シミ取り対策と化粧品でキレイな肌を手に入れよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

年齢と共に増えていくシミ、この厄介なシミに悩まされている人は多くいます。


加齢だけではなく、日頃の不摂生やお手入れ不足、

日焼けなど様々な要因でシミはすぐ出来てしまいます。


シミが出来ると若くても老けて見えてしまいますし、

すっぴんになった時にもどうしても気になって、

お泊りも楽しめなかったりしますね。


ファンデーションやコンシーラーで隠そうにも、

完全には隠しきれなかったりして

せっかくの努力が無駄になってしまう事も少なくありません。


そんな悲しい思いをしなくて済むように、

自信を持ってすっぴんでも過ごせるように

シミへの解決方法を見ていきましょう。

スポンサーリンク

シミ取りをする前に、シミが出来るメカニズムを知ろう

そもそもシミとは何なのか、まずはシミはどうやって出来るのか、

シミのメカニズムから見ていきましょう。


肌に広がる茶色く変色した部分には黒色メラニンが通常よりも多く蓄積していて、

これがシミと呼ばれる厄介なものです。


黒色メラニンはメラノサイトというメラニン形成細胞で日々作られ、

ターンオーバーという代謝のサイクルのお陰で自然と体から出ていくもので、

本来ならば私たちの肌を紫外線からのダメージから守ってくれるものです。


ですが、夏の海などで日焼け止めなどの対策をせずに

過剰に紫外線を浴びたり、ストレスや無理なダイエット。


虫刺されや傷跡を掻いてしまったり、

食生活や生活習慣の乱れなどが原因で

黒色メラニンは過剰に増えてしまいます。


まずは生活習慣の乱れなどを見直すと共に、

自分自身の力で簡単に出来る対策を見ていきましょう。

化粧品探しの前に、自力でシミ対策を

まずはシミが出来る前に、シミが出来ないようにしっかりと自衛をしましょう。


まずは簡単、日焼け止めを塗ることです。

簡単とは言っても、忙しい毎日には塗り忘れることもありますよね。


しかし、特に夏のような日差しの強い時期には必須です。

自分は室内にずっといるからという油断も大敵、

紫外線は窓ガラス越しにからでも降り注いできます。


なので、室内で多く過ごす人も忘れずに日焼け止めを

ムラなく塗って一日を過ごしましょう。


もちろん、日焼け止めやメイクをした肌を労わることも忘れてはいけません。

日々の肌を傷めない無理のない自分の肌にあった洗顔と、

化粧水に乳液などの保湿も必須です。


そして何より大切なのは、生活習慣や食生活の見直しです。


忙しい中では難しいかもしれませんが、

なるべく夜更かしを避けて睡眠をしっかりとり、

運動不足にもならないようにウォーキングなど汗をかくよう運動しましょう。


入浴時にシャワーだけで済まさず、

湯船に浸かって体を温めてデトックス効果を狙いましょう。


脂っこいものやアルコール、お菓子などを摂り過ぎず程々に、

鉄分やビタミンA、B、Cを多く含む野菜やフルーツ、

脂の少ない赤身の肉やささみ、魚などバランスの良い食事を心がけてください。


そして、水分補給も軽んじてはいけません。

日中の水分補給は勿論のこと、寝起きのコップ一杯の白湯もおすすめです。


日頃のちょっとしたことが、シミ対策に繋がります。

そこからシミに負けない肌作りをしていきましょう。

シミ取りに効く化粧品でシミの撃退を

次に対策をする前から既に出来ているシミや、どんなに気を付けていても、

うっかり出来てしまったシミを取るための化粧品を紹介していきます。


世の中には色々な種類のシミ対策の化粧品がたくさん売っていて、

どれを使えば良いのか迷ってしまいますよね。


もう迷わないように、評判の良い化粧品をいくつかピックアップしていきます。


最初にご紹介するのは、安価で買えるもの…

所謂プチプラと呼ばれる化粧品です。


まずは、肌ラボの白潤プレミアム薬用浸透美白化粧水です。


これはベタつかずサラサラとした使い心地の化粧水で、

テクスチャーが重いものが苦手な人におすすめです。


ホワイトトラネキサム酸が配合されていて、シミ取りや美白効果に期待が持てます。


次に、Chifureの美白美容液Wをおすすめします。


こちらもローションタイプで使い心地は重くなく、

ビタミンCが配合されていてシミを気にしている多くの人に愛用されています。


顔全体に使うものだけではなく、

重点的なポイント使いが出来るものもあります。


ロート製薬のメラノCC薬用シミ集中対策液
や、

小林製薬のケシミンクリームもおすすめです。


そして少し奮発してシミ取りに挑むなら、

保湿力が凄くプラセンタがたっぷり配合されていてシミの根源に効くSimiTRYや、

オールインワンジェルのシミやハリのなさ、

乾燥になやんでいる人にはトリニティラインがおすすめです。


まずは、気軽にドラッグストアで買えるプチプラ化粧品から試してみてください。

まとめ

シミは一朝一夕で取れるものではありません。


気長に自分で出来る対策や、化粧品を使ったケアは

すぐに諦めてやめてしまわずに継続することが大切です。


我慢強くケアを続けて、シミのないキレイな肌を手に入れましょう。

キレイな肌になれば、自然と毎日が楽しくなるはずです。


薄毛に悩んでいる人はこの対策を!の記事はこちら。いますぐチェック!

タイトルとURLをコピーしました