お金がないとき…対処法はこれしかない!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関西では、お金がないということは首がないのと一緒だといわれています。

それほど、お金は人間にとって大事だということですね。


お金がないときというのは、給料日前、年金支給日前などが想定されます。

さらに、仕事がないときや貯金が底をつきそうなときなども想定されます。


そんなとき、どのようにして生き延びればいいのか、

その方法を述べていきたいと思います。

また、お金そのものについても考えていきます。

スポンサーリンク

まず、手もとにあるお金を大事に扱いましょう

今、手もとにどれだけお金があり、

さらに給料日まであと何日あるか計算して、

1日何円使えることができるか考えましょう。


お金を大事に扱うということは、

節約するということと少しニュアンスが違います。

文字どおりお金を大事にして使うということです。


現金は、お札と硬貨に分かれています。

お札はみなさん大事にされていると思います。

しかし、硬貨はどうでしょうか。

硬貨こそ大事に扱いましょう

硬貨は、ジャラジャラしてて財布に入れてもかさばって、いやだとか。

お札にくらべて少し低くみているのではないでしょうか。


しかし、コンビニで支払いをする時、

501円とか端数が出て財布の中で1円がなかったという

経験はないでしょうか。そんなとき1円硬貨の大事さを感じませんか。


1円があると、ないとでは大違いだということを改めて感じる

瞬間だと思いませんか。5円も大事です。

端数が5円だったら、すっと払えますよね。

店に入る前に手持ちのお金の確認をしましょう

買い物をしてレジで支払いをするときになって、

支払いに手間取っている人を見たことはありませんか。


後ろの人を待たせたり、レジの人を待たせたりとあせれば焦る程、

なかなかお金を財布から取り出せないものです。


店に入る前に少しだけ時間をとって、

今、財布の中に何円入っているか確認する習慣をつけたいものです。


そのとき、「あと何千何百円かあ」ではなく、

一円玉も数えて覚えておくことをおすすめします。


なぜかと言いますと、店でレジの店員さんから値段を聞いたら、

すぐに反応して支払いをスムーズにすることができるからです。

お金そのものについて、まとめてみると…

お金がないときの対処法としては、節約するとか、

自炊するとか、借入をするなど様々な方法があります。


しかし、常に財布の中にいくらお金が入っているか確認し、

お金がどのようにして出ていくか見極める習慣を身に着ければ、

あわてずに済むと思います。


あわてないと言うことは、

日々生活していく中で人間にとって、

すごく重要なことであると思います。


あわてずに買い物ができるということは、

仕事にも子育てにも落ち着いて対処できる

ということにつながって行くと思います。


そのような生活態度は、仕事にも好影響を与え、

子育てのストレスも減少し、家計が徐々に好転していくと思います。

次に、お金が少しでも出ていかないように固定費を削減しましょう


出費が多くて困っている人は、固定費を削減しましょう。

固定費を削減すると、毎月の支出額が減少することから

お金がない辛い状況を乗り切ることができます。


固定費とは、生活費のうち毎月必ずかかる決まった金額のことで、

家賃や携帯電話料金などのことです。


スマホ利用者でしたら、スマホを格安SIMに乗り換える方法があります。

格安SIMは大手携帯電話会社よりも基本料金が安いので、固定費を削減できます。


たとえば、大手格安SIM会社は、すべての大手携帯電話会社からの乗り換えが可能で、

月額1,310円からの低料金プランがあります。

 
総務省統計局の家計調査によりますと、

2017年の一人暮らしのスマホ通信料は、

平均で年間約8万円、月額約6,600円だそうです。


しかし、格安SIMに乗り換えれば、

毎日の食費を切り詰めるなど、

辛い節約をしなくても5,000円も毎月節約できます。


毎月5,000円の固定費が削減された場合、

年間で6万円の節約になります。そのため、お金がなくて辛い人は、

携帯電話を格安SIMに乗り換えましょう。

家賃が高いので手持ちのお金が少ないと思っている人は

思い切って安い部屋に引っ越しましょう。

賃料3万円以下の賃貸物件であれば、毎月の家賃がかなり安いといえます。


初期費用も安く抑えられる可能性が高いです。

敷金・礼金・仲介手数料などが初期費用としてかかりますが、

これらの金額は家賃を基準に設定されます。


そのため、家賃が安い物件を選べば、

そのぶん初期費用も安く抑えられるということです。

ただし、管理費・共益費についてもチェックする必要があります。


管理費・共益費とは、建物の維持管理にかかる費用のことです。

設備が多い賃貸マンションの方が、賃貸アパートよりも高いことが多いです。


管理費・共益費は、毎月支払うものですので、

物件情報を見る場合は必ず確認することが必要です。

お金がないときの対処法、まとめ

 

まず、お金そのものを大事に扱うこと。


次に、毎月必ず出ていく家賃やスマホ代などの固定費を見直し、

引っ越しや機種変更など、思い切った手を打つことが大事であると思います。

⇒初心者向けの筋トレ!自宅でラクラクできる方法を紹介の記事はこちら。いますぐチェック!

タイトルとURLをコピーしました