防法

カビの原因は、湿度・温度・汚れの3つだということが分かりました。


では、その原因をできるだけなくすために、

何か私たちができる予防法はあるのでしょうか。


・換気をしっかりする

カビは水分があるところで繁殖しやすいので、

使用しない時は浴室を乾燥させましょう。


お風呂を出た後は、忘れずに換気扇を回してください。


使い終わったバスタオルなどを使って

水気を拭き取っておくと乾燥しやすくなるのでおすすめです。


・熱いお湯をかける

カビは熱に弱いので、45℃以上のお湯をかけると効果的です。


お風呂を出る時にシャワーの温度を上げ、

カビが出やすい場所にお湯をかけておくだけでも予防になります。


冷水をかけるのがいいという意見もありますが、

乾きやすく湿度が下がりやすい熱湯がおすすめ。


・汚れをしっかり洗い流しておく

当たり前のことのようですが、汚れはカビの原因になります。

特に入浴した人の皮脂汚れや髪の毛などは、お風呂に残りがちです。


忙しくて掃除ができない時などは、お風呂を出る前に入念に洗い流すなどして、

汚れを残さないことを意識しましょう。

まとめ

お風呂は家族全員が毎日使う場所なので、できるだけ清潔に保ちたいですよね。


カビが原因で健康を害することもあるので、

発生しているのを見つけたらできるだけすぐに掃除しましょう。


⇒40代以上の男性、それは加齢臭!対策が不可欠だ!!の記事はこちら。いますぐチェック!

タイトルとURLをコピーしました