髪の毛の痛みがとても気になる…ダメージをなくすには?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

乾燥や枝毛・切れ毛といった髪の毛の痛みに

悩んだことはありませんか?


髪の毛が痛んでいるというのは、キューティクルが剥がれて、

栄養分や水分が不足している状態。


髪が痛んでいると見た目にも分かりますし、

できるだけさらさらの綺麗な髪の状態を保ちたいですよね。


この記事では、髪の毛が痛んでしまう原因と、

その対策について紹介していきます。

スポンサーリンク

髪の毛の痛みの原因とは?

自分の髪の毛は体の他の部分と比べても、

日常的に触れる機会が多いところですよね。


その分、痛んでしまう原因もさまざまなので、

自分ではケアしているつもりでも

他の部分でダメージを受けている場合があります。


では、髪の毛が痛む原因として、

主にどういったものがあるのでしょうか。


・熱による痛み


ドライヤーで洗った髪を乾かす時や、ヘアアイロンを使用する時、

髪に熱を与えてしまいます。


普通に髪を乾かすくらいは問題ありませんが、

髪の毛に熱を過剰に与えることで、

髪の毛の水分や油分がどんどんなくなってしまいます。


特にヘアアイロンを使う時は加熱した状態で

髪の毛を擦ることになるため、キューティクルが落ち、

枝毛などの原因になります。


・カラー剤やパーマ剤による痛み


おしゃれをしたい時やイメージを変えたい時、

髪を染めたりパーマをかけたりする人も多いですよね。


しかし、繰り返しカラーやパーマをすることで、

髪の毛にダメージが蓄積されていってしまいます。


特に自宅で使うことができる市販のカラー剤などは

強い薬が使われていることが多いので、注意が必要です。


・紫外線による痛み


髪の毛は、実は顔よりも紫外線の影響を受けやすいとも言われています。


紫外線が当たることにより髪の毛のキューティクルが

剥がれやすくなり、乾燥してしまうため、痛みの原因になるのです。


また、髪の毛につけているスタイリング剤などが、

紫外線が当たることで酸化してしまうことも原因のひとつです。


・摩擦による痛み


夜眠る時は、どうしても髪の毛が枕やシーツと

擦れてしまうため、痛みやすくなります。


特に髪の毛が濡れた状態のままだと、

よりキューティクルが剥がれやすくなってしまうので、注意が必要です。


また、ブラシやヘアアイロンを使う速度が速いと、

必要以上に摩擦が起きてしまい、痛みの原因にもなります。


・乾燥による痛み


静電気や摩擦の原因ともなってしまう乾燥は、

髪の毛のダメージに悩む人にとっての敵です。


特に屋外も屋内も乾燥しがちな冬場は、

髪の毛もその影響を受けやすい季節です。


意識して髪の毛の保湿をしないと、

すぐにパサパサになってしまうので、気をつけてください。

髪の毛の痛みの予防をしましょう!

一度痛んでしまった髪の毛は、

元の状態には戻すことはできないと言われています。


なので、できるだけ日常的に髪の毛を痛ませないような

扱い方をすることが大切です。


では、毎日どういったケアや工夫をすれば、

髪の痛みの予防になるのでしょうか。


・カラーは美容院でしてもらう


毎回美容院でヘアカラーをしてもらうとお金がかかるから、

自分で髪を染めている、という人もいますよね。


しかし、市販の薬剤は仕上がりの色を重視しているのに比べて、

美容院は髪の毛の状態のことも考えて調合された薬を使っています。


髪の毛をできるだけ健康な状態に保ちたいなら、

やはり美容院でヘアカラーをしてもらう方がおすすめです。


・トリートメントをする


ヘアトリートメントをすることで、髪の毛に水分やたんぱく質

といった栄養分を補給することができます。


美容院でカラーやパーマをしてもらう時は、

トリートメントも一緒にしてもらうのがおすすめです。


市販のトリートメントはさまざまなタイプのものがあるので、

目的と予算に合ったものを選んで購入しましょう。


・髪の毛を自然乾燥させない


熱によるダメージを気にしてお風呂の後に

髪の毛を乾かさないのは、実は逆効果です。


髪の毛が濡れた状態だとキューティクルが

開いたままになってしまい、栄養分が抜けやすくなります。


また、髪の毛が濡れたまま眠ってしまうと、

より摩擦のダメージを受けやすくなるため、

しっかりと乾燥させてから眠りましょう。


・ヘアアイロンの使い方に気をつける


髪の毛をセットする時にヘアアイロンを使う人も多いですが、

使い方によってはすぐに髪がパサパサになってしまいます。


髪の毛が受ける熱と摩擦をできるだけ軽減できるよう、

ヘアオイルをつけ、低めの温度でアイロンをあてるのがおすすめ。


また、同じ部分に何度もアイロンをあてると

よりダメージが蓄積されてしまうので、注意が必要です。


・UVケアをする


髪の毛は紫外線の影響を受けやすく、

特に夏は、何も対策をしていないとすぐに髪が痛んでしまいます。


肌の日焼け防止にかかりきりになりがちですが、

髪の毛にもUVケアが必要です。


UVスプレーを振りかける、帽子や日傘を使用するなどして、

髪の毛を紫外線から守りましょう。

髪の毛の痛みをなくすには? まとめ

髪が痛んでしまう原因とその対策について紹介してきましたが、

いかがでしたでしょうか?


髪の毛は痛めば痛むほど扱いづらくなりますし、

一度そうなると元の状態に戻ることはありません。


健康な髪の毛を保つためには、

毎日のちょっとした工夫を欠かさないことが大切です。


髪のダメージに悩んでいる人は、この記事をきっかけに、

ヘアケアの習慣を少し変えてみてはいかがでしょうか。


⇒美しい女性は、肌もつやつや!憧れの美肌になる秘訣、教えますの記事はこちら。いますぐちぇっく!

タイトルとURLをコピーしました