離乳食後期の手づかみ食べはいつ頃から?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

離乳食後期は生後9ヶ月~11ヶ月ごろと言われています。


中期の時は2回食だったのが、

このころから1日3回の食事に移行していきます。


離乳食後期はカミカミ期とも呼ばれており、

おかゆも5倍がゆになり、バナナくらいの固さのものを食べれるようになります。


「つぶす」ことができるため、形があるものを

歯茎で噛む練習をする時期になります。


そして、赤ちゃんは自分で食べたいと思うようになるので、

手でつかんで食べる「手づかみ食べ」も少しずつ始まります。


中期の時よりも食べられる食材が増えて、

しょうゆなどの調味料も少量ですが使えるようにもなります。


3回食になるのと、家族みんなで食事を合わせて食べる機会も増えるので、

食事を楽しみたいですよね。

スポンサーリンク

離乳食後期の手づかみ、カミカミ期とは?

3回食は朝、昼、夕と、大人と同じような食事時間になってきます。


しかし、3回食になったとはいえ、まだ母乳やミルクはまだ必要なので、

ご飯の後に飲ませてあげてください。


ご飯をしっかり食べるようになると母乳やミルクを飲む量が減ってくるので、

赤ちゃんの様子を見ながらあげるといいですよ。


カミカミ期になると大人の食事を取り分けることができるようになります。


家族の食事の味付けする前のものや薄味のものを取り分けて、

食材の種類を増やしたり、いろいろな味や料理を試すといいです。


離乳食後期は、赤身の魚や青魚、赤身肉、海藻などが大丈夫になります。

離乳食後期のつかみ食べは必要?それはなんで?

離乳食後期になると赤ちゃんは自分で手を伸ばして

食べ物を食べるようになります。


手を伸ばしだしたら、「つかみ食べ」を始めるスタートになります。

この「つかみ食べ」は赤ちゃんの発育に必要と言われています。


赤ちゃんは舐めることで感触を学んできましたが、

このくらいの月齢になると指先を使っていろいろなことを吸収していきます。


手で触って、あたたかい、やわらかい、べたべたする、

落ちたなど、五感を使うことは赤ちゃんにとっては学習。


食事をつかんで食べることも学習の一環で、発育の過程なんです。

でも、ママは大変…。


私もこの時期の子供のご飯はぐちゃぐちゃで、

手も服も床も食べこぼしや汚れて、大変でした。


ご飯で遊んでしまって、食事どころではないことも何度もあって、

イライラしてしまうこともあります。


つかみ食べを始めたら、床や衣類の汚れ対策をすることをオススメします。

椅子の下には、新聞紙やレジャーシートを敷くといいです。


新聞紙なら汚れたら、そのまま捨てることができるので後片付けがラクになります。

レジャーシートなら水拭きや水洗いができるので、掃除が簡単です。


服の汚れは袖付きエプロンを着せるのと良いですよ。

床や服などが汚れるとママも大変で、食事の時間が辛いと感じてしまうことも…。


汚れても大丈夫な対策をしておけば、

少しは気持ちがラクになるし、イライラも少しは減ります。

離乳食後期の手づかみ食べにおすすめの食材、メニュー

手づかみがしやすい食材、料理にするのも、汚れを防ぐ方法の1つでもあります。


大根やさつまいも、にんじんなどの野菜のスティックは

赤ちゃんもつかみやすくて、ママも調理がしやすいです。


だし汁と一緒に煮るのもオススメなので、試してみてくださいね。

食パンや蒸しパン、おやき、ハンバーグなども、手づかみ食べには最適です。


いくつか手づかみにオススメなレシピをご紹介しますね。


フレンチトースト

食パン 1/2枚

豆乳(調乳したミルク) 40ml

バター 少量


たまごを使わないフレンチトーストなので、

アレルギーがあるお子さんでも食べることができます。


細長く切った食パンを液に付けて焼くので、手づかみがしやすいです。

粉ミルクの代わりに、鉄不足を考えてフォローアップミルクで作るのもいいですよ。


レンジでできる蒸しパン

ホットケーキミックス 大さじ4

水(牛乳や調乳したミルク) 大さじ2

ほうれん草、にんじんなどの野菜 小2程度


ホットケーキミックスを使って、レンジで作る蒸しパンです。

材料を混ぜて、レンジでチンするだけでできるので簡単に作れます。


作るときに、ほうれん草やにんじんなどの

野菜を混ぜて作ると一緒に野菜も取れます。


かぼちゃのおやき

かぼちゃ 100g

豆乳 50㏄

片栗粉 大さじ1程度


ペースト状にしたかぼちゃと片栗粉、豆乳を混ぜて

フライパンで焼くだけでできるおやきです。


かぼちゃだけでなく、にんじんやさつまいもなどを混ぜてるのもオススメです。


離乳食後期はつかみ食べがほとんどだと思います。

手づかみ食べがしやすい食材、メニューを食事に取り組んで、

食事を楽しみたいですよね。

離乳食後期の手づかみ食べ まとめ

離乳食後期になると、食べれる食材もたくさん増えます。

いろんな食材、メニューを食べれるようになることは、

ママにとっては嬉しいこと。


でも、ぐちゃぐちゃにしたり、落としたり、

食べ物で遊ぶようになったりと大変と感じるようにもなります。


また、順調に食べていたのに急に食べなくなった…、なんてこともあります。


離乳食は「食事を楽しむ」「食事が楽しいもの」と教えることが大切です。


3回食になると、家族みんなで食事をとることもできるようになるので、

食事をみんなで楽しみたいですよね。


⇒赤ちゃんが寝ないでイライラしてしまうお母さんたちへの記事はこちらから!いますぐチェック!

タイトルとURLをコピーしました