うちのトイレの臭いが気になるっ!バッチリ予防できる方法を徹底解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トイレは1日に何度も排泄物を流すため、

どうしても臭いが発生しやすい場所です。


しっかりトイレ掃除をしているつもりだったのに

嫌な臭いがしてしまった…という経験、ありませんか?


トイレの臭いの問題を解決するためには、

便器を掃除するだけでは不十分な場合があります。


では、トイレの臭いの原因はそれ以外の一体どこにあるのでしょうか。


臭いが発生しないようにするための対策もあわせて紹介します。

スポンサーリンク

トイレの臭いの原因って何?

トイレの嫌な臭いの原因は決して一つではなく、

場合によってさまざまです。


トイレの嫌な臭いを防ぎたいなら、まずはどういった原因のせいで

臭いが発生するのかを知ることが大切です。


では一般的には、主にどういったことが臭いの元になりやすいのでしょうか。


・汚れが取りきれていない


一緒に住んでいる家族全員が1日に何度も利用するのが、自宅のトイレ。


トイレを使用した後に毎回水を流していても、

便器にはどうしても汚れが残ってしまい、それが蓄積していきます。


掃除をしているつもりでも、視覚的に気付きにくい汚れだと

見逃してしまうこともあります。


・カビが繁殖してしまった


水回りや湿気の多いところは、カビが繁殖しやすいと言われている場所です。


トイレのタンクの中や、便器の中で繁殖したカビが

嫌な臭いの原因になる場合もあります。


また、壁や床の中で配管からの水漏れによるカビが

発生している場合などは、目には見えないことも。


・尿の飛び散りによるアンモニア臭


用を足す時に水に跳ね返ってしまった尿が、

便座などについてしまうことがあります。


場合によっては便器だけでなく、

個室内の床や壁まで汚してしまうことも。


尿の飛び散り跡は目に見えにくい汚れなので、そのまま放置しがちです。

トイレの臭いの予防法!

トイレは家族だけではなく、来客時などは他の人も使う可能性がある場所です。


トイレに入った瞬間に臭いが気になってしまう、

なんてことはできるだけ避けたいですよね。


そんなトイレの嫌な匂いを、事前に予防する方法はあるのでしょうか。


・小まめなトイレ掃除


トイレの臭いを発生させないための一番の予防法は、

トイレ掃除をしっかりすることです。


できるだけ早くブラシやシートなどを使って掃除をし、

汚れをそのままにしないことが大切です。


目に見える汚れを拭き取るだけでもいいので、

気づいた人が小まめに掃除をするようにしましょう。


・消臭剤・芳香剤の利用


掃除をしないと根本的な臭いの原因をなくすことはできませんが、

消臭剤や芳香剤を使用することで臭いを和らげることはできます。


ドラッグストアなどで、トイレ用にさまざまな種類の

消臭剤や芳香剤が販売されています。


置くだけのものやスプレータイプのものなど、

自分が使いやすいものを選んで、トイレに置いておくといいでしょう。


・便器の外が汚れないように使い方を工夫する


便器の中であればほとんどの場合は小まめに掃除をすることで

臭いの原因を取ることができます。


しかし周りの壁や床が汚れると、拭くだけでは取れない場合もあり、

臭いの原因の一つになります。


座って用を足すようにする、蓋を閉めてから水を流すようにするなど、

できるだけ周りを汚さないように使い方を見直しましょう。

トイレ掃除のチェックポイント!


気になるトイレの臭いは、トイレの使い方を見直し、

掃除を小まめにすることで改善される場合がほとんど。


しかし、自分ではしっかりとトイレ掃除をしているつもりでも、

汚れを見落としがちな場所もあります。


臭いが気になる時にチェックするべきポイントはどこなのでしょうか。


・個室の床と壁


トイレの床と壁は、尿や流した際の水が最も飛び散りやすい場所です。


目に見えない汚れも多いので気付きにくいですが、

トイレ掃除用のシートや中性洗剤を使って、小まめに拭き取ってください。


トイレマットを敷いている場合は、定期的に洗濯をして

できるだけ清潔に保ちましょう。


・トイレのタンク内


トイレのタンクの中に汚れが溜まったりカビが発生したり

している場合があるので、たまにチェックしましょう。


中性洗剤や重曹を使って意外と簡単に掃除できますし、

細かい部分は歯ブラシを使うと綺麗になります。


タンク専用の洗浄剤も販売されているので、

一つ購入して置くと便利です。


・便器のふちの裏


一見きれいに見えても、死角となりがちな便器のふち

などに汚れが溜まっていることも。


意外と見落としがちな場所なので、注意が必要です。


普段から便器の掃除をする際に、

ふちの裏もブラシでこする習慣をつけましょう。

まとめ

トイレの臭いの原因と予防法について紹介してきましたが、

いかがだったでしょうか?


トイレは臭いが発生しやすい場所ではありますが、

小まめに掃除をしたり使い方を見直したりすることで、

予防をすることはできます。


そのためには、使う人ひとりひとりの気遣いや心がけが大切。


汚れやすい場所だからこそ、

いつも清潔な状態を保つことができるように、

家族で協力してきれいに使いましょう。


⇒60代、一人暮らしを節約して、生活を楽しむ方法の記事はこちら。いますぐチェック!

タイトルとURLをコピーしました