忙しい人のためのベースメイク。時短で綺麗に仕上げる方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベースメイクは文字通りメイクの基盤となるものです。


ベースメイクが上手く仕上がれば肌を綺麗に見せることができ、

メイクの印象も良いものになりますね。


そんな大事な機能を果たすベースメイクですが、

意外と手順が多くめんどくさい…。


「ただでさえ朝は忙しいのに、メイクにそんなに時間をかけてられない。」

そんな人も多いと思います。


そんな人のために、5分で完成させることができる時短メイクを

紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

時短メイクの基本

ベースメイクを綺麗に見せるために

絶対欠かせないものは保湿です。


保湿がしっかりできていないとどんなに高い化粧品を使っても、

綺麗に仕上げることはできません。


朝から夜までメイクを落とすことは出来ないので

日中の外部の刺激に負けないようにしっかり保湿しましょう。


朝の基本的なスキンケアとしては化粧水、必要に応じて乾燥が気になるという人は

乳液orクリームのみで大丈夫です。


これらのスキンケアが残った状態でベースメイクを始めてしまうと

メイクがよれてしまう原因となるので、肌表面に残った油分はコットンなどで

拭き取ってからメイクを開始しましょう。


・日焼け止め

ベースメイクの1つで1番大事と言っても過言ではない物が日焼け止めです。


たとえ冬でも、紫外線は色々なところから出ていて肌を攻撃します。


最近はスキンケア成分が配合されていたり、トーンアップ効果のあったり、

メイクアップ効果のある日焼け止めも増えてきています。


元々の肌が綺麗な人や学生さんは日焼け止め1本で

ベースメイクを完成させることも可能でしょう。


・ベースメイク

高性能な日焼け止めがあるとは言え、

当然日焼け止めではほとんどの肌の粗を完全に隠すことは不可能です。

まずベースメイクの基本となるのは

  • 化粧下地
  • ファンデーション

この2つです。


しかし今は多くの種類の下地、ファンデーションがあります。

種類選びもメイクを時短するための大事な工程になります。


乾燥肌の人はクリームタイプのファンデーション、

保湿重視の下地皮脂が多くでる人はパウダーファンデでサラッと仕上げるなど、

自分の肌タイプに合わせて選びましょう。


また、ベースメイクを時短するに当たり、とても便利なアイテムがあります。

bbクリームです。


なんとbbクリームは1本で下地、ファンデーションの機能を果たしてくれるのです。

とても優秀ですね。


下地とファンデーションを重ねて塗るよりも薄く仕上がるので、

崩れにくいというのもポイントです。


しかし薄く仕上がるということはカバー力はファンデーションよりも

劣ることが多いです。


それぞれに利点と欠点があるので自分に合った物を使いましょう。

塗る順番、崩れないベースメイク

ベースメイクの塗り方や適量を理解することも、メイクを時間かけずに

綺麗に仕上げるために大切なことです。


化粧下地やファンデーションの量は少なすぎてしまうと、

仕上がりがムラになりやすく、多く出してしまうと崩れやすくなってしまい、

仕上がりが汚くなってしまいます。


せっかく綺麗に見せるために化粧しているのに、

これでは元も子もありませんね。


メーカーによって多少の誤差はあると思いますが、基本的な化粧下地や

bbクリームの適量はパール粒大ほどです。(直径8ミリほど)

しっかり守りましょう。


そして同じくらい大事なのは塗る順番です。大体の人は知っていると思いますが、

基本的に下地→ファンデーションの順番です。


下地の本来の役割はファンデーションと肌の密着度を高めることだからです。


では、コンシーラーやフェイスパウダーを塗りたい場合、

どこに入れれば良いでしょうか?


これは使うファンデーションの種類によって変わります。ファンデーションには

リキッドタイプパウダータイプがあります。


リキッドタイプ…下地→ファンデ→コンシーラー→フェイスパウダー

パウダータイプ…下地→コンシーラー→ファンデーション


それぞれこのような順番になります。

間違えないようにしましょう。

塗り方のポイント

化粧下地を顔全体にまんべんなく塗っている人も多いのではないでしょうか。

それでは時間もかかり、崩れやすくなってしまいます。


●下地の塗り方

正しい塗り方は「5点置き」です。

化粧下地を全体ではなく、顔の立体的な両頬、額、鼻、顎に置きます。


このとき皮脂の多い額や鼻は少なめに乗せましょう。


次に乗せた部分の中心から外側に向かって素早くのばします。

のばしてムラをなくしたら、スポンジを使って全体に馴染ませて完成です。


●ファンデーションの塗り方

<リキッドタイプ>…ブラシや立体スポンジを使うと綺麗に仕上がりやすいのですが、

時短が目的なら指で塗ってしまって良いと思います。

指で塗ったあとにスポンジで軽く叩き、馴染ませましょう。


<パウダータイプ>…一般的にスポンジを使用します。顔の中心から外側に向けて

滑らせるように塗りましょう。

皮脂が多い鼻や額は細かく重ねて塗ると崩れにくくなります。

まとめ

自分に合った化粧品、塗り方を把握することで

忙しい朝でもベースメイクの時間を縮めることができ、

仕上がりもいつもより良くすることができます。


時間は短縮しても、手を抜いた感は全くない、

そんなメイクを身につけていきましょう。


⇒自分でパーソナルカラーを診断してみよう!の記事はこちら。いますぐチェック!

タイトルとURLをコピーしました