ストレスが嘘のように消えていく!おすすめの9の方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

普段生活をしていると職場での人間関係や何気ないことで

イライラしたりとストレスが溜まることもあるのではないでしょうか。


ストレスが溜まると疲れがたまりやすくなったり、

生活習慣が乱れたりと私生活にも支障をきたすことがあります。


ストレスと上手に付き合っていくためには適度に

ストレスを発散する機会を作る必要があります。


今回はストレスが溜まりがちな方におすすめの

ストレス発散方法をご紹介します。

スポンサーリンク

ストレスが溜まるとどうなる?

ストレスは人間の自律神経に影響を及ぼすもので、

ストレスが溜まると人間の活動を活発にする交感神経が刺激され、

体が活動的になり体調が不調になることがあります。


ストレスを溜めることで気持ちが暗くなったり、

憂鬱な気分になることがあります。


しかしストレスには悪い面ばかりではありません。

ストレスが良い影響を与えることもあります。

実は、良いストレスもある

ストレスには人間に良い影響を与える場合もあります。


例えば、学校でテストが近づいてきたときに、

ひたすら勉強を頑張り、テストの結果がよかった経験はありませんか?


こういった困難な状況に自分を奮い立たせて

頑張らせてくれるのがストレスの存在です。


さらに、ストレスは日々の生活に

メリハリを与えてくれることもあります。


ストレスが全くないと単調な毎日で退屈してしまいます。


しかしストレスが日々の生活の中で少しでもあるだけで、

緊張感を持つことができ、気持ちを引き締めることができます。

ストレスと上手に付き合う方法

ストレスには悪い影響を与える場合と

良い影響を与える場合があります。


それではストレスと上手に付き合っていくためには

どうすれば良いのでしょうか。


ストレスと上手に付き合うためにはストレスを溜めない方法と

ストレスを発散する方法の2つにわかれます。


ここではストレスの2つの対処方法についてそれぞれ説明していきます。

ストレスを溜めない方法とは?

ストレスを溜めない方法としては以下のような方法があります。


◎十分な睡眠を取る

忙しい毎日を過ごしていると自然とエネルギーを消費しており、

気がつけば十分な休みを取っていない場合があります。


そんな時は睡眠時間を十分に取ることで

エネルギーを回復させることができます。


十分な睡眠が取れない場合は、15分でもいいので、

昼寝をすることをおすすめします。


◎旅行に行く

少し長めに休みが取れる人であれば、

普段とは違う場所に旅行に行ってみるのもいいでしょう。


旅行に行くと普段とは違う環境に身を置くため、

仕事やストレスの原因となる物事から解放されます。


家で休むのも良いですが、たまには別の場所に行ってみてはいかがでしょうか。


◎深呼吸する

人は忙しいとつい呼吸が浅くなる傾向にあります。


そんなときに、深く息を吸い、

ゆっくり吐いてみるだけで、リラックスすることができます。


深呼吸をすることで、心拍数を下げ、

副交感神経を活性化させることができます。


◎ガムを噛む

ガムを噛む動作は脳に刺激を与え、

リラックスすることにつながります。


ストレスや不安を感じたときには

意識的にガムを噛むことで、心が和らぎます。


◎緑茶を飲む

緑茶にはテアニンと呼ばれるカフェインの作用を弱める

アミノ酸の一種が含まれています。


カフェインは心拍数を上げ、ストレス反応を強めるので、

カフェインの作用を弱めることは効果的です。


◎瞑想をする

瞑想をすることは、今というこの時間に集中し

不安な思考を振り払う効果があります。


ストレスは漠然とした未来の不安や、

これまであった過去の嫌な出来事から生まれます。


瞑想をすることでそれらの感情をなくし、

今に集中することでストレスを溜めないようになります。

すっきりとストレスを発散する方法

溜まったストレスを発散する方法としては以下のような方法が挙げられます。


◎人に話す

人に話すことはストレスと感じる前に感情を表に出すため

ストレスを溜めない効果的な方法です。


不安や怒りなどネガティブな感情は溜め込んでいても、

ストレスになるだけです。


人に話してしまうと今の状況を冷静に客観的に

捉えることができるようになります。


◎運動する

少し休んで体を動かせる状態であれば、

運動することがおすすめです。


運動をすることで、頭の中がリフレッシュされ、

ストレスが過度に溜まりません。


◎読書や映画

辛いことや悲しいことがあった際には読書をしたり、

映画を観たりして涙を流すのも良いかもしれません。


ある研究によると、読書をするとストレスレベルが60%まで

低下するということがわかっています。


感情移入できそうな話で涙を流して

スッキリすることもときには大切です。

まとめ

今回は様々なストレス発散方法についてご紹介してきました。


ストレスは良い影響を与える場合もありますが、

体調を崩してしまうこともあります。


自分なりのストレス発散方法を見つけて、

ストレスと上手に付き合っていきましょう。


⇒あなたは大丈夫?結婚式に呼ばれたときのマナーの記事はこちら。いますぐチェック!

タイトルとURLをコピーしました